トップインタビュー

コロナの影響ほぼなし!オンラインの「N高」から学ぶ、これからの学校教育。

新型コロナウイルス感染症は、経済界だけでなく、学校教育にも大きな影響をもたらしています。授業や行事がオンライン化した学校、対面とオンラインとを使い分ける学校、コロナ対策を施しつつ対面での授業を再開する学校など、学校・自治体ごとに異なる対策がとられていますが、特に小・中・高校においては、完全にオンライン授業を提供できている学校は多くありません。また、オンライン授業を提供している学校・塾においても、その取り組み方に試行錯誤している様子が伺えます。
これから学校教育はどうなっていくのか。コロナ以前よりWebを活用し、教育プログラムの提供を行ってきたN高等学校の校長、奥平 博一氏に、オンラインでの学びの工夫やオンラインだからこそのメリットについてお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- N高ではあらゆる授業がオンライン配信されていて、生徒は自分の好きなタイミングで好きなだけ学習できる
- これから教員に求められるのは、教科指導だけでなく、コーディネーターやサポーター、ファシリテーターとしての役割
- 教育現場は「こうでなくてはならない」にとらわれず、教育の原点に立ち返り、進化する必要がある
- N高は、生徒の多様性に合わせて教育のあり方を多様にすべく、さまざまな取り組みに挑戦し続けている

普段声を上げない子にスポットを当てられるのもオンラインの良さ

ーコロナによりN高は、何か影響を受けたのでしょうか?

正直、影響はほとんどありませんでした。

当然、リアルな活動への制限は増えました。たとえば、沖縄で開催予定だったスクーリング(面接指導)は、実施のタイミングを見合わせています。ただ、我々がメインで行なっているオンライン授業は、特にコロナによる影響はなく続けられています。

ーオンライン授業の具体的な仕組みを教えてください。

高校卒業資格を取得するのに必要な英数国理社や保健体育などの履修科目はもちろん、大学受験のための授業も、すべて映像化されています。基本的に生徒には、その映像を見て学習を進めてもらう仕組みです。生徒はインターネット環境さえあればいつでも、どの授業でも受講でき、自由に学習を進められます。

質問もWeb上で受け付けていて、各教科担当の先生が生徒からの質問に答えるシステムを構築しています。

またクラスも設けていて、Slack上でホームルームを実施したりもします。担任の先生とは随時Slackやメール、時には電話・Zoomなど様々なツールを使ってやり取りをしています。また、年に数日設けているスクーリング(面接指導)前には、参加する生徒たちのSlackグループができ、実際に会う前から活発にコミュニケーションを取っています。オンラインで関係性を築いた後、リアルの場で対面することになるので、生徒達は初対面の場で「会いたかった!」と互いに喜んでいます。
通学コースも用意しており、生徒が毎日決まった時間に通学し、授業が受けられるようにもしています。ここではアクティブ・ラーニングを通して、生徒の課題解決能力を伸ばすことに特化した教育カリキュラムを提供しています。

ーオンラインの良さはどんなところにあるでしょうか?

朝8時半から全員が一斉に勉強を始める必要はなく、朝が弱い人は昼前から始められます。自分の苦手な科目の授業を、重点的に繰り返し学習することもできます。逆に、得意な科目はどんどん先の分野まで進めることも可能です。

前提として子どもたちは「こうなりたい」「勉強したい」という気持ちを持っていますが、クラスメイトと比べて勉強がついていけなくなったといった事情で、学びへの意欲が薄れることがあります。 まずはそれぞれの生徒に合ったハードルに一旦リセットすることが必要で、一人ひとりが絶対に否定されない環境もオンラインだからこそ作りやすいです。

また、生徒一人ひとりとのコミュニケーションは、通常の学校よりも多いかもしれません。40人いるリアルなクラスの中で、「先生、私昨日こんなことしたんです!」と言える人は元気な子ですよね。そう言う子は自走できる傾向にありますが、黙っている子ほど実はコミュニケーションが必要だったりするんです。

オンラインの場合は、他人の目を気にすることなく、「先生!」と話しかけられます。私のアドレスも公開されていますから、生徒からのメールもよくもらいます。普段声を出さない子に、スポットを当てていけるところもオンラインの良さだと思っています。Slackのような全体が集まる場もありながら、一対一との関係性も成り立つ。こういうものを複合的に組み合わせられるのがいいですね。

先生の役割は、教科指導から別の役割へ

ーN高に通っているのは、どんな生徒が多いのでしょうか?

N高の場合はあえて入学試験を課してないこともあり、入学してくる生徒さんは学力も嗜好性もバラバラです。通信制高校と言うと、一般的には不登校児が多く、親御さんなどから勧められて入学する生徒が多いイメージかと思いますが、N高では生徒自身が新しい環境を求めて入学を希望するパターンも多いです。またアルバイトをする子も、海外在住の子もいます。

あえて共通点を言えば、既存の学校で習う枠から出たものも学んでみたいという生徒たちが多いと思います。卒業後の進路もバラバラで、東京大学など難関大学に進学する生徒もいれば、就職する生徒もいます。

ー先生に求められる役割も変わるのでしょうか?

全く変わると思います。

私自身、もともと小学校の教員をしていましたが、経験上、授業では勉強して自分の頭の中に入れたことを教えるので精一杯でした。しかし今はGoogleで検索して出てくる情報のほうが最新ということもたくさんありますので、もっとWebの活用を前提に授業内容を考えるべきです。

そうなると、教科指導が得意な先生はオンライン授業を継続して行えば良いと思いますが、むしろ今後、先生は教科指導ではなくコーディネーターやサポーター、ファシリテーターなどの別の役割が求められるようになるのだと思います。

我々としては、教科指導にもコーディネーター的な役割にも偏るつもりはありません。生徒と社会との接点をいかに多くつくれるかという一点を重視し、そのために必要な環境を整えたいと考えています。ですから講師陣も、社会の第一線で活躍している人に来ていただいています。

普通の授業をただオンラインで配信するだけではダメ

ー今、コロナにより学校はオンライン対応を求められています。どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

コロナになってオンライン対応をした学校の多くは、通常の授業をただオンラインで配信しているところが多いです。オンラインを使って、いかに学校教育をデザインし直すかという発想が大事です。授業ひとつとっても、我々は普通の授業を教室の後ろから撮影して流すのではなく、5〜10分単位で区切る、キャプションを入れるなど、オンライン用の授業を作りあげています。ただ普通授業を流すだけでは、オンラインツールだからこそのメリットが活かせず、コロナが収束したら、「よかった」とまた通常授業に戻るだけなのではないでしょうか。オンラインだからこその「進化」が必要だと思います。
ー何から取り組めば良いのでしょうか?

文科省はGIGAスクール構想を打ち出していますが、どちらかというとハード先行で、コンテンツについてはほとんど考えられていません。ですから、私はまずは教員の業務系からITツールを活用していくといいのではと思っています。教員自身がITツールに慣れていくことで、授業や学校生活に取り入れるアイデアが浮かびやすくなるのではないでしょうか。

社会が変われば、教える内容も変わる

ー学校は勉強だけでなく、生徒同士がコミュニケーションを取れる場所でもありました。オンラインに切り替わることで、問題は起こらないのでしょうか?

オフラインでのコミュニケーションは減るかもしれませんが、オンラインでのコミュニケーションが増えるなど、新しい関係性構築のあり方にシフトするので、とくに問題はないと感じています。

教育の世界では、Webは悪でリアルこそ善という考え方があります。ただし現在の若い世代からすると、Webの世界もリアルの世界もシームレスにつながっていて、その考え方は現代社会のスタンダードになっています。今教育の現場に求められているのは、世の中で必要とされるコミュニケーション能力を養ってあげることで、ならばこれからの学校では、オンラインでのコミュニケーションの機会を多くつくることも必要だと思います。

N高は、生徒たちが世の中に出た時に役に立つことを教えてあげたいと考えています。それは学校教育の原点のはずで、世の中が変わり、社会が変われば教える内容も変わるのが当たり前です。むしろそうであらなくてはならない、とすら思います。従来の教育の枠にとらわれず、つねに教育のあり方はアップデートしていくべきだと思います。

子どもたちの多様性に合わせ、教育のあり方も多様に

ー現在注力されていることを教えてください。

オンライン上のコミュニケーションをより活発にしていきたいと考えています。教育のあり方に関する討論の様子を無料で公開したりもしていて、討論の内容が少しでも参考になればと思っています。

ー今後の展望を教えてください。

もっとやれることを増やし、活動の領域を拡大していきたいと思っています。最近だと、主権者教育の一環として「N高政治部」を設立しました。また、茨城県つくば市に第2のN高であるS高(設置認可申請中)を設置し、今後はN高・S高共に「VR空間で学ぶ普通科」を作っていきます。
個人的には、子どもたちが多様であるため教育も多様であって当たり前だと考えています。全てがN高のような学校ではなく、全日制や全寮制の学校があっても良いです。一つの枠に留めなければならないという発想自体が間違っていて、生徒が自分にとってベストな環境が選べるほど、多様な選択肢を用意したいです。

我々は今で完成しているという感覚は全くなく、毎年新しい取り組みにチャレンジし続けています。今後も生徒一人ひとりにあった教育のあり方を模索していきたいです。
奥平 博一
N高等学校 学校長 

大学時代は発達心理学を学び、卒業後は公立の小中学校に教員として勤務。民間教育に面白みを感じ学習塾に職場を移し、小中学生の受験指導、新規教室の開校準備業務などに従事。その後、通信制高校での業務を機に、新たな通信制高校の立ち上げ、拡大に携わる。そして2014年10月、通信制高校の新たな可能性を信じてドワンゴに入社、すぐに沖縄へ移住し、「N高等学校」の設置・開校準備に奔走する。N高を含め、これまで様々な“子ども”達を見てきたことで、教育における多様な選択肢の必要性を感じている。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。