Today's PICK UP

スマートシティとは?具体的な取組みや課題について解説!

スマートシティという言葉を聞いたことはあるでしょうか。スマートシティは都市開発や運営を行う上では欠かせないキーワードです。取り組みや技術を知っておけば、イメージもつきやすいでしょう。今回はそんな、スマートシティについて解説していきます。

スマートシティとは

「スマートシティ」という言葉を耳にした方は多いかもしれません。なんとなく「環境に優しい街」というようなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

しかし、その概要や背景について詳しく理解している人はあまりいないと思います。スマートシティを詳しく理解することができれば、都市開発の現状を把握することができるでしょう。

以下ではそんなスマートシティの概要やスマートシティが求められる理由について解説していきます。

スマートシティの概要

スマートシティとは、IoTの先端技術を用いて基礎インフラと生活インフラ・サービスを効率的に管理、運営を行って、環境に配慮しつつ人々の生活を向上させ、継続的な経済発展を目的とした新たな都市を表します。

また、国土交通省においては「都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメントが行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」と定義づけられています。

このようにスマートシティの概念は諸説あるものの、その多くは「エネルギーの観点で持続可能な都市」を実現する取り組みを表していることが多いです。

なぜ、スマートシティが求められるのか?

スマートシティが求められる理由としては人口が集中している都市部の負担の重さが関係しています。都市部に人口が集中すれば効率的にエネルギーを管理することや行政のサービスを向上させること、環境への配慮などが課題となります。

このような中、多くのデータを収集して都市機能を効率化させようという動きになりました。スマートシティが実現すれば先進国において従来のインフラが効率的に運用され、複数の分野が連携することによって効率的に都市の機能を向上させることが可能になります。そうした状況もあり、近年スマートシティが求められるようになったのです。

スマートシティで取り入れられる技術

スマートシティが実現されれば、様々な技術が取り入れられることになります。想定される技術としては以下のようなものがあります。

1.5Gやレーザーなどの通信ネットワークとセンシング技術
2.避難施設配置シミュレーションなどの分析予測技術
3.3次元位置情報などのデータプラットフォーム技術
4.共有化などのデータ活用技術
5.ドローンなどの応用技術

このような技術がスマートシティに導入され、活用されることになるでしょう。

スマートシティ開発にまつわる日本の取組み

スマートシティの開発は世界中で行われていますが、もちろん日本においても様々なことが実践されています。以下ではスマートシティ実現に向けた日本における取組みについてご紹介していきます。

トヨタ自動車の取組み

トヨタ自動車株式会社においては「コネクティッド・シティ」という実験都市を開発するプロジェクトが発表されており、実際に生活に対して最先端の技術を導入し、検証を行うための都市開発が行われています。

このプロジェクトで開発される街は「Woven City(ウーブンシティ)」と名付けられており、様々な技術を盛り込んだ都市開発が計画されているのです。

ウーブンシティにおいて用意される道路は3つに分けて建設され、車両専用の道路、歩行者や移動支援機器が移動する道路、公園歩道のような歩行者のみが使用する道路となっています。

この他にも、「e-Palette」という完全自動運転の機械が人の輸送や荷物の配達などを担当しており、時には移動式の店舗としても機能することになる点が大きな特徴です。

ウーブンシティに住む人々はAIによる健康チェックを受けることになり、様々な面でこれまでの街とは異なった生活を送ることができる計画になっています。

福岡県北九州市の取組み

福岡県の北九州市においても「北九州スマートコミュニティ創造事業」というエネルギーマネジメントの分野で注力された計画が2010年から2016年の間に行われていました。この計画ではエネルギーの最適化に効果的な技術が導入され、省エネ装置を活用することによって10%ほどの省エネ効果を実現しています。

また、同じく北九州市の小倉北区、城野地区においては「城野ゼロ・カーボン先進街区形成事業」が行われています。
こちらの事業においては目標として「新規住宅のCO2削減率100%以上達成」が掲げられ、エネルギーは太陽光発電によって作られ、それと同時にエネルギーマネジメントシステムによる省エネを活用することで、街全体のマネジメントが行われています。

東急不動産株式会社・ソフトバンク株式会社の取組み

東急不動産株式会社とソフトバンク株式会社においても、共同でスマートシティの計画が行われています。こちらのスマートシティではリアルタイムで様々なデータを集められ、個人の位置情報や時間などと連動させることで滞在している人々の生活をサポートするアプリケーションが提供される計画となっているのです。

このスマートシティでは、建物内の映像を分析し、不審者などが検知された場合や器具の故障などが検出された場合などにはスタッフに通知が行われ、迅速な対応を行うことが可能です。また、混雑状況を取得して代替手段の案内を行うことができたり、通勤時間の提案を行うことができるなど、幅広く活用することができます。

スマートシティ開発にまつわる海外の取組み

上記ではスマートシティについての日本の取組みを解説しましたが、海外でも様々なことが実践されています。以下ではスマートシティ実現に向けた海外の取組みについて解説していきます。

米国における取組み

アメリカのニューヨーク州はスマートシティの先進地域として知られ、「NYCグリーンニューディール」といったパリ条約に規定される水準を超えた温室効果ガスの削減を目標とする計画が推進されています。

その内容としては2030年までに30%程度の温室効果ガスの排出量を削減するプランがあり、そのために140億ドルほどの投資を実施して建築物改修や再生エネルギーの拡大などを行う予定です。

さらに、全ての大型建築物において温室効果ガス排出量の削減を義務化したり、新規ガラス建築を禁止し、市の電力を100%クリーン化することなどによって、2050年度までには炭素の収支ゼロを目指すことも目標としています。

ヨーロッパにおける取組み

ヨーロッパでも様々なことが実践されています。イギリス・ロンドンでは2025年までにCO2を60%削減する目標が掲げられ、風力発電や分散型発電をはじめとする5つのテーマについて実験が開始されました。これらの実験結果を参考にしてスマートシティのエネルギーインフラを構築することを目指しています。

また、デンマークにおいては自転車利用が促進されています。デンマークの多くの道路には自転車用のレーンが整備され、多くの人々が自転車によって通勤や通学を行っています。自転車利用の他にも風力発電の比率を高めるなど、省エネルギー都市の開発に向けて取り組まれているのです。

アラブ首長国連邦における取組み

ドバイにおいてもスマートシティの実現に向けた計画があります。内容としては「スマートドバイ2021」という、ドバイを世界で最も幸せな都市にするためのプロジェクトが進められているのです。

こちらの計画は遠隔医療やドローンを利用したタクシーの導入、オンラインでの支払いができる機能など、ICTを効率的に活用することでスマートシティの実現を目指しています。

また、ドバイでは警察組織にも注力されており、ドバイ警察ではドローンが用いられた自動運転式のパトカーが利用されています。そして、赤外線画像装置やレーザースキャナーなどを駆使して容疑者の捜索に役立てています。

この他にも、2017年には「Robocop」というロボット型の警察官が導入されるなど、ドバイでは様々な施策が行われているのです。これらのことを実践し、2030年までには25%の警察業務を自動化することが目指されており、スマートシティの実現の一環として注目されています。

スマートシティの課題

上記のように、スマートシティを導入すれば環境にも優しく、人々の生活をより豊かにできる可能性があります。しかし、このように便利なことも多いスマートシティですが、もちろん課題も多く存在しているのです。以下ではスマートシティの具体的な課題について解説していきます。
スマートシティの課題
・監視状態になる
・データが独占される可能性がある
・セキュリティ面での課題
・コスト面での課題

監視状態になる

スマートシティにおいては、そこに住む人々の健康状態や位置情報など、様々な情報を可視化することができます。そのため、利便性の高いサービスが受けられるというメリットもありますが、監視に近い状態になることも事実です。

スマートシティを実現するためには、例えばその街に住む人々の水の使用量や住民の行動パターン、空気の質などのあらゆるデータを収集することで街づくりを進める場合があります。

これらの実践は環境に優しく、人々が快適に暮らす上で必要な作業ではありますが、データを集めるには各通りや建物の内部にセンサーを設置して生活を監視することになるのです。つまり、日々の行動を誰かに監視されることを意味しています。

このように、スマートシティは住んでいる人々にとって非常に便利な街かもしれませんが、監視状態になる危険性は課題の一つと言えるでしょう。

データが独占される可能性がある

データが独占される可能性があることも、スマートシティの課題の一つです。現代ではSNSやインターネットを通じて様々な情報を閲覧したり、発信したりしています。そしてそれは行動履歴のデータとして蓄積されているのです。

収集された行動履歴のデータは、企業のセールスやサービスを開発する上で参考になります。インターネットを利用して人のつながりが増えるほど、データを持っている企業は有利になるでしょう。

スマートシティにおいては住んでいる人々の情報が日々集められていきます。情報量がIT企業などの一つの企業に集中してしまうと、その他の企業は新規参入が難しく、大手の企業にばかり利益が出てしまう危険性があるのです。

スマートシティは利便性が高い反面、このようにデータの独占につながる可能性を秘めていることも大きな課題でしょう。

セキュリティ面での課題

スマートシティにおいてはセキュリティ面の課題もあります。ロシアのコンピュータセキュリティ企業のKaspersky Labの調査によれば、スマートシティで導入されたスピード違反を取り締まるためのカメラの大半が容易にハッキングできる状態であったと報告されており、セキュリティの脆弱性が露見しているのです。

このような例はスマートシティの実現を焦るあまりに安全性を確保することが後回しにされている可能性があることを意味しています。

現代では様々なハッカーが企業の管理システムに侵入したり、家電機器の動作を止めるなどといった被害も多く存在しており、スマートシティにおいて人々の生活が通信網によってつながればハッキングされるリスクも高まることになるでしょう。

コスト面での課題

この他にも、コスト面での課題も存在しています。スマートシティを実現するためには様々なテクノロジーが必要になりますが、利用されるテクノロジーは地域によって異なります。そのため、導入や開発を行う際にどれほどのコストが発生するのか分からないという問題があるのです。

無駄を無くして効率的なサービスを提供するためには、loTといったテクノロジーを多くの人が日々利用しているサービスなどと組み合わせなければなりません。そうなると、電車やバス、電気や水道などを整える必要があるため、多額のコストが掛かることが予想されます。

スマートシティを導入すれば利便性は高まるかもしれませんが、このようなコスト面での課題を抱えているのです。

まとめ

上記のように、スマートシティは非常に便利である反面、様々な課題も存在しています。監視状態になってしまうことや、情報が独占されてしまうことなどの課題をどのようにクリアしていくかが大切になるでしょう。

スマートシティを導入すれば、環境に優しいことや人々の生活を豊かにできることは確かですが、そのような利便性の高さだけに着目するのではなく、直面している課題や問題点などを踏まえて都市開発の現状を捉えることが重要です。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 後編は総合スーパーならではの売り場づくりの工夫、各社が黒字化に苦悩するネットスーパー戦略、イトーヨーカドーが目指す地域インフラの姿、社会課題の解決についてお話をうかがいます。

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。