Today's PICK UP

三井ホーム、SDGsやサステナブルな社会の実現を目指しサステナビリティブランド「&EARTH with WOOD」を発表

三井ホーム株式会社は、他構造とくらべCO2の排出量を大幅に低減することが可能な木造建築物の普及を促進し、脱炭素社会の実現に寄与することを目指し、サステナビリティブランド「&EARTH with WOOD」を立ち上げたと発表した。
日本のCO2排出量に占める建築関連の割合は全産業の3分の1を占めており、建築関連におけるCO2排出量の低減は、脱炭素社会の実現に向けた課題となっている。住宅建築時におけるCO2排出量を比較すると、木造はRC造の約1/2という試算もあり、再生可能な循環資源である「木材」を利用した建築への期待が高まっているという。

三井不動産グループでは、「共生・共存」、「多様な価値観の連繋」の理念のもと、環境コミュニケーションワードとして「&EARTH」(アンド・アース)を掲げ、人と地球がともに豊かになる社会を目指している。この理念のもと、同社はこれまでサステナブルな建築資源である「木」を活かし、46年間で24万棟の住まいを建築するとともに、住宅建築において培った技術を非住宅建築物へと広げ、5000棟を超える施設系建築物を手がけてきた。今後は、「&EARTH with WOOD」を同社のサステナビリティブランドとし、戸建住宅はもとより、共同住宅・文教施設・福祉施設など、さまざまな中大規模建築物のさらなる木造化・木質化を促進し、“木とともに” 人と環境にやさしいサステナブルな社会の実現やSDGsに貢献するとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。