Today's PICK UP

NTTドコモ、NVIDIAプラットフォームを活用し5G時代でのAIやグラフィックスのクラウドサービスを拡充

NVIDIAは、NTTドコモがドコモオープンイノベーションクラウドで新たな2つのGPUメニュー 、「NVIDIA Quadro RTX 8000メニュー」および「GPU分割利用メニュー」の提供を開始したと発表した。
ドコモオープンイノベーションクラウドは、5G時代に求められる低遅延、高セキュリティなどMEC(Multi access Edge Computing)の特長を持ち、ドコモ網内の設備にクラウド基盤を構築することで実現している。科学的シミュレーション、動画配信、画像認識、ゲーム、AR/VRなどの低遅延性が求められるソリューションなど幅広い分野の研究開発において、ドコモオープンイノベーションクラウドは最適な環境を提供しているという。

AIを用いたエンタープライズ向けのサービスの中では、特に、ドコモの誇る技術アセットである「ドコモ画像認識プラットフォーム」が挙げられる。本プラットフォームは、多くの企業が課題とする大規模なモノや画像の確認・監視・検索業務において、人手に頼らない効率的な業務を実現する機能を提供するサービスだ。画像認識の対象物を司る学習モデルを作成する機能がオープンにされており、ユーザは任意の学習モデルを容易に作成することができる。近年、ディープラーニングのモデルはどんどん複雑になっており、膨大な計算量が必要となるため、NVIDIAのGPUが必要不可欠となるという。また、学習モデルを基に認識を行うエンジンはAPIとして提供され、ユーザの自社サービスや業務システムに組み込むことで、ソリューションの提供価値を向上させることが可能になる。

また、3Dモデルを活用した業務効率化ソリューションである「Field Simulator」をNTTドコモは提供している。Field Simulatorは、点群データの取得、合成、実業務での活用を支援するソリューションで、その点群データの量が膨大であるため、GPUでの高速な処理能が求められる。ドコモオープンイノベーションクラウドとそのオプションサービスであるクラウドダイレクトを活用することで、点群データをアップロード、ダウンロードする回線やデータを管理するクラウド全体が閉域となるため、工場などの機密性が高い現場情報も、ドコモネットワーク内に閉じたクラウド環境で管理できる。

今回新たに追加されたメニュー「NVIDIA Quadro RTX 8000メニュー」では、幅広い分野の研究開発に活用されているNVIDIA Quadro RTX 8000が利用できる。NVIDIA Quadro RTX 8000は、レイトレーシング用の専用プロセッサとAI用の専用プロセッサを備え、48GBの高速なGDDR6メモリを搭載している。NVIDIA Quadro RTX 8000は、大規模なレンダリング、AI、バーチャル リアリティ、ビジュアライゼーションのワークロードに対応でき、画期的なコンピューティング性能を提供するとのことだ。

また、1枚のGPUを複数の仮想コンピューターで共有できるNVIDIA 仮想 GPU (vGPU)ソリューションを採用した「GPU分割利用メニュー」も追加された。「GPU分割利用メニュー」では、NVIDIA Quadro RTX 8000およびNVIDIA V100が活用できる。1枚のGPUを最大8インスタンスで同時に利用できるようになるため、利用料金を抑えながら、より高性能なGPUを導入しやすくなるという。

ドコモオープンイノベーションクラウドはすでに幅広い分野で活用されている。たとえば、鉄道インフラのリアルタイム遠隔・自動監視システムの実証実験では、4K映像を5Gで伝送を行い、MECにてGPUを活用した高速AIディープラーニングで解析し、解析結果を遠隔地にリアルタイム配信している。これは映像取得から遠隔地への配信までを、最速0.94秒で実現した技術を用いた実証実験だ。今後は、本システムのさらなる高度化と、鉄道事業およびその他領域における本格運用に向けた検討が進められている。

人気記事