ヨーロッパ最大級のテックカンファレンスWeb Summit 2019が問う、これからの企業の在り方とは?

11月、ポルトガル・リスボンでヨーロッパ最大級のテクノロジーカンファレンスWeb Summit 2019が開催された。参加者が現地の模様を解説する。
11月、ポルトガル・リスボンでヨーロッパ最大級のテクノロジーカンファレンスWeb Summit 2019が開催された。Forbesが「世界最高のテックカンファレンス」と称賛し、全世界から7万人が集結するほどの重要度の高いイベントだが、日本での認知度はあまり高くない。主催者側の情報では、今年参加した日本人はわずか700人程度だという。

そんな限られた参加者のうちの二人、トレジャーデータ株式会社の矢田 貴裕氏、株式会社オプトの伴 大二郎氏が、それぞれの視点でWeb Summitを解説するイベントが12月4日、丸ノ内で開催された。

二人のトークから、Web Summit2019の概要と、ヨーロッパのテックトレンドに迫る。

ヨーロッパ最大級のテックイベントWeb Summitとは?

トレジャーデータ株式会社 矢田 貴裕氏

トレジャーデータ株式会社 矢田 貴裕氏

矢田「2010年、アイルランドのダブリンで初めてWeb Summitが行われたときは参加者が400人しかいませんでした。それが今年は7万人以上を集めるほど大きなイベントになっているのです。160以上の国から人が集まっていて、46.3%の参加者が女性という点でも、他国のテックカンファレンスとは異なる特徴を感じます」

今回、Web Summitに初参加した矢田氏も、他国のテックカンファレンスの視察経験があっただけに、規模の大きさと男女比率の違いを強く感じとった。だが、「世界最高のテックカンファレンス」と称される理由は、規模だけに由来するのではない。

矢田氏が紹介してくれたのは、Web Summit専用のアプリだ。
出典元:アプリのスクリーンショット画面
アプリ上には出展社すべてのプロフィールが公開されていて、気軽にチャットで連絡を取ることができる。これを活用して10分程度の短いミーティングがいたるところで行われていたという。イベントを訪れた参加者の情報も登録されていて、他の参加者とQRコードを読み合うことで簡単につながりをもつことができる。

また、開催されるイベントを確認できる機能もあり、気に入ったイベントを登録しておけば、自動でスケジュールを作成してくれる。

かゆいところに手が届くアプリは、他のカンファレンスと比べても質が高い。実は、Web Summitは主催企業が大規模なエンジニア、データサイエンティストを抱えていて、アプリを独自開発しているというのだ。

カンファレンスで出資者を募りたい出展社や、ビジネスの種を探す投資家・ビジネスマンにとって充実したサポートは、アプリだけでなく開催地のいたるところで感じることができたという。

PC一台で参加も。Web Summitにかけるスタートアップ

多くの基調講演や、企業の体験型ブースに人が集まる一方で、Web Summitではスタートアップのブースにも注目すべきだという。2019年は2,150ものスタートアップが出展。プロダクトやサービスの開発段階などによってクラス分けされていて、アイデアだけを持ち寄り出資者を募るスタートアップも少なくないという。ブースにあるのはPC一台だけ。他のテックカンファレンスに比べても異様な光景だ。
出典元:プレゼンテーション資料より
矢田氏は、気になるスタートアップを紹介してくれた。
そのうち二つを紹介する。

一つ目は、BNAJO ROBINSON 子どもが架空のキャラクターと直筆で文通を楽しめるサブスクリプションサービスだ。テクノロジーの活用で、子供にごとにパーソナライズした内容の手紙が届くという。キャラクターのグッズ化などでの収益性も見込まれている。
二つ目は、E-SOROBAN、電子そろばんのデバイスとソフトウェアを提供する会社だ。すでに20,000人以上のユーザーを獲得しているという。
矢田「Web Summitはテックカンファレンスであるものの、テーマとしてはテック一辺倒ではありません。環境、健康、スポーツ、教育などをテーマにしたアイデアも多いです。デジタルはうまく活用すればエコシステムに繋がる側面がある一方で、現代社会へのアンチテーゼとして、地球全体として考えるべき根本的な問題、サスティナビリティにつながるようなテーマが多く見られました」

ヨーロッパから起こりつつあるマーケティングのルールチェンジ

矢田氏と異なり、マーケターとしての視点で、Web Summitを分析をし紹介したのが株式会社オプトの伴氏だ。

今回参加したことで、SDGsとプライバシーへの配慮から、マーケティングに変化が求められていることを実感し、「ルールチェンジに備えなくてはいけない」と危機感を強めたという。

伴氏によれば、テクノロジー開発を先導する3つの陣営の中で、ヨーロッパはSDGsや個人情報の問い扱いに対する関心が非常に高いという。
出典元:プレゼンテーション資料より
「Web Summitは、よりよい未来について議論し尽くす場所。とにかく自分の意見を言う参加者が多く、当然批判もあるが、議論が活発な点は大変面白いです。今年は特に、SDGsについての議論が多かった。2030年という期限に向けて残り10年というタイミングでもあり、議論が再燃しているようです。そんな中で、SDGsにきちんと取り組んでいいない企業、国に対する批判が非常に強かった。またプライバシーの観点から個人情報をどう扱うかという議論も目立ちました。私自身、アメリカや中国へのテックカンファも視察していますが、このままアメリカや中国だけを手本とすることに疑問を感じました。ヨーロッパの見習うべきところも取り入れていかなくてはなりません」
株式会社オプト 伴 大二郎氏

株式会社オプト 伴 大二郎氏

伴氏からは、サスティナビリティを尊重した企業の取り組みがいくつか紹介された。

スウェーデン発祥の家具ブランド「IKEA」は、今回のWeb Summitで、3年以内に家具のレンタルをスウェーデン国内で開始すると表明したという。実際、今年の2月からはスイスで試験導入が始まっているサービスだ。持続可能性への取り組みの一環であり、レンタルモデルにより「循環経済」を促進するとしている。

さらに2025年には、すべてのエネルギーを再生可能エネルギーで賄い、配達は電気自動車にするという方針を打ち出すなど、高いレベルでのサスティナビリティ貢献をうたっていることが特徴的だ。

また、オランダのファッションブランド「トミーヒルフィガー」を展開するPVHでは、服をデジタルでデザインすることで、これまでサンプルを作るためにかかっていた時間やコストを削減するという。2020年秋には「カプセル・コレクション」として発表する予定で、社内に3Dデザインの教育・研修機関を設けるなど積極的な取り組みを見せている。

環境負荷を考慮した、バリューチェンの大胆な短縮、低コスト化は、もはや欧州企業のトレンドと言えるだろう。

2020年、SDGs、プライバシーが企業課題として再注目

このようにWeb Summitに出展する企業の発言を読み解くと、ヨーロッパを中心に起こりつつある、いくつかのマーケティングトレンドが見えてくると伴氏は指摘する。

たとえば「顧客中心」から「人中心」への転換。

顧客が多少の不便を強いられても、サスティナビリティの観点で人類の未来を思えば、顧客に理解・協力を仰いでいくという企業スタンスが当たり前になるかもしれない。企業は、ブランドパーパス(存在意義)への共感者を増やす活動にシフトしていくべきだという。

また、プライバシーの民主主義化もキーワードだ。情報を提供する・しないの選択権は、個人にあるという考えに基づくと、企業は不必要に情報を収集することができなくなってくると指摘する。

企業は個人の価値観に応じた体験づくりを前提に、データの取得・活用法を考えていかなければならない。
出典元:プレゼンテーション資料より

経営者はWeb Summitに注目すべき

イベントの終わりに、登壇した二人と出席者で行われたディスカッションでは、Web Summit2019にたった700人の日本人しか参加していなかったという事実が嘆かれた。

世界最大級のイベントであり、アメリカや中国とも異なる未来を示唆する同イベントは、企業のトップが注視すべきものだ。

伴氏の言葉を改めて借りるならば、アメリカや中国のテックトレンドを追いかけることだけが、果たして真に人類社会に貢献するテクノロジー開発につながるのだろうか?
トレジャーデータ株式会社
矢田 貴裕 -Takahiro Yata-


東京理科大学卒。2015年株式会社静岡銀行入社。
支店業務に携わり、主に個人・法人向けの融資営業を担当。
2019年4月より、静岡銀行の人材育成プログラムによりトレジャーデータに出向中。
株式会社オプト
エグゼクティブ・スペシャリスト パートナー 兼 OMOコンサルティング部 部長
伴 大二郎 -Daijiro Ban-


小売業界においてCRMの重要性に着目し、一貫してデータ活用の戦略立案やサービス開発に従事した後、2011年にオプト入社。マーケティングコンサルタントを経て、2015年よりマーケティング事業部部長として事業拡大に向けた組織作りに着手。マーケティングマネジメント部やOMO関連部門等々を立ち上げ、統括しながらエグゼクティブ・スペシャリストという立場から社内外への発信活動も担務。

人気の記事

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

未来の物流、モビリティのデバイスとして注目されているドローン。2017年に設立された株式会社エアロネクストは、ベンチャー企業として初めて「CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞」を受賞するなど、その革新的な技術から業界内で注目を集めています。同社のもう一つの特徴は特許やライセンスモデルを事業の中心に据えた「IP経営」。レバレッジの効くユニークな経営手法で描くドローンの未来とそのための戦略とは。お話を伺いました。

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

新型コロナウイルス感染症対策として、日本国内では急速にリモートワークが進んでいる。くしくもテクノロジー活用を加速させる要因となった新型コロナウイルス感染症だが、影響が著しい中国は日本の比ではない。 新型コロナウイルス感染症によって中国で一層加速するデジタルシフトの実情を、中国出身で、株式会社オプトホールディング、中国事業推進室のゼネラルマネージャー李 延光(LI YANGUANG)氏が解説する。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 最終回は、佐々木氏のこれまでの経験と田中氏が視察してきた海外の最新の潮流をもとに、本対談のテーマ「メディアと広告の未来」について、大いに語っていただいた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

立教大学ビジネススクール教授田中道昭氏が各分野で活躍される経営者を招き、次の時代のデジタルシフトについてお話を伺います。今回のゲストは弁護士ドットコム株式会社代表取締役会長、参議院議員、弁護士と3つのわらじで活躍される元榮太一郎氏。弁護士ドットコム・クラウドサインで仕掛けるリーガルテックのデジタルシフト、そしてその先に描く世界への展望とは。 ※このコンテンツは動画対談を記事化したものです。

今再び注目される「物語マーケティング」。顧客とともに意味を創ることがブランド価値構築の鍵になる。

今再び注目される「物語マーケティング」。顧客とともに意味を創ることがブランド価値構築の鍵になる。

商品やサービスが溢れる時代。企業には、ただ商品を提供するのではなく、持続的な顧客との関係を築くことが求められている。そこで再注目されているのが「物語マーケティング」という手法だ。物語はなぜ有効なのか、企業はどう物語をつくり伝えていくべきなのか。中京大学経営学部にてマーケティングを物語の視点から研究する津村将章准教授に、株式会社オプト マーケティングマネジメント部部長の園部武義氏がお話を伺った。

95%が失敗しているDX化の課題を大企業・国・メディアのキーマンたちが語る

95%が失敗しているDX化の課題を大企業・国・メディアのキーマンたちが語る

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)化が待ったなしの状況を迎えている中、2020年2月7日に東京・渋谷で、5GとDXをテーマとしたカンファレンス「DX Drive 2020」が開催された。今回は「5Gが加速するDX」というテーマで行われたキーノートの模様を紹介する。 ※この記事は、セッションの内容を一部、編集、抜粋してお届けしています。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

「その変革に勇気と希望を。」を、旗印に産声を上げたDigital Shift Times。 Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

倉庫会社の中では異例とも言えるスタイリッシュなコーポレートサイトを持つ寺田倉庫株式会社。アートやワイン、建築模型など、取り扱うサービスも従来の倉庫事業の枠を超えるものだ。なかでも、誰でも自分の倉庫が持て、いつでも引き出し可能なwebサービス「minikura(ミニクラ)」はいまや寺田倉庫を代表するサービスの一つになっている。ほんの数年前まで従来のトランクルームや物流サービスを主軸としていた寺田倉庫が、デジタル変革を遂げ、リブランディングを成し遂げた経緯について、変革の一翼を担った専務執行役員の月森正憲氏に話を伺った。

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版市場の縮小が止まらない―。2018年の市場規模(紙の出版物)は約1兆3,000億円。14年連続で販売額が減少し、ピークだった1996年の半分以下に落ちこんだ。そんな中、デジタルシフトに成功し、業績を立て直した企業がある。創業110年の名門・講談社だ。同社は「出版の再発明」を掲げて、2015年に組織を再編。出版物ベースのビジネスモデルから脱却し、独自の進化をとげつつある。そこで今回は、講談社のメディアビジネス領域に従事するライツ・メディアビジネス局 局次長 兼 IT戦略企画室 室次長である長崎亘宏氏を取材。前編では、戦略の要諦や具体的な取り組みなどについて聞いた。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

2016年末、中国のアリババグループの創始者ジャック・マー氏が提唱したニューリテール戦略。オンラインとオフラインを融合し、新しくより良い顧客体験を届けると同時に、事業者側の課題解決も目指したものだ。約3年が経った今、日本にもニューリテールという言葉が浸透し、注目が集まっている。現地、中国ではどのような変化が起こっているのだろうか?