Today's PICK UP

Apple、持ち物を追跡して見つけだす「AirTag」を発表

Appleは、AirTagを発表した。この小さくて洗練されたデザインのアクセサリは、Appleの「探す」アプリケーションを使って大切な持ち物を追跡して見つけだすのに役立つという。
ハンドバッグや鍵、バックパックやその他の物、何に取りつけてあっても、AirTagは広大な世界中の「探す」ネットワークを利用し、エンドツーエンドの暗号化により位置情報のプライバシーを保護し匿名化しながら、紛失した物を見つけだす手伝いをする。AirTagは1個または4個セットで、それぞれ3,800円(税込)と12,800円(税込)で購入でき、4月30日(金)から販売を開始する。

「AirTagの発表によってこの信じられないような新機能をiPhoneユーザーの皆さまにお届けし、広大な「探す」ネットワークを活用して、ユーザーが毎日の生活の中で大切な物を追跡して見つけだすお手伝いができるようになったことを、嬉しく思います。そして、デザイン、これまでにない追跡体験、組み込まれているプライバシーの保護と安全性により、AirTagはお客様に、Appleのエコシステムのパワーを活用し、iPhoneの多才さを広げる新しい方法を提供します」と、AppleのワールドワイドiPhoneプロダクトマーケティング担当バイスプレジデント、カイアン・ドランス氏は述べている。
出典元:プレスリリース

■軽量なデザインと魔法のような設定

丸いAirTagは一つひとつが小さくて軽く、精密にエッチングされて磨き上げられたステンレススチールを採用し、IP67等級の耐水性能と防塵性能を備えている。内蔵スピーカーはAirTagを見つけやすくするために音を鳴らす。取り外し可能なカバーによりユーザーはバッテリーを簡単に交換することができる。AirTagはAirPodsと同じく魔法のように設定でき、AirTagをiPhoneに近づけるだけで接続される。ユーザーはAirTagを持ち物に割り当てて、「鍵」や「ジャケット」のようなデフォルトの名前を付けたり、自分で選んだ独自の名前を付けたりできる。
出典元:プレスリリース
利用者は、apple.com/jpまたはApple Storeアプリケーションからの購入で、テキストや31種類の数ある絵文字のセレクションから、無料の刻印を入れて自分だけのAirTagにできる。ユーザーはAirTagをそのままバッグやポケットに簡単に入れることができ、軽さと耐久性を兼ね備えたポリウレタンループや、特殊ななめし加工が施されたヨーロピアンレザーを使ったレザーループやレザーキーリングといった、Appleがデザインした幅広い種類のAirTagアクセサリを利用することもできる。それぞれのアクセサリの空間はAirTagにぴったりとフィットし、便利にユーザーの持ち物へ取りつけられ、AirTagをさらに自分らしくアレンジしながら、確実にAirTagが常に大切な持ち物から離れないようにできる。
出典元:プレスリリース

■包括的な追跡体験

AirTagが設定されると、「探す」アプリケーションの新しい「持ち物を探す」タブに表示され、持ち物の現在位置や最後に確認された場所をマップ上で見ることができる。もしユーザーが持ち物を置き忘れ、それがBluetooth圏内にある場合は、「探す」アプリケーションを利用して、見つけやすいようにAirTagから音を鳴らすことができる。また、Siriに頼んで持ち物を見つけてもらうこともできる。AirTagが近くにあれば音を鳴らす。
出典元:プレスリリース
それぞれのAirTagには、超広帯域テクノロジーを使用するAppleが設計したU1チップが搭載されており、iPhone 11とiPhone 12のユーザーは「正確な場所を見つける」機能を使うことができる。この先進的なテクノロジーにより、紛失したAirTagが範囲内にある場合に、距離と方向をより正確に特定できる。ユーザーが移動するのに合わせ、「正確な場所を見つける」機能がカメラやARKit、加速度センサー、ジャイロスコープからの情報を組み合わせ、聴覚的、触覚的、視覚的なフィードバックでユーザーをAirTagへ導く。
出典元:プレスリリース
もしAirTagが持ち主から離れ、Bluetooth圏外にある場合は、「探す」ネットワークがAirTagを追跡する手伝いをする。「探す」ネットワークとは10億台に及ぶApple製デバイスのことで、紛失したAirTagからのBluetooth信号を検知し、位置情報を持ち主に中継する。このプロセスはすべてバックグラウンドで匿名で行われ、プライバシーが守られるという。

また、ユーザーはAirTagを紛失モードにして、範囲内にある場合や、広大な「探す」ネットワークによって見つけだされた場合に通知を受け取ることもできる。紛失したAirTagを誰かが見つけたときは、その人のiPhoneやNFC対応デバイスを軽くあてると、もし持ち主が連絡先の電話番号を提供していた場合には、その情報が表示されウェブサイトにアクセスできる。

AirTagは、iOSに組み込まれているアクセシビリティ機能に対応している。たとえば「正確な場所を見つける」機能でVoiceOverを利用すると、視覚に障がいのあるユーザーに「AirTagはあなたの左側の9フィート離れた場所にあります」のように方向を伝えて、AirTagへと案内することができるとのことだ。
出典元:プレスリリース

■組み込まれたプライバシー機能とセキュリティ機能

AirTagは位置情報データのプライバシーを保護し安全を保つように、はじめから設計されている。位置情報や位置情報の履歴がAirTagの内部に物理的に保存されることはないという。「探す」ネットワークとの通信は、エンドツーエンドで暗号化されるため、デバイスの持ち主だけが位置情報データにアクセスでき、AirTagを探す手伝いをしたデバイスの持ち主や位置情報は、Appleを含めて誰も知ることができないとのことだ。

AirTagによって送信されたBluetooth信号の識別子は頻繁に変更され、不要な位置情報の追跡を防ぐ。iOSデバイスも、本来の持ち主の側にないAirTagを検知でき、時間が経過しても未知のAirTagがデバイスのユーザーと一緒に場所を移動していると思われる場合に、ユーザーに通知する。ユーザーがiOSデバイスを持っていない場合でも、持ち主から離れて一定の時間が経ったAirTagは、移動した時に音を鳴らして注意を促す。ユーザーが未知のAirTagを検出した場合、iPhoneまたはNFC対応デバイスを軽くあてると、指示が表示されて未知のAirTagを無効にする方法を案内してくれる。
出典元:プレスリリース

■「探す」ネットワークアクセサリプログラム

他社製の製品とアクセサリも、新しい「探す」ネットワークアクセサリプログラムによって追跡機能に対応できる。このプログラムを通じて、デバイスや製品のメーカーは追跡機能を、妥協のないプライバシー保護を組み込んだ先進的な「探す」ネットワークを利用する製品に直接搭載し、利用者が「探す」アプリケーションを利用して、毎日の生活の中で大切にしている様々な持ち物を見つけだすことができるようになったという。

■環境への取り組み

今日、Appleはカーボンニュートラルなグローバル企業であり、2030年までに製造サプライチェーンおよび製品ライフサイクル全体を含むすべての事業で、気候変動への影響をネットゼロにするよう取り組んでいる。これは、販売されるすべてのApple製デバイスで、資材の調達、部品製造、組み立て、輸送、利用者の利用、充電、そしてリサイクルや素材の回収まで、100パーセントカーボンニュートラルにすることを意味する。AirTagはメインロジックボードのはんだ付けに100パーセント再生スズを使用し、有害物質を含まず、エネルギー効率が高く、リサイクルもしくは責任ある方法で管理された森林から調達した木材繊維のパッケージを使用している。

人気記事