Today's PICK UP

Microsoft teamsのweb会議をするための使い方は?

Microsoft TeamsはMicrosoftが提供するコミュニケーションツールです。業務やプロジェクトで複数人が同時にコミュニケーションを取る場合に便利な機能が備わっていますが、具体的な使用方法をご存知でしょうか。この記事ではMicrosoft Teamsの機能や始め方、使い方を解説します。

Microsoft teamsとは

Microsoft teamsとは、Microsoftが提供するコミュニケーションツールのことです。主な機能としては、チャットやテレビ会議、音声通話など、リモートワークやテレワークなどに必須の機能が備わっております。また、skypeとよく比較されることがありますが、skypeよりもよりコミュニケーションを円滑に出来るように作成されております。

例えば、skypeではスレッド機能やメンション機能がありませんが、Microsoft teamsではそういった機能が備わっております。そのため、Microsoft teamsはskypeよりも、よりコミュニケーションを円滑に進めることができるようバージョンアップされたものなのです。以下で、Microsoft teamsの機能についてさらに詳しく紹介します。

Microsoft teamsの機能は

Microsoft teamsには、主に以下3つの機能が備わっております。

・チャット機能
・テレビ会議機能
・ファイルの共有機能

チャット機能では、グループで利用したり個人で利用したりすることができます。メンション機能やスレッド機能などが搭載されており、必要な情報を必要な人だけに届けることが可能です。

テレビ会議機能では、最大300人(※期間限定、尚期間については未定)まで同時接続を行うことができます。会議中にチャットで画面共有をすることも可能です。

ファイルの共有機能では、ドラッグ&ドロップで簡単に共有することができます。メールで共有する方法もありますが、万が一メールが長文となってしまった場合、ファイルを探すのに一苦労です。ドラッグ&ドロップで簡単に共有することができれば、ファイルを探す手間も省けます。

Microsoft teamsの無料版の機能

Microsoft teamsの無料版で利用できる機能は、以下の通りです。
無料版
会話と通話 オンラインの音声/ビデオ通話
画面共有
背景をカスタマイズ
あらかじめスケジュールを設定した会議
最大300人が参加できるオンラインビデオ会議を開催可能
会議のレコーディング
最大10,000人のオンラインイベントを開催可能
Advance Communications
電話会議
電話システムとPSTN通話
チャットとコラボレーション Microsoft teamsが含まれています
最大ユーザー数 〇(500K)
teamsでの無制限チャット
teamsへのゲストアクセス
チャットでのファイル添付 〇(ユーザー1人当たり2GB)
チームやチャネル内でのファイル共有 〇(全チームで10GB)
officeドキュメントでの共同作業をteams内で行う
250を超えるteams向けのアプリやサービスを統合
生産性向上アプリとサービス Web版のWord、Excel、PowerPoint
Exchangeによるメールホスティングと独自のメールアドレス
OneDriveでの個人用ファイルストレージと共有
Microsoft365の追加サービス
デスクトップ版のOutlook、Word、Excel、PowerPoint、Access、Publisher
ビジネスアプリ
セキュリティとコンプライアンス Microsoft teamsのデータ暗号化
Microsoft365のすべてのアプリとサービスへのシングルサインオン
強制的な多要素認証
高度な監査と報告
電子情報開示
管理 ユーザーとアプリを管理するためのツール
Microsoft365サービスの使用状況レポート
ユーザー設定とポリシーを構成可能
同等のオンプレミスサーバーへのアクセス
サポート 稼働率99.9%を保証
24時間年中無休の電話サポート
FastTrack導入サポート
参考:Microsoft

Microsoft teamsの有料版の機能

Microsoft teamsの有料版で利用できる機能は、以下の通りです。
有料版(Microsoft365 Business Basic)
会話と通話 オンラインの音声/ビデオ通話
画面共有
背景をカスタマイズ
あらかじめスケジュールを設定した会議
最大300人が参加できるオンラインビデオ会議を開催可能
会議のレコーディング
最大10,000人のオンラインイベントを開催可能
Advance Communications アドオンとして利用可能
電話会議 アドオンとして利用可能
電話システムとPSTN通話
チャットとコラボレーション Microsoft teamsが含まれています
最大ユーザー数 〇(300)
teamsでの無制限チャット
teamsへのゲストアクセス
チャットでのファイル添付 〇(ユーザー1人当たり1TB)
チームやチャネル内でのファイル共有 〇(組織全体で1TB+ライセンスごとに10GB)
officeドキュメントでの共同作業をteams内で行う
250を超えるteams向けのアプリやサービスを統合
生産性向上アプリとサービス Web版のWord、Excel、PowerPoint
Exchangeによるメールホスティングと独自のメールアドレス
OneDriveでの個人用ファイルストレージと共有 〇(ユーザー1人あたり1TB)
Microsoft365の追加サービス
デスクトップ版のOutlook、Word、Excel、PowerPoint、Access、Publisher 
ビジネスアプリ
セキュリティとコンプライアンス Microsoft teamsのデータ暗号化
Microsoft365のすべてのアプリとサービスへのシングルサインオン
強制的な多要素認証
高度な監査と報告
電子情報開示
管理 ユーザーとアプリを管理するためのツール
Microsoft365サービスの使用状況レポート
ユーザー設定とポリシーを構成可能
同等のオンプレミスサーバーへのアクセス
サポート 稼働率99.9%を保証
24時間年中無休の電話サポート
FastTrack導入サポート
参考:Microsoft

上記の有料版は、(Microsoft365 Business Basic)プランの表記です。有料版には、その他にも(Microsoft365 Business standard)や(Office 365 E3)などがあります。各プランによって使える機能が異なるので、詳しい詳細は公式サイトでご確認ください。

Microsoft teamsのメリット

コロナウイルスの影響もあり、近年では様々なWeb会議アプリが提供されております。そのため、何を選べばよいのか迷う方も多いのではありませんか。ここでは、代表的なWeb会議アプリ「zoom」とMicrosoft teamsを、以下の表で比較していきます。
Microsoft teams(無料版) zoom(無料版)
最大同時接続人数 300人 100人
アカウントの有無 無し 無し
顔出し表示人数 9人 25人
画面共有 あり あり
正直、どのWeb会議アプリも、機能面ではさほど変わらないといえます。ただし、Microsoft teamsは、マイクロソフト社が提供しているということもあり、マイクロソフト製品と連携することが大きな利点となります。例えば、WordやExcelなどと連携することにより、共同編集ができたりチーム外の人と情報を共有することができたりと、業務をスムーズに行いやすくなります。業務で頻繁にワードやエクセルを活用するのであれば、Microsoft teamsがおすすめです。

Microsoft teamsの使い方

Microsoft teamsの大まかな使い方は、以下のような流れになります。

手順①:Microsoft teamsをインストールする
手順②:Microsoft teamsにログインする
手順③:会議の参加者を招待する
手順④:テレビ会議を開始する

以下で、やり方を詳しく紹介します。

Microsoft teamsの使い方の手順

Microsoft teamsの使い方を、パソコン版とスマホアプリ版に分けて詳しく紹介します。

・パソコン版(Windowsの場合)

手順①:Microsoft teamsのダウンロードページへ行き「デスクトップ版をダウンロード」を選択
手順②:「teamsをダウンロード」を選択
手順③:「続行」を選択
手順④:サインインして完了

・パソコン版(iOSの場合)

手順①:Microsoft teamsのダウンロードページへ行き「デスクトップ版をダウンロード」を選択
手順②:「teamsをダウンロード」を選択
手順③:「続ける」を選択
手順④:インストール先を選択し「続ける」を選択
手順⑤:「インストール」を選択
手順⑥:「閉じる」を選択し完了

・スマホアプリ版(iPhoneの場合)

手順①:「App Store」へいく
手順②:Microsoft teamsを検索し「入手」を選択
手順③:インストールの完了後サインインをして完了

・スマホアプリ版(androidの場合)

手順①:「Google Play」へいく
手順②:「インストール」を選択
手順③:インストールの完了後「開く」を選択
手順④:サインインを行えば完了

Microsoft teamsで会議を行う方法

Microsoft teamsのインストールが完了したら、早速利用してみましょう。ここでは、まず会議を行う方法について紹介します。

手順①:Microsoft teamsを開いたら「会議」を選択
手順②:すぐに会議を開始したい場合は「今すぐ会議」を選択
手順③:「今すぐ参加」を選択すれば完了

以下で、Microsoft teamsのチャット機能やWeb会議、背景変更方法などを詳しく紹介します。

Microsoft teamsのチャット機能

Microsoft teamsのチャット機能の使い方を紹介します。

手順①:Microsoft teamsを開いたら「チャット」を選択
手順②:「新しいチャット」を選択
手順③:チャットをしたいメンバーの名前やグループ名を入力
手順④:チャットの画面が開いたらメッセージのやり取りを開始
手順⑤:「新しいメッセージの入力」にメッセージを入力
手順⑤:メッセージの入力完了後、「Enter」か「送信」を選択で完了

Microsoft teamsのweb会議

Microsoft teamsのWeb会議を行うためのやり方を紹介します。ここでは、組織内と組織外の2通りのやり方を紹介します。

・組織内の人とWeb会議をする場合

手順①:「参加者を表示」を選択
手順②:他のユーザーを招待にユーザー名かメールアドレスを入力
手順③:招待されたユーザーは「承認」を選択
手順④:「今すぐ参加」を選択すれば完了

・組織外の人とWeb会議をする場合

手順①:「参加者を表示」を選択
手順②:「その他の招待オプション」を選択
手順③:「会議のリンクをコピー」を選択
手順④:コピーしたリンクを参加者に送信
手順⑤:招待されたユーザーは、URLをクリックするとどの方法で会議に選択するかを決める
手順⑥:会議で表示する名前を入力し、「今すぐ参加」を選択
手順⑦:招待した側がユーザーを参加させる場合は、ユーザー名横のチェックマークを押せば完了

Microsoft teamsのweb会議時の背景変更方法

Microsoft teamsのWeb会議での背景変更方法について紹介します。

手順①:「背景の効果」をオン
手順②:表示された中から好きな背景画像を選択
手順③:背景が表示されれば完了

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。