NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー後編では、ゲームと金融の融合で生まれたGameFiの歴史、そのGameFiが実際に解決したフィリピンの貧困問題、Web3時代のゲームと社会の関係などについてお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- 2021年の夏に爆発的ヒットとなった『Axie Infinity』により世界中のゲームメーカーが「Play to Earn」に注目。今後はNFTゲームの世界に国内大手メーカーの参入も予想される。

- Axie InfinityはベトナムのベンチャーであるSky Mavis社が開発したゲーム。NFTのモンスターを購入して操り、敵を倒すことで暗号資産が手に入る。これがフィリピンの貧困層の経済的自立に一役買っている。

- Axie Infinityをプレイできない貧困層に富裕層がお金を貸してプレイさせ、そこで稼いだ額の何割かを手数料として徴収するスカラーシップ制度により、世界中の富の再配分が進んでいる。

- Web3時代のゲームはメタバース化することで、国籍や人種、言語の壁を越えて社会的な意義や収入を得られる。すなわち、生きがいを実現する手段になっていくと山田氏は予想する。

国内大手企業の参入で、GameFi2.0の時代が到来する

――現状の「X to Earn」は玉石混淆ともいわれますが、これまでの経緯を踏まえた今後の見通しについて教えてください。

まず、Web3のムーブメントについてシンプルに説明すると「自動化」の一言に集約されます。人がいなくても勝手に動く仕組み、それがWeb3です。そこから生まれたのが分散型金融の「DeFi(Decentralized Finance)」であり、「Uniswap(※1)」に代表される無人銀行です。その後、無味乾燥だったUniswapのサービスに彩りをつけようという動きが生まれ、亜流として誕生したのが「SushiSwap(スシスワップ)」です。これは、「SUSHIトークン」というキャッチーなトークンが手に入るということでブレイクしました。

単にお金を移動させる行為を、花を摘む行為に置き換えたり、単なる預金を畑に種を植える行為に置き換えたり、遊び心を持たせたサービスが流行るようになり、やがてゲームと金融が融合した「GameFi」に発展します。そこから生まれた大ヒットタイトルが『Axie Infinity(※2)』です。一時は月間の売上が400億円にも達するほど大きなインパクトを残し、トークンの時価総額は任天堂を脅かすといわれ、世界中のゲームメーカーを騒然とさせました。2021年の夏はすべてのゲーム会社がAxie Infinityについて学んでいた状態です。

Axie Infinity以降、無数の類似タイトルが生まれ、盛り上がっては消えていきました。そこで稼いだWeb3企業はおそらく現在、100億円、200億円という予算をかけたスーパーリッチなNFTゲームをつくっているでしょう。スクウェア・エニックスやバンダイナムコ、セガ、サイバーエージェントなど国内の大手企業もGameFiに参入すると予想されます。これまでのGameFi、いわばGameFi1.0は軸足がFinTechにありましたが、大手企業が参入するとなるとゲーム性が高まりGameFi2.0の時代になるでしょう。

※1 Uniswap:仲介者なしで暗号資産を取引できる分散型取引所。イーサリアムのブロックチェーン上に存在する。
※2 Axie Infinity:アクシーと呼ばれるモンスターを育成し、バトルや繁殖を楽しみながら暗号資産を稼げるNFTゲーム。

ゲームがフィリピンの貧困問題解決に寄与?

――そもそもAxie Infinityはなぜそこまでのヒットとなったのでしょうか?

Axie Infinityはベトナムのベンチャー企業であるSky Mavis社が開発したゲームです。3体のモンスターを操作して敵をやっつけるとお金がもらえる仕組みのゲームですが、フィリピンで爆発的に流行りました。バトルに勝つと「Smooth Love Potion(SLP)」という暗号資産がもらえるのですが、これがフィリピンの貧困問題の解決に寄与しているのです。

去年の夏の話ですが、Axie Infinityをプレイするためには10万円でアクシーというモンスターを購入する必要がありました。平均月収が5万円以下といわれるフィリピン人にとって誰もが払える額ではありません。そこで生まれたのがスカラーシップ制度です。富裕層のゲームプレイヤーが貧しい人たちにアクシーを貸して、代わりにプレイしてもらうのです。去年の夏時点では1ヶ月で15万円ほど稼ぐプレイヤーが続出しました。半分が手数料として回収されても7.5万円。フィリピンの平均月収を上回ります。スカラーシップ制度には多くの希望者が殺到して、倍率は数十倍にもなったそうです。

高齢者など普段は絶対にゲームをやらないであろう層をもAxie Infinityは取り込み、ドキュメンタリー番組もつくられたほどです。ちなみに、富裕層のゲームプレイヤーはゲーム内で数千万、億単位の課金をします。Axie Infinityが月間400億円という驚異的な売上を達成できた裏にはこういった理由があります。

――まさに現代の地主と小作人ですね。

本当にそうですね。スカラーシップ制度が広まるにつれて、事業化の動きも出てきました。会社としてゲームギルド(※3)を起ち上げ、大量の貧しい人たちを雇い、スケール感を持ってまわしていく。今やゲームギルドと呼ばれる団体は世界中に約25,000件存在するといわれています。

※3 ゲームギルド:オンラインゲームにおいて、プレイヤーが集まったグループのこと。

暗号資産により世界中の富の再配分が促進

――いずれゲームギルドからプロゲーマーのような存在が出てくるようになるのでしょうか?

スタープレイヤーを生み出してeスポーツチームのように発展するギルドもあると思います。面白い戦略として、とあるギルドは徹底的にGameFiを分析してレポートまで発行しています。この場合のターゲットは投資家です。ゲームメーカーではなく自分たちに投資してくれれば、インデックスファンドのように最適化された投資ができるというアピールですね。ゲームギルドは生まれたばかりの業態なので、生存戦略も多岐にわたっています。

――ゲームギルドは国別に見るとどのような分布でしょうか?

東南アジアが多くて、GameFiの先進国は断トツでフィリピンです。Axie Infinityのプレイヤーも多く、全体のリテラシーが高いですね。日本と異なり、家族同士でお金儲けの話をすることにも抵抗がないという国民性の差もあるでしょう。世界最大にして最高のギルドといわれる「YGG(Yield Guild Games)」もフィリピンにあります。

――Axie InfinityをはじめとするNFTのゲームは、なぜ東南アジアで普及しているのでしょうか?

いろいろな分析がありますが、「Play to Earn」の報酬は暗号資産になるので誰にとっても同じ額という点が大きいでしょう。日本での5万円より、フィリピンでの5万円のほうが価値があります。生活水準の低い国、給与所得の低い国のほうがインパクトが大きいわけです。「Play to Earn」で稼ぎたい人、つまりスカラーサイドの人は東南アジア、南米、アフリカが多いですね。スカラーを雇うサイドは日本、シンガポール、北米、欧州などです。こういったGameFiにより、世界中の富の再配分が進んでいます。国境に関係なく、富裕層のお金が貧しい人たちに配られているんです。

Web3におけるNFTゲームは生きがいを実現する手段になる

――御社が開発したゲーム『JobTribes』について教えてください。

コンセプトは、職業を擬人化したキャラクターを呼び出して戦うシンプルなカードバトルのNFTゲームです。現在主流になっている「Play to Earn」を世界で初めてサービス化したプロジェクトで、発行している「DEAPcoin」はSBIグループの取引所「BITPOINT」で唯一日本円に換金することができます。

日本国内の著名なマンガ家やイラストレーター100名以上にご参加いただき、オリジナルのNFTアートワークも販売しています。例えば、『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』の萩原 一至先生が描いた宇宙飛行士のカードは100枚限定で、価格は30万円ですが完売しています。NFT作品は既存のイラストやアート作品と異なり、二次流通、三次流通でも作者に利益が入ってくるのがメリットです。
――なるほど、作家にとってもメリットが大きいんですね。

歌われるごとに印税が入ってくるカラオケと同じですね。イラストやアートは1度きりの買い取りが当たり前でしたが、ブロックチェーン技術により未来に対する夢が持てる時代になったといえます。クリエイターが未来に希望を持てるようになれば、その絶対数も増えて作品の質が上がって競争が激しくなる。結果的に良質なコンテンツが生まれて、ユーザーの体験価値も高くなるでしょう。

――『ファイナルファンタジー』シリーズの天野 喜孝さん、『キャンディ キャンディ』のいがらしゆみこさんなど錚々たるビッグネームが並びますが、どのように協力を得たのでしょうか?

2018年から2019年にかけて皆さんにお声がけをしたのですが、当時はNFTもブロックチェーン技術も一般的にまったく知られていない時代でした。「クリエイターの世界を変える可能性があること」「後進のためになること」を必死にお伝えして、なんとかご協力いただくことができました。

――「X to Earn」によって社会はどう変わるとお考えですか?

JobTribesをリリースして2年以上が経過しましたが、インドネシアやフィリピンからスカラーシップ制度で救われたという多くの声をいただいています。誰もが持っていた、人に対してよいことをしたいという気持ちが、ゲームを通して、国境を越えて具体的な感謝の言葉をもらう体験につながっているのは素晴らしいことだと感じています。

Web3におけるゲームはメタバースそのものになっていくと、僕は考えています。2014年にマークウィンというブロガーが日本に伝わる「生きがい(IKIGAI)」についてベン図で表現したブログが話題になりました。これを僕流に訳すと、「自分が好きで得意で、社会的に求められ、稼げるものがあれば、それは生きがいになりうる」ということです。しかし現実の世界では国籍や言語、人種や住む場所といった制約によって、生きがいを実現するのは困難です。

それらの制約の影響を受けず、誰もが自由に好きなことに取り組める場所、それがメタバースです。Web3時代のゲームは、誰もが生きがいを満たせる場所としてメタバースと同一化していくと予想しています。
山田 耕三
Digital Entertainment Asset Pte.Ltd. Founder&Co-CEO

戦略構築とコンテンツ事業、メディア事業統括を担当。プラットフォーム事業「PlayMining」でのコンテンツ開発とNFT企画を手掛ける。NFTの可能性と有用性を啓蒙するYouTubeチャンネル「NFTv」Webメディア「NFTnavi」を運用。新しいNFTランナップ「DEPARTURE」を通じて、アーティストを始め多くのクリエイターがNFTの世界に飛び込むことを応援するのが目下の目標。NFT Awards 発案者。
テレビ東京で15年間 音楽・バラエティ番組のプロデューサーを務めた経歴を持つ。
東京大学 法学部出身。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。