マーケティング

目指すのはマーケティングの民主化。ラクスルCMOに聞く、デジタルシフト成功の秘訣

印刷の価格比較サイトから始まったラクスルは、印刷や物流のシェアリングサービスでマザーズ上場を果たしました。長い歴史をもつ印刷業界にデジタルを導入したほか、現在はテレビCMにもデジタルの観点を持ち込み、安価でターゲティング可能なCMをサービス化しています。ラクスルが既存産業のデジタルシフトを成し遂げる背景には、どんな思考や取り組みがあるのか。そして、その先に描く未来とは。取締役CMO・アドプラ事業本部長の田部正樹氏に伺いました。

中小企業にもマーケティングサービスを提供するために

――田部さんが現在されていることを教えてください。

田部:現在取り組んでいることは大きく2つ。一つは、ラクスルの取締役CMOとして、ラクスル自体のマーケティングをしています。新規のお客様がネット印刷にシフトしていただくために、テレビCMやウェブマーケティング、PRなどさまざまな手法を駆使しています。

もう一つは、自社マーケティングで培ってきた知見を生かした他社支援。特に注力しているのがテレビCMです。デジタルを使った分析でテレビCMの効果を測定し、ターゲットを定めて安価で放映できるようにしました。僕は責任者として、この事業を推進しています。

――ラクスルに入社されるまでの経緯を聞かせてください。

田部:僕はもともと、新卒からラクスルに入社するまでの10年間、アパレル業界やウェディング業界のBtoCマーケティングを担当していました。働いていたのは比較的大きな会社だったので、予算をかけて様々な施策に取り組めました。しかし取り組むうち、そういったマーケティングの技術は、一部の企業にしか使えないものだと気が付いたんです。

僕の周囲にはスモールビジネスをしている人が多く、マーケティングの知識がなく予算もかけられない中で、価格を決めたり、集客の方法を考えたりしていました。そんな中小企業の人たちが、大企業がやっている技術や手法を使える状況になればいいと思ったんです。「マーケティングの民主化」が自分のテーマだと考えるようになりました。

ラクスルは、印刷の発注をリアルからネットに切り替えて誰もが使いやすくすることで、印刷の民主化をしてきた会社です。しかも、ラクスルが取り扱っている印刷物の6〜7割は、チラシやパンフレットなど、集客が目的の印刷物。お客様にとって印刷は手段の1つであって、目的は集客、プロモーションです。ラクスルを大きくできれば、最終的には中小企業に向けてマーケティングサービスを提供できるのではないかと思い、ジョインしました。

業界の慣習を活かした上で、デジタルシフトを推進する

――入社されてからは、どのようなことに取り組まれたのですか。

田部:まず、僕が入った2014年ぐらいから、マーケティングを本格的にやり始めました。CMで認知度を上げることで、売り上げがかなり伸びましたね。ただ、15年から16年にかけて、新規の顧客は増えていく一方で、リピート率が下がってきました。

リピートしてくれるお客様がいないと、ECのビジネスモデルは崩壊します。かなりの危機感を持って価格を改定したり、ABテストしてUIを改善したり、クーポンを出したりと一通り施策を試しましたが、全然ダメでした。

そこで、短期的なマーケティング手法に頼るやり方を捨て、長期でお客様の満足度を上げに行く方針に転換したんです。今までは1カ月の単位で結果を求めていたところを、1年ぐらいの中長期で取り組むことにしました。

具体的には、実際に現場にいって業務を体験し、業界に対する理解度をさらに上げるところから始めました。折込チラシのポスティングや、工場での裁断などを体験しました。印刷業界は、ファックスや電話などのアナログが主流で、デジタルシフトが進んでいないところがほとんどです。業務も多重下請け構造になっていて、オペレーションが複雑、非効率な部分も多くありました。

しかし一方で、長年仕事に携わってきた人は、スキルが非常に高いことがわかりました。裁断をやってみても、僕らが一朝一夕でできるものではないんです。そういった良い部分、人にしかできない部分を残しつつ、人がやらなくても良い部分をデジタル化するべきだと思いました。

僕らが提供するサービスは、画面の中だけで完結するのではなく、印刷や広告、物流といったリアルなサービスです。だから携わる人や、業界の慣習も非常に重要。既存の業界を壊して変えるのではなく、どうデジタルと融合していくかを重視しました。これまでの業界の人々の慣習や歴史、経験を活用した形で、もっと上手くいく方法を見出す。例えばこれまで1時間かかっていた作業を効率化し、10分に短縮するような方法を取っていきました。

テレビCMもポスティングも、誰もが使えるものに

――業界の既存のいいところを残したまま、デジタルシフトを実行されたのですね。例えばどんなサービスがありますか。

田部:例えば、チラシの折り込みやポスティングを簡単にする、地図からのシミュレーションサービスです。ウェブ上に表示された地図でチラシを配布したい範囲を選択すると、折り込みだったら、新聞を読んでいる人の数が自動算出されます。

ポスティングでは、町の何丁目単位まで範囲を選ぶことができます。そこから価格を自動算出し、ウェブ上で予約することができるんです。インターフェイスはデジタルで先進的に見えますが、 実はこれ、紙の地図を広げてやっていたことを、そのままデジタル化したものなんです。

――新聞販売店やポスティング業者と提携しなければできないと思いますが、デジタルシフトに抵抗はありませんでしたか。

これまで業者の方々がやっていることを変えずにオペレーションを組んだので、導入していただけました。業務を理解した上で、彼らがやりやすい管理画面や手法を開発したんです。全く新しいものを提示したら戸惑うと思いますが、基本的には既存のサービスがデジタルの力で、少し速く、簡単になっただけ。そのため、デジタルシフトしやすかったと思います。

――既存の商習慣やオペレーションにのっとって、より良くする形でデジタルシフトを進めていったのですね。折り込みやポスティングの他にも、事例となるサービスはありますか。

テレビCMのサービスです。CMは何千万円かかるイメージがあるかもしれませんが、実は番組1本単位なら、数万円で出せるんです。番組1本単位で数万円からCMを出稿できるサービスを、テレビ局と共同で開発しました。

テレビCMも、データをしっかり取って分析すればターゲティングできるようになります。例えば幼児向けのおもちゃだったら、深夜のニュース番組の時間帯にCMを流してもあまり効果は期待できません。でも朝の子ども向けアニメ番組の間に流れたら、ターゲットとなる子育て世代の親にリーチできますよね。そんな風に番組1本単位でテレビCMを出稿できるようにしたのです。

これまで自分たちでチラシを配ったり看板を出すのが精一杯だった企業でも、リーチの広いテレビCMという新しい集客方法にチャレンジできる。短期間で認知度をあげられますし、PRにもなって急に営業成績が上がる事例も生まれました。

他には、「オンラインデザイン」というサービスもあります。これはチラシのテンプレートを選んで、その場でデザインできるツールです。うちのお客さんが入稿するチラシのデータの約半分は、専門のDTPソフトではなくて、オフィスソフトで作ったもの。制作に時間もかかるし、デザインを取り入れればもっと多くの人に見てもらえるチラシになるかもしれません。そこで、あらかじめデザイン性の高いテンプレートを用意して、誰でも簡単にデザインが作れるようにしました。

テレビCMもデザインも、これまでは専門知識のある人や、一部の企業しか使えないものでした。しかしデジタルを取り入れることで、誰にでも使えるものになる。これまでできなかったことができるようになるんです。入社前目指していた、民主化に近づけているのかなと思います。

デジタルシフトを進め、マーケティングを全ての人へ

――最後に、今後の展望を教えてください。

田部:デジタルシフトといっても、印刷業界のネットの比率は3%程度です。日本におけるB to CのEC化率は8%を超える程度。ドイツでは印刷のネット比率が40%ぐらいありますし、中国ではB to CのEC化率が15%を超えています。世界的に見たら、日本のサービスはまだまだデジタルシフトが進んでいません。

そういう視点に立つと、ラクスルのサービスは世の中の人たちに伝わっていない。5年や10年かかるかもしれませんが、我々が使いやすいサービスを作って、世の中のネット比率を地道に上げていきたいと考えています。

僕としても、やりたいことはまだまだ実現できていません。テレビCMも2018年からやり始めたところで、「誰でも使える」状態にはなっていない。例えば地域のラーメン店のオーナーがテレビCMを打てるような、誰でも簡単に使える世の中にしたいと思っています。

さらに、マーケティングの活用を進めていきたいですね。マーケティングの4Pで言えば、プロモーションはその中の1つの要素でしかありません。本来、一番重要なのはプロダクトです。良いものを作ることは前提ですが、一方で良いものが必ずしも売れるとは限らない時代になりました。ネットで検索すると、世界中の同じようなサービスが羅列されます。どうしたら世界のライバルの中から選ばれるかが重要になってきています。

そこで役立つのがマーケティング思考なんです。僕らラクスルは、数あるネット印刷の中で選ばれることより、「ネット印刷ならラクスル」と純粋想起してもらうことにずっと取り組んできました。今、うちのサイトに来てくれるときの検索キーワードは「ネット印刷」より「ラクスル」の方が、10倍程度多いんです。

比較されるのを待つのではなく、自分たちが何者か、サービスの独自性が何なのかを伝えていかないと、生き残っていけません。日本経済を元気にするためにも、このようなマーケティング戦略的な考え方を民主化し、日本企業の99%以上を占める中小企業に広げる必要があると思っています。その1つの手法としてテレビがあってもいいし、ポスティングがあってもいい。そのときに最適な手法を、オンライン・オフライン問わずに提供していきたいです。
田部氏が登壇するイベント「オプトベンチャーズ主催『スタートアップの急成長を支えるチーム』セミナー」はこちら
日付:2019年8月30日(金)17:30〜20:30
概要:スタートアップの急成長を支えるチームと題して、いわゆるCxOクラスの経営メンバーがどのようにしてCEOを支えているのかに焦点をあてて開催。ラクスルの田部CMO・福島COO、Wovn Technologiesの上森副社長、ココンの竹内COO、シタテルの鶴COOが登壇する。

プロフィール

田部 正樹(Masaki Tabe)
2014年にラクスル株式会社にCMOとして入社以来、テレビCMを中心に累計50億を超えるマーケティング投資を行い、4年で売上17倍に。CPAを4分の1に低減し、ハイグロースとROI改善を実現。現在はCMO 兼 広告事業本部長として、クライアント企業に対し、効果の出るテレビCM戦略の企画提案を行う。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

クリエイター支援プラットフォーム「Patreon(パトレオン)」〜海外ユニコーンウォッチ #9〜

クリエイター支援プラットフォーム「Patreon(パトレオン)」〜海外ユニコーンウォッチ #9〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回はクリエイターを支援するプラットフォームサービスを提供する「Patreon(パトレオン)」を紹介する。

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

2022年3月24日から27日の期間に開催された「メタバースファッションウィーク(※)」に、日本のファッションブランドとして唯一の参加を果たした「アンリアレイジ」。昨年公開された映画『竜とそばかすの姫』では主人公すずのアバター「ベル」の衣装をデザインしたことで大きな話題を呼びました。さらに同年に開催された2022年春夏のパリコレクションでは、その手がけた衣装をリアルとバーチャルの世界で作品として発表するなど、既存のファッションの枠組みにとらわれない活動で業界に新たな風を吹き込んでいます。前編では、ファッション産業とメタバースの関係を軸に、バーチャル上での服づくりの難しさや、NFTが持つ価値の源泉についてなど、デザイナー 森永 邦彦氏のファッション観に着目して多方面からお話を伺いました。 ※ メタバースファッションウィーク:VRプラットフォーム「ディセントラランド」を舞台に開催されたファッションイベント。「ドルチェ&ガッバーナ」、「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など人気の50ブランドが参加した。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。