WATCH

「動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編」が公開 動画配信サービス利用率は「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続首位

株式会社ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」では、全国の17歳から69歳の男女1100名を対象に『動画&動画広告月次定点調査』を、2017年6月から毎月1回実施している。今回、そのときどきのトレンドに焦点を当てて調査を行っている設問について、2019年1月から12月までの調査データをまとめて分析し直し、その内容を『動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編 【トレンドトピック版】』 として発表した。
出典元:プレスリリース

■月額制動画配信サービス利用率首位は、「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続

2019年11月度調査において、月額制動画配信サービスを利用している人は24.1%だった。現在、利用している月額制動画配信サービスを聞いたところ、「Amazonプライム・ビデオ」(66.4%)が最も多くの人から挙げられ、次いで「Netflix」(22.3%)、「Hulu」(21.5%)だった※1。「Amazonプライム・ビデオ」の利用率は、51.9%(2018年3月度調査)、56.9%(2018年9月度調査)、62.0%(2019年3月度調査)と推移し、いずれの時点でも首位だ※1。
※1 複数回答あり。

■10代の85%は、休日、「動画視聴」で過ごす

2019年5月度調査において、休日の日中における過ごし方について聞いたところ、10代、20代は「動画視聴(動画配信サービス)」が最も多く(10代:85.0%、20代:70.5%)、30代は「ショッピング」「掃除や洗濯などの家事」(ともに76.0%)、40代は「ショッピング」(81.0%)、50代と60代は「テレビ番組視聴」(50代:82.5%、60代:85.0%)だった。
※いずれも「頻繁にする」「時々する」と答えた人の合計。

■10代「Youtube」ユーザーの9割以上が、「YouTube Premium」を認知

2019年10月度調査において、週1回以上、動画コンテンツを視聴する「YouTube」ユーザーのうち、広告なしでコンテンツを視聴できる「YouTube Premium」を知っている人は、74.7%だった※1。年代別に見てみると、10代(93.8%)、20代(74.5%)、30代(70.0%)、40代(71.8%)、50代(74.2%)、60代(66.2%)だった※1。

また、「YouTube Premium」の利用率を年代別に見てみると、10代(12.7%)、20代(13.3%)、30代(9.3%)、40代(3.3%)、50代(2.4%)、60代(2.6%)だった。10代と20代は、1割以上が「YouTube Premium」を利用していた。

※1 「現在、利用している」「以前は利用していたが、今は利用していない」「知っているが、利用したことはない」と答えた人の合計。

■10代、20代の「Instagram」ユーザーの約6割に、「ストーリーズ」投稿経験

「Instagram」で、24時間経過すると自動的に投稿コンテンツが消える「ストーリーズ」に投稿したことがある人の割合は、33.7%(2018年9月度調査)、37.4%(2019年9月度調査)と微増。2019年9月度調査で「ストーリーズ」に投稿したことがあると答えた人の割合を年代別に見てみると、10代(63.9%)、20代(58.8%)、30代(41.9%)40代(11.1%)、50代(10.6%)、60代(18.6%)だった。10代と20代の約6割に「ストーリーズ」への投稿経験があった。

■10代の約3割が、「電車内の動画広告を見て、興味を持った」経験

電車の車両内で展開される動画広告を「見たことがある※1」人は、2019年8月度調査では54.7%で、48.0%(2017年7月度調査)、51.0%(2018年1月度調査)から増加。また、2019年8月度調査において、電車内での動画広告を「見たことがあり、興味を感じたことがある」と答えた人は、20.5%だった。年代別に見てみると、10代(27.0%)、20代(19.5%)、30代(18.0%)、40代(25.0%)、50代(19.5%)、60代(17.0%)。10代の3割近くに興味を持った経験があった。
※1 「見たことがあり、内容に興味を感じたことがある」「見たことがあるが、内容に興味を持ったことはない」と答えた人の合計。

■「スキップ可能なYouTube動画広告で、そのブランドに好印象を持つ」人が増加

2019年12月度調査において、スマートフォンで週1回以上、動画コンテンツを視聴する人に対して、「YouTubeで動画再生前に表示され、5秒待つとスキップできる動画広告」を見たことがあるかを聞いたところ、85.0%の人に視聴経験があった。

視聴経験がある人のうち、その「動画広告をきっかけに、ブランドに興味を抱くことがある」と答えた人の割合は39.6%(2018年6月度調査:24.1%)、「動画広告をきっかけにブランドに良い印象を抱くことがある」人は31.2%(2018年6月度調査:18.5%)だった※1。2018年6月度調査と比べ、好意的な印象を持つ人が増加する一方で、「動画広告をきっかけにそのブランドに悪い印象を抱くことがある」人の割合も、28.6%(2018年6月度調査)から36.0%(2019年12月度調査)に伸びた※1。
※1 いずれも「あてはまる」「ややあてはまる」と答えた人の合計。

■自室や外出先でビデオ通話をする人が、昨年比で大幅増

普段、スマートフォンで動画コンテンツを視聴している人のうち、「自室にいるときにビデオ通話をする※1」人の割合は、22.2%(2018年8月度調査)、33.2%(2019年8月度調査)で、1年間で11.0ポイント増加した。また、「外出時にビデオ通話を利用する※1」人の割合は、13.3%(2018年8月度調査)、21.6%(2019年8月度調査)と8.3ポイント増加した。
※1 「頻繁に利用する」「時々利用する」と答えた人の合計。

■動画ストリーミング端末の利用率1位は、「Fire TV Stick」

インターネットから動画などのコンテンツ配信を受けてテレビなどに表示できる「動画ストリーミング端末」の利用状況を聞いたところ、2019年10月度調査において「Fire TV Stick」の利用率が最も高く(10.7%)、次いで「Google Chromecast」(7.7%)、「Apple TV」(5.9%)だった。2017年10月度調査時の「Fire TV Stick」の利用率(6.1%)と比較すると、約1.8倍になった。

■10代の約3割に、「ライブ・ビューイング」の経験

2019年2月度調査において、スポーツや音楽イベントなどを、実際に開催されている会場ではなく、離れた他会場でライブ映像を視聴することで楽しむ「ライブ・ビューイング」を「利用したことがある」人は13.8%、「利用したことはないが、興味はある」人は26.4%だった。年代別に利用経験者の割合を見てみると、10代(27.0%)、20代(19.5%)、30代(18.0%)、40代(8.5%)、50代(11.0%)、60代(5.5%)。10代の3割近くに利用経験があった。

■10代、20代、30代の2割以上に、VR関連商品・サービスの利用経験

VR(バーチャル・リアリティ)に関する商品やサービスを利用したことがある人の割合は、9.6%(2018年5月度調査)から、14.5%(2019年5月度調査)に、この1年間で約5ポイント増加した。2019年5月度調査におけるVR利用経験者の割合を年代別に見てみると、10代(25.0%)、20代(21.0%)、30代(20.5%)、40代(9.5%)、50代(8.5%)、60代(8.0%)。10代から30代までにおいては、利用経験者の割合はいずれも2割を超えた。

調査名:『動画&動画広告 月次定点調査』
調査期間:2019年1月~2019年12月の間、毎月1回実施
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳から69歳までを5歳ごとに、男女それぞれ50名ずつ 割り付けて回収(合計1,100名)。
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査
集計データとしてまとめた調査結果レポートは、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページからダウンロードできる。

人気の記事