Today's PICK UP

伊藤忠商事、医療・ヘルスケア業界向けDX支援事業へ参入

伊藤忠商事株式会社は、医療マーケティング事業を展開する株式会社フェーズワンと資本業務提携し、医療・ヘルスケア業界向けDX支援事業へ参入したと発表した。
国内において高齢化に伴う医療費の増加は、大きな課題の一つとなっており、医療現場の効率化が求められてきている。加えて、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、多くの医療機関が院内感染防止の観点から入院患者や取引先との面会を制限しており、デジタルを活用した新たな医療現場構築のニーズが急速に高まっている。こうした中、医療、介護分野のDX市場規模は、2017年の472億円から、2030年には約1,900億円にまで拡大が見込まれているという。

フェーズワンは「医療を元気にしたい」という理念のもと、医療機関、製薬企業等に対してデジタルを活用したプロダクトやサービスの開発、運用、コンテンツ制作等を行ってきた医療・ヘルスケア業界向けDX支援事業のパイオニア。同社は、長年培った大学教授、学会役員といった医学界との強固なネットワークを強みとして、医師によるサービスやプロダクト、コンテンツ等の指導、監修ができる体制を構築しており、参入が難しい医療業界において高品質かつ信頼性の高いサービスの提供を可能としている。

伊藤忠商事は、フェーズワンとの資本業務提携により、同社と共に医療・ヘルスケア分野のDX推進体制を構築し、国内外の医療機関へDX支援事業を展開する。具体的には、第一弾として、以下2つの新規サービスの提供を開始する。

①医師向け教育コンテンツ配信プラットフォーム
各医療分野のテーマに沿ったベテラン医師による医師向け教育コンテンツのライブ配信やアーカイブ配信を行うサービス。対面での指導の機会が減少する中、ベテラン医師の技術や知見の伝承を非対面でも可能にする。今後、出演医師やコンテンツを拡充し利用者拡大を目指すと共に、日本の医療技術への関心の高い海外への配信も進める。
出典元:プレスリリース
②医療業界向けオンラインコミュニケーションサービス
製薬企業による医師向け新薬セミナーや、医局・病院内におけるカンファレンスなど、これまで膨大な数の対面型の会議が開催されていた医療・ヘルスケア業界において、全てオンラインで実施が可能になるコミュニケーションサービス。今後は、日本国内の製薬企業および医療機関への導入を進めると同時に、医局や病院内のイントラネット機能や診療外のアウトソーシング機能等、サービス拡充を目指す。
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。