Today's PICK UP

越境ECを展開する「インアゴーラ」、常設店舗型「ライブルーム基地」を開設し中国「抖音」で常時ライブコマースの配信を開始

インアゴーラ株式会社は、中国で6億人DAUが利用する短尺動画プラットフォーム「抖音(Douyin)」にて、鄭州に5ルームを有する常設店舗型ライブルーム基地を開設し、常時ライブコマースの配信を本格始動すると発表した。
常設店舗型ライブルームとは、常時営業しているドラッグストアやコンビニのようなイメージのシーンに応じた仮店舗スタジオセット内で、毎日、固定時間に1日8時間以上、固定スタッフのライバーにより、ルーティンライブを中国の顧客向けに配信するライブコマースのスタイルを意味する。同社の常設店舗型ライブルームの特徴は、日本商品に特化し、ライフスタイルに合わせた様々な商品を複合的に提案できるところにあるという。
出典元:プレスリリース
これまでインアゴーラでは、2020年より、WeChatや小紅書(REDBOOK)などライブコマースの為の様々なライブを実施してきた。このライブコマース市場の高まりの中、中国では、抖音(Douyin)のEC事業参入により、新たな動画コンテンツによるライブコマースが大きく成長している。従来の検索による文字情報から商品を購入するスタイルから、よりリアリティとインタラクティブ感のあるライブコマースへとシフトし、コロナ禍による巣ごもり需要の高まりでその成長がさらに加速し、中国のeコマースにおいてライブコマースが大きなトレンドとなってきているという。

この背景を受け、インアゴーラでは、2021年4月上旬よりテスト運営として自社の常設店舗型ライブルームを開設し、ドラッグストア風のスタジオセットで、原則18時から26時(中国時間)までの8時間、3名のライブスタッフによる交代制で毎日ライブコマースを配信した。このトライアル運用期間を経て、一定の成果と手ごたえを得られたことから、今回、本格始動と共に、ライブルームの多ルーム展開に至ったとのことだ。鄭州での合計5ライブルーム基地の増設拡大により、様々なシーンの常設店舗型ライブルームを最大5ルームで同時配信することも可能になる。
出典元:プレスリリース
JETROビジネス短信によると、2019年の中国のライブコマースの市場規模は4,338億元(約6.9兆円)で、2020年は1兆500億元(約16.8兆円)、2021年には2兆元(約32.0兆円)規模に急拡大すると予測されているという。インアゴーラでは、2021年4月より、売り場型越境EC旗艦店(複数の商品カテゴリーに渡って、多数のブランドを取り扱う総合型店舗)として、「抖音(Douyin)」に越境EC旗艦店を出店し、日本商品の販売を正式に開始している。また、「抖音(Douyin)」KOLと連携し、日本ブランドに対して、「抖音(Douyin)」上でのマーケティング・ブランディング活動のサポートも開始していた。この「抖音(Douyin)」での取組みの中で、自社でライブルームを立ち上げ、日々ライブコマースを展開している。

ライブコマースでは、実際に商品を紹介し、顧客からの質問にリアルタイムで答えながら双方向的なコミュニケーションにより進行することで、視聴者は購入前に情報不足や悩みを解消できるため、安心感・満足度が高く、ファンの育成にも繋がる。また、様々な異なるシーンに応じた日本商品をコンセプトに沿った常設店舗内でライバーが紹介することで、商品に対する理解が深まり、認知度拡大とブランディングの浸透にも繋がるという。

今回テスト運営で開設した、ドラッグストア風スタジオセットの常設店舗型ライブルームでのライブ配信で大きな反響があったとのことだ。この成功ノウハウを活かし、鄭州にて開設する5ルームの常設店舗型ライブルーム基地に加え、同時に東京・北京・杭州でもサテライト型の常設店舗型ライブルームを開設し、ライブルームグループを組成。各常設店舗型ライブルームでは、デパートの化粧品売り場のようなビューティー中心のライブルームや日本酒販売に特化した酒専門ライブルームといったライフスタイルを提案し、異なるシーンで日本商品を専門的に紹介するライブルームとして運用することで、より効率的な集客と販売に繋げるとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。