Today's PICK UP

JAXA、ソニーらと共同開発した変形型月面ロボットによる月面データ取得の実施を決定

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、研究を進める月面でのモビリティ「有人与圧ローバ」の実現に向けて、JAXA、および株式会社タカラトミー、ソニーグループ株式会社(以下、ソニー)、同志社大学の4者の共同開発による変形型月面ロボットを用いて、株式会社ispaceが実施予定の月着陸ミッションを活用した月面でのデータ取得を行うことを決定したと発表した。
有人与圧ローバが走行する月面は、地球と比べて重力が6分の1であり、またレゴリス(月の表面を覆う砂)に覆われた路面等、地上とは異なる特殊な環境だ。2019年度から開始した有人与圧ローバのシステム概念検討の結果、自動運転技術および走行技術の詳細検討に向けて、月面において画像データ等を取得する必要があると判断したとのことだ。

月面でのデータ取得は、変形型月面ロボット1機をispaceの月着陸船により月面に輸送し(2022年打上げ予定)、月面を走行させてレゴリスの挙動や月面での画像データ等を月着陸船経由で地上に送信する。取得したデータを用いて、有人与圧ローバの自己位置推定アルゴリズムの評価や走行性能へのレゴリスの影響評価等に反映する予定だという。なお、JAXAは、変形型月面ロボットの月面輸送・データ取得に関する競争入札の結果、ispaceを選定し、2021年4月に契約を締結した。

変形型月面ロボットは、JAXA宇宙探査イノベーションハブの研究提案公募(RFP)の枠組みの下、2016年よりJAXAおよびタカラトミーが筐体の共同研究を開始し、その後、2019年にソニーが、2021年に同志社大学が加わり、4者で共同開発を進めているもので、タカラトミーおよび同志社大学の有する筐体の小型化技術、ソニーの有する制御技術、そしてJAXAの有する宇宙環境下での開発技術・知見を活かした、過酷な月面環境で稼働可能な超小型・超軽量の自走型ロボットだ。月面到着後に走行用の形状に変形することにより、月着陸船搭載時の容積を小さくできる特徴があり、今後の月面探査ミッションで活躍することが期待されているとのことだ。

変形型月面ロボット(左:変形前、右:変形後)
出典元:プレスリリース
月着陸船
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。