FLASH NEWS

多言語AIチャットボット「talkappi」が予約手数料0円の宿泊プラン直販機能を開始 ホテル業界初の取り組みへ

多言語コミュニケーションツールを開発する株式会社アクティバリューズは、多言語AIチャットボット「talkappi(トーカッピ)」の機能を拡充し、宿泊プラン直販機能「talkappi BOOKING」の提供を開始した。
◾️talkappi(トーカッピ)について
2017 年12月にリリースした「talkappi」は、AI による多言語での問合せへの自動応答、マーケティング支援などの機能を備えたチャットボット。旅行者が普段利用しているスマートフォンから、Webブラウザーに加えてLINE、Facebook messenger、WeChatといった国内外のメッセージアプリでも使うことができるため、ユーザーとの接点を旅マエ~旅アトにわたり維持できる強みがあるという。

日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語に標準対応しており、日本人はもちろん訪日外国人旅行者(インバウンド)の9割以上をカバーできる。ホテルの「Hotel Village」、「グランドニッコー東京 台場」、地域DMOの「草津温泉観光協会」、自治体の「高知市」、旅行会社の「沖縄ツーリスト」、不動産会社の「株式会社アットイン」などで既に導入されている。

◾️宿泊プラン直販機能「talkappi BOOKING」
宿泊プランの自社販売率向上は、OTAやメタサーチへの依存度が高い国内の宿泊業にとって大きな課題となっている。今回、マーケティングツールとしての活用が拡大しているLINE, Facebook等のメッセージアプリに着目し、サイトコントローラー(TL-リンカーン等)との接続の開発を行った。これにより、LINE公式カウント等で集客を行い、そのままLINE等のメッセージアプリから離脱することなく予約まで一貫して完結できるようになった。LINE, Facebook, WeChatといった国内外の主要メッセージアプリに対応し、多言語で宿泊プランの直販を行うシステムは、国内初だという。

本機能により、宿泊者は、LINE等から数回タップするだけで簡単に宿泊予約をすることが可能になる。特にロイヤリティの高い宿泊客からのリピート率の向上、自社予約率向上に寄与する事が期待できるとのことだ。
talkappi導入先に対し、本機能は初期料金、固定料金、従量料金とも取らず、宿泊施設に無償提供する。チャットボットからの予約手数料無償化も、ホテル業界初の取組だという。

□既に提供開始した施設
・大阪東急REIホテル
・ホテル安比グランド
・安比高原温泉ホテル
・安比ヒルズ白樺の森

□直近提供開始予定施設
・グランドニッコー東京 台場
・その他国内ホテルチェーン