Today's PICK UP

オンラインサロンとは?人気の理由や種類について詳しく解説!

オンラインサロンとは何かご存知でしょうか。最近、その言葉を耳にした方も多いと思いますが、その内容についてはあまり知られていません。オンラインサロンに入れば、様々な知識やノウハウを得ることができます。今回はその概要や人気の理由を解説します。

オンラインサロンとは

近年「オンラインサロン」という言葉をよく聞くようになりました。有名なオンラインサロンには、堀江貴文さんや、キングコングの西野亮廣さんなどが運営するオンラインサロンなどがあります。しかし、このような有名人でなくても、SNSなどを活用することで自らオンラインサロンを運営する方は非常に増えています。

そこで以下では「オンラインサロンという言葉についてはよく聞くものの、具体的にどのようなものなのか分からない」という方のために、オンラインサロンの概要や何ができるのかについて具体的に解説していきます。オンラインサロンについて詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

オンラインサロンの概要について

オンラインサロンを一言で表すなら、「インターネット上で展開されている、月額会員制のクローズドコミュニティ」のことを言います。会員の間だけで広がる、コミュニティのことです。

これは、言い換えれば好きな人や自分が好きなことに対して金銭を支払い、有料のファンクラブを作成するようなものとも言えるでしょう。

オンラインサロンでは所属している会員以外は基本的に閲覧できない空間であるため、外部に情報が伝えられることがありません。そのため、日々の生活ではなかなか話すことができない内容でも、オンラインサロン内では価値観の近い人同士で話すことが可能です。

また、オンラインサロンは荒れにくいというのも大きな特徴の一つです。オンラインサロンは主体がFacebookであり、有料の会員であるため、誹謗中傷などが非常に少ないのです。
最近では、オフ会が開催されるオンラインサロンもあり、オンラインだけではなくオフラインのコミュニティでもつながることができるメリットもあります。

オンラインサロンで何ができるのか

オンラインサロンは様々なタイプに分けることができます。それぞれのタイプで行えることも少しずつ異なりますが、提供されるサービスの内容は主に「主催者の投稿」と「会員間の交流」の2つです。

これらのことをベースとして、タイプによってできることも特色があります。

例えば、投資やビジネスなどの「ノウハウ」を提供するタイプのオンラインサロンに入れば、株式やFXなどの投資術を学ぶことができたり、ビジネスシーンにおける実践術などを学ぶことが可能です。

また、「ファンの交流」を主軸としているオンラインサロンに所属すれば、主催者の限定コンテンツや、同じサロンに属しているファン同士の交流などを行うことができます。

このように、オンラインサロンでは主催者の投稿と会員間の交流を軸として、受けられるサービスも少しずつ異なっています。これからオンラインサロンに入る場合には、自分がどのようなことを行いたいのか、あらかじめ明確にして所属するサロンを判断することが大切になるでしょう。

オンラインサロンが人気の理由

急速な広がりを見せるオンラインサロンですが、なぜここまで人気なのでしょうか。その理由は多数あると思いますが、以下ではオンラインサロンが人気の理由を4つほどご紹介していきます。
オンラインサロンが人気の理由
・クローズドな空間で交流できる
・手頃な値段でコミュニティに参加できる
・意見やスキルをアウトプットできる
・自分の居場所を持つことができる

クローズドな空間で交流できる

オンラインサロンが人気の理由として、クローズドな空間で多くの人と交流できることが挙げられます。近年では、インターネット上をオープンな場所として認識し、そこで自分の意見を述べれば批判されたり叩かれたりすることが増えました。

そのため、「自分の意見を批判されたくない」という気持ちが強くなる人が増えており、オンラインサロンのような限定的な空間で考え方の近い人のみと交流したいと考える方も多いです。

オンラインサロンであればクローズドな空間に加えて、自分と考え方が近い人も多いため、炎上のリスクもなく、意見の合わない方の批判を気にすることがありません。
このように、クローズドな空間で交流できることも、オンラインサロンが人気である理由の一つと言えるでしょう。

手頃な値段でコミュニティに参加できる

これまでであれば、何かのコミュニティに属するためには自宅の近くなど、住んでいる場所に限定されていました。多くの人は、会社や友人などの限られたコミュニティしか持てなかったのです。

インターネットが普及してからは無料でコミュニティを持つことができる「mixi」などのサービスが発展しましたが、やはり無料であるがゆえに荒れてしまうことが多い特徴がありました。

その点、オンラインサロンであれば有料であり、しかも考え方などが近い人が集まるため、一定のレベルまでハードルを上げることができます。

また、価格としても月額数千円という手頃な値段でコミュニティに参加できるので、簡単に参加することが可能です。

かつては付き合う人を変えるためにわざわざ転職や引越しをする必要がありましたが、オンラインサロンであれば低コストでコミュニティも変えることができます。

このように、コスト面でメリットが大きいことも、オンラインサロンが人気である理由の一つと言えるでしょう。

意見やスキルをアウトプットできる

オンラインサロンが人気の理由として、自分の意見やスキルをアウトプットできることも挙げられるでしょう。

オンラインサロンに所属すれば、自分が興味のある分野において、新しい情報を他人からインプットしたり、自分の意見をアウトプットすることができます。

多くの人は自分興味があることを周囲の人に全て話せるわけではありません。会社などで勤務していれば、本当に話したいことを我慢して過ごしている方も非常に多いです。
組織である以上、その場の雰囲気に合わせて行動しなければならないこともあるでしょう。

しかし、オンラインサロンに加入することによって価値観の近い人と交流することができるので、我慢することなく意見交換ができます。

日常生活では言うことができない意見でも、気兼ねなく発言することができるのです。これは、利用者にとっては大きなメリットと言えます。

このように、自分の意見やスキルをアウトプットできることも、オンラインサロンが人気の理由です。

自分の居場所を持つことができる

この他にも、自分の居場所を持つことができる点も、オンラインサロンが人気の理由の一つです。

人間には、常にコミュニティの一員でありたいという所属欲求が存在しています。ひと昔前では、会社や組織に属していないと生きていけないことも多く、多くの人はコミュニティに所属して協力しなければなりませんでした。

しかし、現代においてはインターネットの普及などもあり、個人で生きていけることが増えました。そのため、地域や会社での付き合いも希薄になり、人間関係の問題などが少なくなる反面、「自分の居場所」がないと感じる方も多いです。

オンラインサロンはそのような人に対して居場所を与える存在になります。一定のルールが守れる人であれば誰でもコミュニティに属することができるため、簡単に所属欲求を満たすことができます。

このように、自分の居場所を持つことが可能になる点も、オンラインサロンが人気の理由として考えることができるでしょう。

オンラインサロンの4つの分類

一口にオンラインサロンと言っても、その内容はサロンの種類によって様々です。自分が所属しようとしているサロンがどのような特徴を持っているかについては、あらかじめおさえる必要があるでしょう。以下では、大まかにオンラインサロンを4つに分類し、それぞれについて具体的に解説していきます。
オンラインサロンの4つの分類
・ファンクラブ型
・プロジェクト型
・コミュニティ型
・レッスン型

ファンクラブ型

ファンクラブ型のオンラインサロンは、カリスマ的な人物が中心に存在しており、主催者やその人脈に近づきたい方、一緒に何かをやりたい方などが所属しているサロンです。

また、ファンの要素が強いため、その人物と何か一緒になってできなくともただ「お布施」を行いたいという方も所属しており、基本的にはカリスマ的人物への好意を主軸として展開されています。

このようなサロンの空気は緩めのことが多く、気軽に参加できることができる反面、スキルアップを目指そうとする方にとっては不向きである傾向です。

プロジェクト型

プロジェクト型のオンラインサロンには、カリスマのような人物がいる場合と、そうではない場合があります。こちらのオンラインサロンでは、様々なプロジェクトが存在しており、サロン内での仕事の受発注も頻繁に行われます。

メンバーの特徴としても突出した方が多く、サロンのテンションも比較的高めです。スキルを上げたい方や仕事を受けたい方にとってはメリットが大きいですが、能力値が低かったり仕事を請け負うだけの時間がない方にとっては孤独感を味わうデメリットも存在しています。

コミュニティ型

コミュニティ方のオンラインサロンは、少人数制をベースとしています。こちらのサロンでは急激に加入者を増やすわけではなく、少しずつ拡張することが特徴です。

このサロンに所属するメンバーはスキルを高めたり仕事を受けたいといったものではなく、「コミュニティそのものに所属している」ことや、「サロン内の仲間意識」などを大切にしている傾向にあります。

テンションとしても、まれに高くなることもありますが、基本的には一定を保ち、メンバーに安心感や所属感を与えることを優先します。
入会人数を制限していることも多く、入会する上ではハードルが高い傾向にあります。

レッスン型

レッスン方のオンラインサロンは、カリスマの主催者がサロンメンバーを鍛え上げる形式です。サロン内でもダメ出しをしたり、ふるいにかけるなどして、優秀な人材を残していきます。

そのため離脱者も多く、意識の高い人だけが残り、希少性の高いサロンが形成されていくことが特徴です。

サロンメンバーのテンションも高めで、その空気感についていけないような方は淘汰されることになります。緩い雰囲気が良いという方にとってはあまりおすすめできませんが、徹底的に自分の能力値を鍛え上げたい方にとってはメリットの大きなオンラインサロンであると言えるでしょう。

オンラインサロンの具体例

上記のように、様々な特徴のあるオンラインサロンですが、具体的にはどのようなサロンが存在しているのでしょうか。それぞれの特徴を把握しておけば、自分が加入する際にも悩まずに済見ません。以下では、実際に運営されているオンラインサロンの具体例について解説していきます。

HIU(堀江貴文イノベーション大学校)

HIUはオンラインサロンの中でも非常に有名なサロンです。ホリエモンこと、堀江貴文さんが運営しており、多くのユーザーが所属しています。加入するには月額10,800円ほどの料金が必要で、オンラインサロンの中では比較的高額です。メンバーの特徴としては、起業したいような方だけではなく、HIUが主催しているプロジェクトやイベントに参加したい方なども加入しています。

HIUではオンラインサロン内に分科会が存在しており、それぞれで様々な活動が行われているので、加入する際には分科会の情報についてもチェックするようにしましょう。

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣エンタメ研究所は、その名の通りキングコングの西野さんが運営しているオンラインサロンです。

こちらのサロンは月額1,000円から入会することができ、2020年の時点での会員数は4万人を超えています。サロンの特徴としては、西野さん自身の思考や考え方、プロジェクトなどを聞くことができ、日々のことが記載された日記なども閲覧可能です。

この他にも、西野さん自身のプロジェクトに参加することや、メンバー同士で議論も行うこともできるため、興味がある方は加入されてみてはいかがでしょうか。

人生逃げ切りサロン

人生逃げ切りサロンは「やまもとりゅうけん」さんの運営するオンラインサロンです。こちらは主にプログラミングやネット物販など、様々なノウハウを学ぶことができるオンラインサロンとなっています。

特に、オンラインサロン内でも高単価の案件がやり取りされており、ビジネスをしている方にとっては大きなメリットのあるオンラインサロンであると言えるでしょう。

まとめ

上記のように、オンラインサロンには様々な特徴があります。

オンラインサロンに入れば、様々な知識やノウハウを得ることができたり、価値観の近い人と関わることが可能です。

ただし、サロンの種類によっても内容が異なっているため、加入しようとしているオンラインサロンがどのようなものなのかについてはあらかじめ確認しておくようにしましょう。

人気記事

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。