Today's PICK UP

JALとJR東日本、シームレスに移動できる社会の実現を目指し「MaaS」領域の推進・社会実装に向けた連携に合意

日本航空株式会社(以下、JAL)と東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)は、「MaaS(Mobility as a Service)」の推進・社会実装に向け、連携して取り組むことに合意したと発表した。
ニューノーマルにおいて、移動・旅行スタイルが多様化していく中で、「空」と「陸」の移動を担う両社が垣根を越えて連携することにより、顧客が安心して出発地から目的地までをシームレスに移動できる社会を実現し、日本経済発展の一助を担うべく取り組みを推進する。

両社による最初の取り組みとして、日本からハワイに旅行する顧客に向けたMaaS実証実験をハワイの本格的な観光再開に合わせて行う。実証実験では、旅マエ・旅ナカ・旅アトの計画づくりや楽しい過ごし方をトータルに手伝うサービスの提供を予定しているという。これにより新たな移動体験の実現を目指すとのことだ。

■取り組み内容

これまで「旅行準備」「国内・航空移動」「現地滞在」といったシーンごとに独立していた顧客の体験をよりシームレスな体験に変容すべく、実証実験を通じて新たなサービスの創出に取り組む。旅行の計画段階(旅マエ)においては、新たな旅の楽しみ方の発見に繋がる情報・機能の提供や、旅行中(旅ナカ)にハワイをよりお得に楽しむための情報・機能や、簡単・便利に目的地まで移動できる移動手段の提供を実施していく予定だという。

【具体的な連携内容(現時点の想定)】
出典元:プレスリリース
【イメージ】
出典元:プレスリリース

■ハワイにおける連携の背景

JALは、「Style yourself」のコンセプトのもと、顧客一人一人のハワイでの時間をより豊かに、より快適にすべく、多様化するニーズに合わせたサービスの提案を行っている。ハワイにはホノルルだけでなくさまざまな地域に、多様な過ごし方・楽しみ方につながる魅力あるコンテンツがそろっている。そこで、顧客がハワイの各地域をシームレスに移動でき、新たなハワイの魅力を体験できるよう、現地事業者とMaaSを通じたサービスの検討を進めてきた。一方JR東日本は、これまで国内移動の顧客向けにMaaSの実証実験等を展開してきたが、海外へ旅行する顧客にも喜ばれるサービスを提供すべく、両社の連携により日本と海外をシームレスに繋ぐ新たな移動体験の創出を目指すとのことだ。

人気記事