Today's PICK UP

「スマホゲーム業界マーケティング カオスマップ」の2020年版が公開 314個のソリューションを掲載

株式会社MOTTOは、スマホゲーム業界のマーケティングソリューションを紹介する「スマホゲーム業界マーケティングカオスマップⅡ」を、2020年7月8日に公開した。

■「スマホゲーム業界マーケティングカオスマップⅡ」について

2019年に公開した「スマホゲーム業界マーケティングカオスマップ」に2020年の最新トレンドを反映し、合計314個のソリューションを11の大カテゴリ、63の中カテゴリに分類し、紹介している。
出典元:プレスリリース
①2019年に公開した「スマホゲーム業界マーケティングカオスマップ」に最新トレンドを反映し、以下の新カテゴリを追加した。
1. 広告マネタイズ:広告ネットワーク
2. 広告マネタイズ:メディエーション / SSP
3. 分析コンサルティング
4. CPE広告
5. インフルエンサーマーケティング
6. 運用型TVCM
7. 翻訳・ローカライズ
8. ゲーム大会コミュニティ
9. Twitter運用ツール
10. ソーシャルリスニング

②英語と中国語の翻訳版のカオスマップも同時に公開した。

■カオスマップ公開の背景

国内スマホゲーム市場は一兆円超まで成長、成熟期を迎えている。これらを背景として、スマホゲームのマーケティングにおいては前回の「スマホゲーム業界マーケティングカオスマップ」を公開した2019年から現在の間にもいくつかの変化があったという。一例として、海外展開や広告モデルの採用に代表される、ゲームビジネスモデルの多様化や既存顧客の定着を目的とした施策の活性化などがある。そして、変化に応じる形で数多くのマーケティングソリューションが誕生、拡大している。

最新のマーケティングソリューション情報を伝え、マーケターが施策を選定をする際の参考にすることで、より一層の市場の活性化に貢献できればとの願いから、本カオスマップを作成、公開したとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。