Today's PICK UP

フィンテックとは何か。分類されるビジネス・トレンドをご紹介。

最近よく耳にする"キャッシュレス"はフィンテックという世界中で進められている動きの一部でした。フィンテックというジャンルに分けられるビジネスの内容から、2020年以降フィンテックで注目されるトレンドの内容、今後の展望を予想。

フィンテックとは

フィンテック(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。金融のサービスと情報技術を結びつけた革新的な取り組みのことを指します。身近な例でいうと、スマートフォンなどを使った送金もその一つです。しかし金融業界の関係者からは「ワードの意味が広すぎる」と指摘されているようです。たしかに、送金、決済、融資、投資、仮想通貨と、全く違うビジネスがひとつのワードに含まれていることになります。

暮らしに与えられるフィンテックの影響例1

これまでは現金・銀行振込・クレジットカードの3つが主な決済手段でしたが、最近ではモバイル決済が普及しつつあります。スマートフォンを機器にかざすだけで決済が完了でき、現金どころかカードさえも取り出さずにお会計ができるようなりました。今後、日本へのさらなる観光客の増加や、2025年の大阪・関西万博に向けてインバウンド需要に対応すべく、政府はキャッシュレス決済の普及を進めています。今後もフィンテックを活用した決済サービスの登場が期待されています。

暮らしに与えられるフィンテックの影響例2

決済・送金・会計以外にも、ビットコインなどの仮想通貨関連サービスがフィンテックに分類されることもあります。中央銀行を発行主体としない仮想通貨は、国境をまたいだ送金や決済に便利であるとして、2017年頃からバブル的な人気を博しました。現在はまだ決済手段として広く普及したとは言えないものの、一部の飲食店や家電量販店を始めとして支払いに使用できるという店舗も数多く存在し、増加し続けています。

フィンテックと呼ばれるビジネスの例は

一口に金融とテクノロジーを組み合わせたものとはいえ、フィンテックには様々な利用例や活用方法があります。ここからは上記のような影響を持つフィンテックの具体的なビジネスの例を挙げていきます。

スマートペイメント

具体的に、フィンテックはどんなビジネスから成り立っているのでしょうか。フィンテックの中で特に注目すべきテーマはスマートペイメントです。これは商取引において、現金や銀行での手続きを必要としない電子的な決済のことです。スマートペイメントを使用すればお札や小銭を持ち歩き、管理する必要がなくなります。そうすると銀行での手続きなどにかかる時間や手数料がなくなるので、より早くコストをかけずに消費者の支払方法の選択肢を広げることができるのです。

仮想通貨

仮想通貨は、特定の国家による価値の保証がない通貨のことです。主にインターネット上でお金のように取引され、専門取引所などでドル、円、ユーロ、人民元などの法定通貨と交換することでお金として手に入れることができます。一部の商品やサービスの決済に利用できる場合もあります。ビットコインをはじめとした仮想通貨は、簡単に送金ができることと、特定の組織に依存しないといったメリットがありますが、価格変動が激しいなどのデメリットもあります。

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、ユーザーが計画したプロジェクトに資金を提供してくれる人をインターネット上で募集し、資金を集めることです。大きく分けて「寄付型」と「購入型」の2種類があります。「寄付型」はリターンを求めない支援です。募金との違いは、支援がインターネット上で可能であることと、資金提供後のプロジェクトの進捗状況が確認できる点です。「購入型」はリターンを求める資金提供であり、リターンはプロジェクトによって生み出されたモノ、サービスのことです。具体的には集めた資金で開いたお店の限定会員券、劇場チケットの先行購入ができたりなどのさまざまなリターンがあります。資金提供者は少額からの支援が可能なため、ユーザーは支援金をとりこぼすことなく集められるというメリットがあります。代表的なクラウドファンディングサービスはJapanGiving、Makuake、Readyfor、CAMPFIREなどです。

デジタルで完結する投資・資産運用

アプリやwebで簡単に投資できるサービスや、投資・資産運用で利用する分析ツールサービスなどを販売するビジネスも広まっています。資産運用を企業やソフトに任せるタイプと、自分で投資先を選定するタイプの2つに分けることができます。前者は、AIを使った解析によって資産配分や金融商品の選定、リバランスなどを自動で最適化するものもありロボアドバイザーと呼ばれます。後者はスマホから投資できるOne Tap BUYや、テーマ別投資のFOLIOなどがあります。

融資(レンディング)/トランザクションレンディング

ここでいう融資とは企業からの融資を意味しています。主にトランザクションレンディングと呼ばれるもので、楽天などのECサイトに蓄積されている取引データ(売上実績)をもとに融資するというものです。数値データなどを使用し与信の手間や審査期間を短くすることができ、融資を申請する前から蓄積されたデータをもとに事業者与信を行うため通常の銀行からの融資と違い審査期間が圧倒的に短く、決算書の情報も不要という特徴があります。

送金・割り勘

主に個人間でのモバイル端末による送金と割り勘ができるというサービスのことを言います。基本的にはクレジットカードからアプリ内に残高をチャージし、割り勘で払うべき金額を残高から送金・決済します。Yahoo!ウォレットやLINE Payは資金移動業者として登録されているので現金化することができますが、割り勘アプリのpaymoに関しては資金決済法で管轄されていないため、あくまで決済の一部である割り勘のための現金化は可能、というものです(レシートの画像も必要)。このように現金化できないサービスもまだ複数ありますが、今後さらに発展していくサービスの一つと言えるでしょう。

法人向けサポート

このカテゴリには、主に企業の会計業務をサポートするサービスが含まれます。これらは数値や画像をクラウド上で管理することにより領収書の集計、請求書作成、確定申告、決算書作成などの業務をサポートします。また、福利厚生サービス(給与の前払いなど)、法人向け送金サービスもこちらに分類されます。このようなサービスを活用することで、正確性が必須で時間のかかる経理関連の業務を効率的に行うことができ、企業の生産性向上に繋げることができます。

PFM(個人財務管理)

PFMはPersonal Finance Managementの略で、銀行や証券、保険など複数の口座情報を集約して一元的に表示させるサービスです。日本でのPFMは主に家計簿アプリとして普及しており、レシートの読み取りやネットバンキングとの連携を通して、お金の管理ができるというメリットを提供します。以前はそれぞれの口座にログインして残高照会をしなければ、資産の状況を把握することができませんでした。そこで各金融機関のAPI(Application Programming Interface)やスクリーンスクレイピングという技術を使って、利用者一人が持っている金融機関それぞれの複数の口座情報を集め、ひとつの画面に表示することで、一元管理を可能にしました。

フィンテックが急成長した理由

フィンテックと呼ばれるビジネスが急成長している理由で最も大きなものは、スマートフォンの普及です。フィンテック事業者は、戦略をスマートフォンに特化したUIを提供するアプローチに変えてきました。さらにハードウェアの計算性能が上がり、ベンチャー企業でも簡単にデータ解析(ビッグデータの流れ)を利用し、与信判断などを行うようになりました。中国、米国、イギリスといった国々で金融庁を中心とした関係省庁がフィンテックに力を入れています。こうした国々では銀行やカード会社といった、既存の金融機関とベンチャー企業が協業する土台ができてきたようです。

フィンテック領域のトレンドについて

今までの生活様式が脅かされた2020年のこの状況下で、フィンテックがどのような環境にあり、どのような変化を求められているのかを改めて整理していきましょう。ここからはフィンテック領域のトレンドについてご紹介していきます。トレンドを把握することで、フィンテック関連企業のこれからの戦略などを理解するヒントになることでしょう。

従来の金融産業の衰退

伝統的な従来の金融機関システムは、私たちの想像以上に時代遅れとなっているようです。とある調査で、他産業と比較して金融機関は圧倒的にデジタル化が遅れを取っており、国内の50%以上の銀行がデジタル化を充分に達成できていないといわれています。外出自粛が原因で支店サービス・ATM利用は激減し、代わりにモバイルバンクが台頭しています。ほぼ全ての銀行がオンラインでサービスを届ける手段を模索していることでしょう。そこでフィンテック企業は、銀行向けに新しいデジタルシステムを提案することができます。古びた銀行のシステムをウェブやモバイル、クラウド世界に拡張させていくことができるのです。

セキュリティリスクを軽減するサービス

今年急速に広まったリモートワークですが、金融機関が最も懸念しているのは、セキュリティリスクの増大です。VPN(仮想プライベートネットワーク)を活用し安全な通信の確保に務めるのはもちろん必須です。るこの状況は、ハッカーが機密データへのアクセスをしやすくするチャンスを作ってしまっています。今後はマルウェア攻撃の検知システムなどの需要も高まっていくでしょう。

オンラインのカスタマー対応ツールの需要

金融及びフィンテック企業は顧客が実店舗に来る機会が激減したため、店舗にて相談やセールスをすることが厳しい状況です。そこで必要となるのが、完全オンラインで顧客とコミュニケーションを取る新しい手段です。一般的にはコールセンターの拡充やZoomを利用するなどの取り組みが考えられますが、より先進的な方法として、AIチャットボットの導入が増加しています。既にAIチャットボットを実装済みの企業も多くあります。これに続く形で、古い制度やシステムからなかなか抜け出せなかった金融機関も今後はAIチャットボットの導入に踏み切ることが予想されます。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPAとは、従来ホワイトカラーと呼ばれるビジネスマンたちが行っていた作業を、AIを搭載したソフトウェアが代行・自動化する概念です。以前からも注目を浴びていたコンセプトでしたが、新型コロナの感染拡大によって、企業は一層の作業効率化・自動化を余儀なくされており、RPAの需要も増加しています。最近では、Kryon社のRPAのように、「何のタスクを自動化すれば良いか」という判断を自動的に決定し、その上で自動化プロセスを実行するソフトウェアもあります。

デジタル・アイデンティティ

銀行情報や医療情報、位置情報など、自分自身に関する全ての情報をデジタルIDに紐付け可能だとしたら、今最もなにが求められているでしょうか。おそらく、ウイルス感染拡大を抑制するトラッキングアプリの実装が一刻も早く求められることでしょう。完全オンラインでビザ申請を済ませ、デジタルIDにビザ取得証明データを紐付けることで、渡航をスムーズに行うことができます。医療情報と位置情報を紐付けることができれば、認証ひとつで自分が非感染者であることを簡単に証明できるかもしれません。

キャッシュレス

現在、キャッシュレス化が加速している要因は二つあります。一つ目は非接触型決済の増加。二つ目は中央銀行が発行するデジタルマネーの需要です。キャッシュ(紙幣及び硬貨)は、デジタルマネーと比較すると人間同士の直接的な接触を引き起こしやすい取引形態です。加えて外出自粛によりECやフードデリバリーの注文時、カードや電子マネーの利用機会が増えています。そして現在注目すべきは、今回のコロナ危機に対する経済刺激対策の一環として、中央銀行デジタル通貨(CBDC: Central Bank Digital Currency)の必要性が叫ばれている点です。もし米国が中央銀行デジタル通貨を実現させることになれば、フィンテック業界に与える影響はさぞ大きなものになることでしょう。

金融モバイルアプリの台頭

ここまでも述べてきたように、コロナ危機の状況下では人々は銀行支店営業が困難であり、かつ利用者もこれまでとは同じように支店へ足を運ぶことは難しい状況です。そこで代替策として利用されているのが、チャレンジャーバンクなどと呼ばれる金融モバイルアプリです。ドイツ発のチャレンジャーバンク「N26」の各地はATMの利用が半減する代に変わってきたということです。今後のフィンテック市場の成長にも期待が高まります。

フィンテックの展開と未来

フィンテックのキーワードが広がりはじめた当初は、ビジネスにとってそこまで大きな脅威とはみなされていませんでした。しかしテクノロジーが成長するにつれアンバンドリング(最適化されたテクノロジーで、金融機関のサービスをフィンテック企業が迅速に低コストで提供すること)の影響も次第に大きくなっています。フィンテック企業は開発力を生かして事業を水平方向に展開しています。ビジネスを行う"場所"(ネットと実店舗)が異なっていたため競合関係になかった企業同士が、同じ土俵となり競争が激化していくことが予想されます。消費者にとってはより良いサービスの選択肢が増えることにもなります。

スーパーアプリの発展と競争

中国および東南アジアでは、すでに多くの人がウィチャット(WeChat)やグラブ(Grab)、といったスーパーアプリを利用しています。スーパーアプリとは、決済や送金機能を中心としてライドシェアやホテルの宿泊予約、デリバリーなど日常生活と結びついた色々なサービスをスマートフォンから利用できる統合型アプリのことです。アジア各国は経済成長により観光客が増加し、国境問わず利用できるスーパーアプリの価値が年々高まっています。日本と海外スーパーアプリ勢との競争が本格化し、日本もフィンテックだけでは収益化が難しくなるでしょう。クロスボーダーの経済力取り込みが重要なトピックとなっていくことが予想されます。

ハイパーパーソナライゼーション

近頃、クレジットカードやローンを提供するフィンテック企業(また与信ロジックの提供企業)が与信のためにプロファイルされた収入などのさまざまなデータを活用し、結果としてマイノリティや収益性が低い立場の人を差別的な傾向に陥る可能性が指摘されています。フィンテックにおいてもプライバシーを侵害したり、差別につながるような行き過ぎたデータ活用は規制されるようになっていくでしょう。このような最適化は「ハイパーパーソナライゼーション」とも呼ばれますが、フィンテックにおいても真にパーソナルアシスタントと呼べるサービスが登場することが期待されています。

フィンテックの影響が本格化するのはこれから

フィンテックは、今後も決済・送金・会計などを中心として私たちの生活に深くかかわりながら発展していくことが予想されています。キャッシュレス化が進むと、現金の使用率が減って決済の手間が格段に削減されるでしょう。飲み会のような多人数の集まりの場でも、スムーズに支払いを済ませられるようになるでしょう。また節約や家計改善の分野でも、預貯金額の推移や支出の管理、無駄遣いなどのアラートを出したりと、今よりもさらに簡単に把握できるようになります。まだ知られていない分野での活用やサービスなども登場しているため、今後より一層フィンテックという言葉が浸透していくことでしょう。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。