トップインタビュー

AIで労働集約的な電話営業やコールセンター業務に革命を。RevComm(レブコム) 會田氏が目指す音声解析プラットフォームの未来

ビジネスに欠かせない、電話営業やコールセンターでのお客さま対応。どちらも成果を左右する重要な領域であるにもかかわらず、マーケティングなど他の分野に比べてデータ活用や、成功の秘訣が可視化されておらず、今だに属人的で労働集約的な側面がある。

そんな定量化の難しいコミュニケーションを、AIを使って解析、可視化するサービスが「MiiTel(ミーテル)」である。サービスのリリースから1年で、スタートアップから大企業まで250社以上に導入され、導入企業は加速度的に増え続けている。手掛けたのは株式会社RevComm。コミュニケーションのデジタル化が何をもたらしたのか。そして今までに例がなかったサービス開発をどのようにして実現したのか。同社代表取締役の會田  武史氏にお話を伺った。

ブラックボックスだった電話対応をオープンに

―御社の提供しているサービスについて教えてください。

MiiTel(ミーテル)という音声解析AIを搭載したIP電話を提供しております。

AIで電話内容を解析・定量化しており、「何を」「どのように」話しているか可視化しています。「何を」という側面では、文字起こし並びに文章要約をして振り返りや共有を容易にしています。「どのように」という側面では、話速、沈黙回数、会話の被せ率、相手とのラリー回数など独自の指標を用いて話し方を定量的に評価しています。

電話営業やコールセンターの担当者は共通して、電話内容のニュアンスを上司や関係者に正確に伝えられないという悩みを抱えていました。例えば、担当者のバイアスがかかった状態で上司に報告し、それを聞いた上司は間違った判断を下してしまい失注になる、といったケースは少なからずあります。

問題の根本的な原因は、電話の内容がブラックボックス化されていることです。担当者と顧客が何をどのように話しているか分かれば失注や顧客満足度低下の理由、担当者毎のパフォーマンスのばらつきの要因など、あらゆる「なぜ」が解明できます。逆に、ブラックボックスのままにしていると、いつまで経っても労働集約型の生産性が低い営業や顧客対応から抜け出せません。

―具体的にはどんな形で可視化するのか教えてください。

まず、MiiTelで電話をすると、会話がすべて録音・文字起こしされ、どの担当者がいつ、誰と、何分何秒間話したのかがデータとして残されます。そのうえでAIが会話の内容から「話し方」と「話した内容」の大きく2点を分析します。

1点目の「話し方」については、担当者が話している時間と聞いている時間の比率、沈黙の回数、相手の話に被せて発言した回数、会話のラリー数、話すスピードなど複数項目の解析結果が表示されます。例えば、営業の世界では、お客様が話している速度と同じくらいの速度で話すのが望ましいと言われていて、早く話しているとご理解頂けないですし、遅く話してしまうとイライラされて聞いてもらえなくなります。会話の速度だけでなく、上記の項目において、どのように話していて、どこに課題があるのか定量的に可視化されます。そのため、上手くいっている人とそうでない人との差が数字で具体的にわかるようになっています。

2点目の「話した内容」については、特定のキーワードを何回、どのタイミングで言っているのかが確認できるようになっています。重要なキーワードを言えているか、コンプライアンス的に良くない言葉を避けられているかなどを検知することが可能です。

また、電話内容が文字に起こされ、記録として残ることも重要です。要約文を関係者にそのまま共有することでレポートやメモの作成時間が削減され、生産性向上につながりますし、担当者自ら振り返って課題を認識し、改善につなげることができます。更にコンプライアンス上も全文文字で残っている事で安心できます。私たちがMiiTelで提供している価値は「ブラックボックス化問題の解消」と「セルフコーチングの実現」の2点です。これにより、営業生産性を向上させ、労働集約的な営業からの脱却ができるようになります。
また、最近では上記2点に加えて「リモートワークの実現」も価値提供できるようになっています。多くのお客様がMiiTelを活用して、リモートワーク環境を起ち上げられているのはうれしいですね。リモートコールセンターや、リモート営業に加えて、内線を使った社内会議でもご利用戴いており、ご利用シーンはどんどん広がっています。
―MiiTelの導入企業は、どの業界が多いのでしょうか。

特定の業界に限らず、幅広い業界の企業さまに導入いただいています。

ブラックボックス化が解消できることやセルフコーチングが可能になることにより、教育期間とコストを削減できる為、ご導入頂くケースが多いです。MiiTel導入企業さまの一社である大手人材派遣会社のパーソルさまからは、もともと8ヶ月以上かかっていた新卒社員教育が、MiiTelを使って3ヶ月まで短縮できたとの声をいただいています。

また、ハイキャリア層専門の転職サービスなど手掛ける株式会社ビズリーチさまは、とくに喜んでもらえたお客様の一社です。これまで実施していた電話対応のロールプレイングなどは一切やめ、毎朝3つ、トップパフォーマーの電話応対を全メンバーに聞いてもらい、夕方にその日の自分の電話応対を振り返ってもらうようにしたそうです。その結果、MiiTel導入4ヶ月でアポイント率が64%向上。ご担当者の方には大変喜んでいただけました。

AIを電話営業に活用すると言うと、やり方の変更に手間がかかると、現場から反発されるのではと思われます。しかし、その逆で、これまで見えなかったことが定量化され、自ら振り返って改善すると結果が出るので皆さん楽しみながらご利用戴いております。MiiTelはマネジメントツールではなく、セルフ・コーチングツールなので、人から指導されるのではなく、自ら振り返るようになり個人のエンゲージメントが向上するんです。人は誰しも成長意欲を持っていて、それが数字として表れると楽しく感じるのです。それに、ただ電話で話すだけで勝手に解析・可視化されるので導入に際して手間が掛かるということもありません。

先ほども少し述べましたが、最近は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大の影響で、リモートワーク体制作りを進める企業様からお問い合わせいただくことも多いです。通常、コールセンターをリモートにしようと考えると、電話機の手配やシステム・サーバーの整備などで膨大な時間とお金がかかります。一方で、MiiTelは導入して直ぐにリモート対応が可能になると共に、ブラックボックス化も防げて、リモートでのチームマネジメントも容易になります。また、子育て中の女性に在宅でインサイドセールスをしてもらうために導入したという例もあります。現在はCSRの一環として、無償提供を行っていることもあり、3月は1ヶ月だけで60社以上のお申し込みがありました。ちなみに、無償提供は5月末まで続ける予定です。

ビジネスシーンにおける音声解析のプラットフォームを作る

―起業までの経緯を教えてください。

尊敬していた父や祖父が経営者だった影響で、小学生のときから自分も経営者になりたいと思っていました。小学校4年生のときには、起業を決めてましたね。ただ、何のビジネスがしたいのかが見つからず大人になり、社会人6年目を迎えました。

このままではいつまで経っても、決めたことができないと思い、独立することにしました。挑戦をリスクと捉える人もいますが、私は挑戦しないことの方がリスクだと感じていました。将来、若い時代を振り返って「なんであのときに挑戦しなかったんだろう」と後悔するのがすごく怖かったんです。

具体的に何をやるのかは、2つの軸から決めました。1つ目は今後大きな波になる要素技術、もう1つは日頃自分が課題感を持っていたこと、の2点です。

1つ目の軸について、3つ思い浮かびましたが、その中で自分が一番ワクワクし将来性を感じたのがディープラーニングでした。

2つ目の軸について、決めるうえで原体験になったのは会社員時代に感じていた課題感でした。それは、何を言ったかではなく誰が言ったかが優先される、ある種身分社会のような慣習でした。すなわち、日本社会におけるコミュニケーションコストの高さです。

それらの軸を掛け合わせたのが、AI(ディープラーニング)×ボイスコミュニケーションだったんです。

―コミュニケーションの中でも音声に着目してサービスを立ち上げたのにはどんな背景があるのでしょうか。

世の中の流れを見ると、文字より音声を使ったコミュニケーションがより一層広まり、当たり前になっていくと感じたことが大きいです。

入力方法一つとっても、世界では手入力(GUI:Graphical User Interface)から音声入力(VUI:Voice User Interface)に移行しています。前職でサウジアラビアやウクライナに住んでいた際に、現地人がWhatsAppを使って声を送り合っている姿に衝撃を受けたのを覚えています。音声入力は手入力の1/3ほどの時間で済むので非常に楽です。人間はより楽な方向に向かう傾向がありますので、音声入力の市場は今後も伸びていくと感じましたね。

VUIが伸びるのは間違いないとして、ディープラーニングでは結局データ量がモノを言うので、音声データをいかに溜めるかがポイントになります。これからの時代において、膨大なデータは石油や石炭にとって変わる資源となり得ます。GAFAが巨大企業に成長したのもデータという資源を膨大に持ったからです。

スマートスピーカーを提供するGoogle、Amazonなどは既に膨大な音声データを持っていますが、全てプライベート領域における会話データで、ビジネス領域における会話データはどこも持っていないことに気がつきました。そこに着目し、ビジネスシーンでの音声会話を集めるプラットフォームを作れないかと考え、生み出したのがMiiTelでした。

MiiTelは一見すると「音声解析AIを搭載したIP電話というソフトウェア」に見えます。しかし本質的にはDropbox音声版とも言える、音声ストレージサービスなのです。膨大かつ良質なビッグデータがあるからこそ解析エンジンが作れています。後々は、我々が開発した音声解析エンジンがプラットフォームとしてあらゆるサービスで使われるようにしたいです。

クライアントのP/Lにコミットする

―サービスを提供するうえで心掛けていることはなんですか。

クライアントのP/L(損益計算書)に貢献することです。

資本主義経済の中で、株式会社という形態で事業運営をしている限り、重要な命題は利益を上げることだと思います。だからこそ、MiiTelも提供価格以上にPを上げるかLを下げることに貢献できなければならないと考えています。

Pに関しては、セルフコーチングの機会を提供し、実際に成果を上げる会社さまも多いので貢献できている実感があります。Lに関しても、研修期間短縮による教育コストの削減、ハードウェアコストの削減、通話料等のランニングコスト削減などでコミットできていると思います。

「人間を電話営業から解放する未来」を実現する

―最後に、今後の展望を教えてください。

まず機能面の拡充を進めたいです。美声モードや自動スクリプト生成、2~3年後には自動アポイントAIを提供して、人間を電話営業から解放するところまで実現できればと思っています。

MiiTelはリリースされて1年ほどですが、これまでで八百万件以上の電話営業のデータが蓄積されています。データの所有権はお客様のものですので、各社の営業トークのビッグデータ化に寄与できています。近い将来には、音声認識に加えて合成音声も提供する事で、各社毎の自動アポ取りAIを提供できると思います。恐らくアルゴリズムは色々出てきますので、MiiTelでビッグデータ化した営業データを色々なサービスに活用頂ければ、多面的に貢献できると考えています。従って、先ほども申し上げましたが、我々はMiiTelというSaaSを提供しているというよりも、「お客様の営業トークをビッグデータ化して、お客様の資産にする音声ストレージサービス」を提供している、という方が本質的です。

また、20年1月には音声解析APIを公開したので、色々な企業さまに利活用戴きたいと思っております。具体的には、ミーティングやリモート会合の解析、医療・介護現場での解析、面接や面談の解析などなどです。一部の企業様には既にご利用いただいており、着々とプラットフォーム化は進んでいます。

さらに、グローバル展開も進め、世界中の企業さまにご活用いただきたいと考えています。新型コロナウイルス感染症の影響で延期していますが、インドネシア、フィリピン、ベトナムなどの国々への展開も模索しています。状況が改善次第、現地での商談を再開したいです。

これからも、コミュニケーション領域で起きている課題を解決し、新たなコミュニケーションの在り方を創造して、社会に変革をもたらしていきたいと思っています。
※本文掲載中の写真は、株式会社RevCommより提供を受けた物です。実際の取材中の写真ではありません。

※本文掲載中の写真は、株式会社RevCommより提供を受けた物です。実際の取材中の写真ではありません。

株式会社RevCommのHPはこちら https://www.revcomm.co.jp/

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

地域活性化や地方創生という言葉が聞かれ始めて久しい昨今。UIJターン移住者に向けて補助を行っても、少子高齢化などの課題改善が難しい地域もあります。そんな多くの自治体が抱える課題に「旅」という側面からアプローチをするのが、プラットフォーム「おてつたび」です。「お手伝いをして賃金を得ながら旅がしたい」と考える方と、「人手不足を解消しながら地域の魅力を伝えたい」と考える地域の方々をプラットフォーム上でマッチングすることで、地域の課題解決や活性化に貢献しています。 今回は、おてつたびを運営する、株式会社おてつたびの代表取締役 CEOである永岡 里菜氏に、お手伝いをしながら旅をすることが地方や人々に与える価値、今後おてつたびが地方創生に対して担う役割についてお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝の考える顧客中心主義とは? 東芝の技術はカーボンニュートラルにどう寄与するのか? 島田社長が抱くビジョンに迫ります。 後編は東芝の「人と、地球の、明日のために。」という企業理念に込められた思い、島田社長の考えるリスキリングのあり方、量子コンピュータの持つ可能性などについてお話をうかがいます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。