Today's PICK UP

ヤマハ発動機、スマートボートテクノロジーの活用を提案するスタートアップ「Siren Marine」へ出資

ヤマハ発動機株式会社は、スマートボートテクノロジーを用いてマリン業界に革新的なコネクテッドボートのソリューションを提供する米国企業「Siren Marine, Inc. 」に出資したと発表した。
Siren Marineは、ボーティングを楽しむ顧客へ“安心感”を提供するために、スマートボートテクノロジーの活用を提案する企業だ。バッテリー残量、ビルジ水※1の状況、陸上からの電力供給状況などボーティングには欠かせない情報を管理・モニターできるデバイスを販売している。また、ボート位置情報のトラッキングを活かし、ボートへの不当な侵入や盗難から顧客を守るサービスも提供している。
※1 船底に溜まる不要な液体

今回のSiren Marineへの出資は、CVC活動を行うグループ会社Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valleyの活動を通じて実現したもので、マリン業界でも注目されるIoT対応・コネクテッドボート対応に向けた技術開発を目的としている。

同社のマリン事業ではシステムサプライヤー戦略を掲げ、操船システムなどのボート周辺機器事業を拡大している。今回の提携により、マリン領域におけるIoT対応、デジタルトランスフォーメーションの加速による付加価値の高いサービスや製品を通じ、マリン事業のビジョンである「信頼性と豊かなマリンライフ」の提供を目指すとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事