渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト、スマホでデジタルツインを体験できるVR実証実験に協力

株式会社stuおよび、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とした参画企業で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、KDDI株式会社が2021年4月1日から8月17日の間に実施したKDDI DIGITAL GATEの5G環境と「AWS Wavelength」を活用し、スマートフォンでビルや都市空間のデジタルツインを体験できるVR表現技術の実証実験に協力したと発表した。

本実証実験は渋谷区の都市空間を題材として実施され、今後はビルや施設などの建築物や都市空間の高精細な3Dデータを利活用した、新たな事業価値を創出し、不動産業界などさまざまな分野での活用を目指すという。

■本実証実験の背景

KDDIは、これまで5Gなどの技術による都市課題の解決とエンターテインメントの活性化を目標に、株式会社stuや「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」と連携し、「SUPER DOMMUNE tuned by au 5G」における安心・安全なライブ・ストリーミング環境の整備や、これらを活用した音楽ライブのAR演出などに取り組んできた。本実証実験では5Gと「AWS Wavelength」を活用し、新たな事業創造を目指すこととしたとのことだ。

■本実証実験について

・概要
5Gと「AWS Wavelength」上のGPUインスタンスによるサーバーサイドレンダリングを活用することで、パソコンやワークステーションで実行処理が必要な大容量の3Dデータや、ハイエンドなグラフィックスで構成した「商業施設空間」「都市空間」「ライブコンサート空間」などの建築データを仮想空間としてスマートフォン上で表示できるシステムを構築した。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
・特長
5Gと「AWS Wavelength」を活用することで、より低遅延でストレスのない映像伝送やインタラクションを実現する。

サーバー上で実行されているソフトウェアをリモート操作し、レンダリングされた映像を視聴端末に5Gでストリーミングする方式を採用しているため、大容量のデータを事前にダウンロードする必要がなくコンテンツを体験できる。

3Dデータの再現に、Unity Technologiesが提供する高精細レンダリングパイプラインHigh Definition Render Pipeline (HDRP) を採用し、アプリケーションの実行をサーバーサイドで行っているため、モバイル端末でも高精細レンダリングパイプラインが使用可能となっている。

・想定するユースケース
(1)ユーザーが直感的に把握できるシミュレーション環境
高精細なビルや都市空間の建築用3Dデータを仮想空間で再現し、空間の大きさや素材の質感のほか、日光の向きを反映した影の再現も可能なため、不動産業界などでシミュレーションを行う際の活用に期待できる。

(2)現実世界に近いエンターテインメント体験
バーチャルヒューマンやボリュメントリックビデオ(3Dビデオ)など、写実的なコンテンツを活用した仮想空間におけるエンターテインメント体験が可能だ。現実世界の体験により近いコンテンツを幅広い顧客がスマートフォン上で体験できる。

Article Tags

カテゴリ

Special Features

連載特集
See More