マーケティング

「ECでは見えないユーザーの姿と真摯に向き合うチャネルができた」 アップデートするスキンケアブランドがb8taに出品する理由。

年々、消費者がECで商品を購入する頻度は高まっており、リアルな店舗には新しい役割が求められています。多くの小売企業が店舗の在り方、消費者接点のつくり方を見直すなか、アメリカ・サンフランシスコ発祥の体験型ストアのパイオニア「b8ta」が、2020年8月日本に上陸しました。具体的なサービス内容や、利用企業の声、今後の戦略などを全3回の特集にてお伝えします。

特集の第3弾では、b8taに出品しているスキンケアブランドのAGILE COSMETICS PROJECT (アジャイル コスメティクス プロジェクト)、代表の内保 友子氏に、実際のところb8taをどのように活用しているのか、お話を伺いました。

ざっくりまとめ

- AGILE COSMETICS PROJECTは、ユーザーが本当に気に入るスキンケアを目指し、ユーザーの声とプロの視点を掛け合わせながらアイテムをバージョンアップさせている。
- オンラインオフラインにこだわらず、一対一での丁寧なフィードバックがもらえる仕組みを整えており、b8taもその手段の一つ。
- 製品のフィードバックだけでなく、購入体験のフィードバックが得られるのもb8taを活用するメリット。
- スキンケアは効果実感がその場では分からないため購入してもらうまでのハードルが高いが、そのハードルを乗り越えるべく、これからもいろんなチャレンジをする。

ユーザーと一緒につくるスキンケアブランド

ーまずはAGILE COSMETICS PROJECTについて教えてください。

2018年11月に立ち上げたスキンケアブランドで、スマホのようにアップデートしていくという新しい考え方がコンセプトです。スキンケア分野はアイテム数が多く、どれが自分にとって本当に良いのか迷っている方が非常に多いため、情報収集だけで疲れてしまう人もいます。

そんな課題を解決するために作ったのがこのブランドです。通常の商品とは違い、実際に使ったお客さまからフィードバックをいただき、それをもとに開発を加え、より市場のトレンドやお客様のニーズにフィットする商品へアップデートしていくというサービスを提供しています。

例えば美容液「白いオイル」は23回の試作を経て完成したものだったので、販売開始直後は「ver.1.23」でした。それがお客さまの声をもとにアップデートを行い、現在は「ver.1.24」になっています。

各製品にはQRコードが付いていて、読み込むとWebアンケートのページに遷移します。また、SNS上でもご意見を募集してDMでやり取りしながら感想を伺うこともあります。さらにミートアップセッションと呼んでいる、ユーザーの意見を直接伺う場も定期的に設けるようにしています。

アップデートは、製品そのものだけでなくパッケージやサービス全般にまで及びます。最初は袋に入れてお送りしていましたが、お客さまからのご要望を受け、今は箱に入れてお送りするようにしています。さらに、受け取った際に気持ちもあがるように、例えば梱包材にも工夫をこらして、スキンケア成分について学べる辞書のような役割も持たせています。

最近では箱はかさばるというお声を頂いているので、もう少し簡易な梱包に改良する予定です。
ーどんなユーザーが多いのでしょうか?

お客さまの特徴としては、それぞれの商品に含まれている成分を重視し、ご納得いただいてからご購入くださる方が多いですね。

業界内に存在するイメージや型に縛られない商品を生み出したいと考えていて、年齢や性別にとらわれず選んでいただきたいので年齢ごとに分けた製品展開やマーケティングをすることはしていません。現状、10代後半の方から50代の方まで、幅広いお客さまにご利用いただいています。

ここ半年ほどは男性のお客さまも増えてきています。コロナの影響で、自粛期間中に身だしなみに時間を使う方が増えたのかなと考えています。パッケージがシンプルであったり、アップデートしていくというコンセプトがソフトウェアの開発手法であるアジャイル開発と近いことが、男性にも興味を持っていただくきっかけになっているのかもしれません。

プロダクトの考え方としては、現代を生きる人たちに寄り添えるものでありたいということを大事にしています。これまでのスキンケアは、アイテム数が多く、複数のステップを踏むことが多くありました。しかし忙しい中、いろんなモノを時間をかけて塗るのは負担になります。そこで1つだけでもしっかり効果がある「パワーアイテム」を作りたいと考えています。

最初に出したのは「白いオイル」というオイル製品でしたが、乳液、美容液、クリームと3つの役割を1本でできるのが特徴でした。オールインワンを謳うと、効果が足りないものになりがちですが、そうならないようアイテムの作り込みに気をつかっています。

大量生産からの脱却で、ユーザーが本当に気に入るブランドを目指す

ー製品をアップデートしていくという考え方が非常に特徴的ですが、どのようにして実現しているのでしょうか?

小ロット生産でつくっていて、一般的な化粧品メーカーが組んでいる生産ラインとは違い、改良するのに複雑なステップが必要ないという特徴はあります。ただ、そもそも根本的な考え方の違いが他の化粧品メーカーと比べると大きいのだと思います。

私は以前、外資系のメーカーや化粧品メーカーに勤めていました。大量生産大量消費を前提としてものづくりを行っていましたが、消費者の行動変容を鑑みた際にこれからの時代にもっと合う方法があるのではなのでは考えるようになりました。コロナの一件でもこの風潮は加速していると思いますが、消費者は自分にとって大事なものを厳選し、本当に満足の行くものに囲まれて暮らしたいと考えるようになってきていると思うのです。そう考えたとき、一人ひとりのお客さまと向き合い、いかにフィードバックを吸収して、お客様が求めている価値をブランドに反映させるのかが一番大事だという思いに至ったのです。

大手メーカーも定量的なインタビューは行うのですが、我々が行なっているような、ユーザーが五感で感じるものを大切にした繊細なヒアリングをして即座にその声に反応するのはなかなか難しいのではないかと思います。

ーある程度バージョンアップを重ねた段階で、生産数を上げていくというお考えなのでしょうか?

今はバージョンアップにフォーカスし、そのために最適な仕組みづくりを行っていきたいと考えていますが、将来的にはお客さまの数に応じて一回で生産できるロット数をあげることも考えています。

ただし、どれだけブランドの規模が大きくなったとしても、一対一のコミュニケーションを大事にする姿勢はブランドとして守るべきものです。できることが増える分、専用アプリの開発など幅広いアップデートを行っていきたいですね。

モノの出会い方にイノベーションが起こる現場に居合わせたい

ーお客さまとの接点はどのように作って来られたのでしょうか?

大事にしているのは、信頼関係を築け、我々のブランドや価値に共感して頂ける方を増やすことです。ですので、インフルエンサーを活用した施策やスポットでの広告出稿などはせず、プロモーションらしきことはほぼやってきませんでしたね。

ーお客さまはみなさん、御社が運営しているブランドサイトからアイテムを購入されているということでしょうか?

最初はそうでしたが、以前には伊勢丹さまでポップアップ店舗を出したり、Amazonや楽天などのECサイトで販売したりしています。また、b8taさんへの出品も始めました。私たちとしては、販売形態にこだわりはなく、ブランドの価値を体験として届けられ、かつユーザーからフィードバックが得ることができることが重要で、手段はそれを達成できるものであればいいと考えています。

ーなぜb8taでの販売を行っているのでしょうか?

理由はいくつかありますが、製品を売るという消費だけの店舗ではなく、「新しい発見と体験」を可能にするというb8taさまの想いへの共感と、あとはカテゴリーを超えての製品展開がボーダレスという現代人のライフスタイルのニーズをまさに体現していることが大きかったです。

我々は大量生産大量消費での販売ではなく、消費者一人ひとりにブランドが目指すものに共感をしていただき、ご納得いただいた上で製品を買ってほしいという思いがあります。一方b8taさまも、新しい体験をしたい方向けに店舗を設計されていて、そのコンセプトが面白いと思いましたし、我々の考えにマッチするなとも感じました。

ー出品にあたって、特に期待したのはどんなことでしょうか?

新しい発見ができる人と、新しい発見を我々に与えてくれる人を増やすことです。

最近はモノと出会う場所がオフラインからオンラインへと移行してきました。その次のフェーズとして、オンラインからb8taへという流れができると非常に面白いと思っています。そんな出会い方のイノベーションが起こる場に我々も参加し、ユーザーがどんな体験をするのか、出品者がどんなフィードバックを得られるのかというのを実際に見てみたい、と言うのが我々の期待です。

実際に今、日々データが送られてきて、何人がアイテムの前を通り、何人がタブレットを触り、そのうち何人が店員に話しかけたのかがわかるのが非常に面白いです。店舗ごとの違いを把握できるのも良いなと思うポイントです。

また、指標を元にしたデジタルなデータ以外に、売り場の方々が送ってくださるレポートも大変役に立ちます。どんな商品を買ってもらえるとか、どういう方が興味を持ってくださったのか、ご購入の決めてはなんだったのかなど、非常に細かくまとめてくれるのです。

実は我々は、製品のフィードバックは集められても、購入体験のフィードバックに触れる機会はなかなかありません。買う直前に何を迷っていて、何が決め手になって購入したのかなど、とくにECなどのオンラインでは把握するのが難しいと感じていました。見えにくくなっていた部分を学べ、またそれをあらたなデータポイントとしてアップデートしていけるのは非常にありがたいです。

購入までの高いハードルを越えるための仕掛けづくりを

ー今後、b8taをどのように活用したいとお考えですか?

来店理由や購入理由などのデータをもっと集め、どんなニーズがあるのか分析するのに役立てたいと考えています。

ー逆に、b8taに求めるサービスなどあれば教えてください。

我々のアイテムを買っていただいた方が、他にどんな製品やカテゴリーに興味を持ち、どんな行動をされたのかも共有いただけると面白いなと思っています。カテゴリーを超えての行動がわかることでユーザー像のイメージが膨らませやすくなるからです。これができるのがb8taさまの強みだと思っています。

また、日本では売られてないけど体験できるものなど、国境を越えた展開があっても面白いのではと思います。

ー販促に関して、今後の展望を教えてください。

スキンケアは、お客さまの肌に直接触れる分、購入ハードルがすごく高い商材です。肌荒れすれば使わなくなるため、消費者にとっては非常に失敗した時のリスクが高いんです。その高いハードルをいかに乗り越えさせることができる、ブランド価値とその体験が提供できるのを常に考えで、我々としては、いろんなチャレンジをしていきたいと考えています。

また、スキンケアに対して手が出ない層に対してもアプローチしていきたいです。特に男性は、興味があってもコスメストアに行き買い物をするのは恥ずかしいと考える人がまだまだ多いと思います。そんな人たちにも良い出会いを提供できると嬉しいですね。
内保 友子
アジャイル コスメティクス プロジェクト代表

大学卒業後、大手外資系メーカー2社で化粧品や消費財のブランド・マネジメント、新製品開発などを担当。2018年にアジャイル コスメティクスに参画。ブランドの根幹であるビジョンやブランディング、製品の開発から組織づくりまで、あらゆる分野で日々ブランドのアップデートを遂行中。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー後編では、ゲームと金融の融合で生まれたGameFiの歴史、そのGameFiが実際に解決したフィリピンの貧困問題、Web3時代のゲームと社会の関係などについてお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。