中国最前線

【中国】注目される「完全防水ドローン」の開発者はなぜ「深セン」で起業したのか?

現在、世界ではドローン業界がものすごいスピードで進んでいる。ドローンの応用においては世界の中でも中国がリードしており、警察、消防、農業、測量、配送、など様々な業界にて応用されている所を見ることが出来る。
現在、世界ではドローン業界がものすごいスピードで進んでいる。ドローンの応用においては世界の中でも中国がリードしており、警察、消防、農業、測量、配送、など様々な業界にて応用されている所を見ることが出来る。

一般人の目線からの要求としては、コンシューマー向けの空撮用ドローンとなるが、天候による影響が大きな問題となっている。

この問題に対して、深センのswellproと呼ばれるドローンを創るスタートアップ企業が研究開発した、完全防水ドローンが最近展示会でも注目されている。
彼らは、先に本体に使われる素材、ネジ、センサー、飛行システムなどの防水処理から取り掛かった。その結果として、本体が水中から飛ばすことを実現させることに成功した。総ての外側のパーツを組み上げるだけで、密封性は保証され、特にテープで貼るなどの処理は必要ない。

このような棒数位設計が施され、swellproのドローンは水の上から飛ばし、水の上に着陸することが可能となった。また風による影響も風速8m/sの条件下でも飛行可能となっており、ドローンの応用シーンを更に拡大することが出来たと言えるだろう。
例えば、雨の降っている夜、海でサーフィンしている時、滝の近くでの撮影、飛ばしにくかった場所でも、このドローンを使うことで新しいシーンを撮影することが出来る。総ては本体に搭載された4kカメラと赤外線撮影モードがあり、本体重量2.5kgのオレンジの機体があるからこそ成り立つとのことである。
また、空撮以外のシーンとしては、swellproドローンは約1kgのものまで載せることが可能で、防水で物を運ぶことが出来る部分を合わせることで、天候が悪い中、緊急救援用品などを運ぶことも可能で、雨の中海で溺れている人に浮き輪を投じたり、天候の悪い山の中で救援物資を投降することも可能である。また、海で釣りにも使うことが可能で、釣り糸の先をドローンに持たせて、投げ釣りでは届かない所に釣り針を落とすことが可能である。

この企業は“遊ぶこと、考えること、実行することが出来る”という典型的な企業体質で、面白いことを生活に取り入れることで、イノベーションが生活を変えるという考えを持っている。

今回はそんな“深セン精神”をもった企業のメーカーである、CEOのEric Hu氏に話を聞くことが出来た。
スタッフのフリをして写るCEO Eric氏

スタッフのフリをして写るCEO Eric氏

1.創業チームはどのようにして立ち上げたのでしょうか。

Eric:2015年の設立時、最初は4人だったチームが現在は60人の規模になりました。チームの中のスタッフはほとんどがドローンが好きな80年代、90年代生まれなんです。設立から三年の間に、何度も繰り返し技術テストを行い、やっと雨の中を飛ばすことが可能で、水上からも飛ばすことが可能な完全防水のドローン開発に成功することが出来ました。

2.何故、深センでの起業を選んだのか?

Eric:我々のチームのスタッフはもともと深センで仕事をしていて、そこでの生活や人脈、関係などから、深センという場所で起業することが条件として比較的良いという点です。更に重要なのは深センという場所がハードウェア、ソフトウェア、サービスどの方面の業界も地盤が出来ていて、各業界の人を集められるという点です。さらに言えば、我々のようにドローン事業を行うには深センの他に選べる場所がないと言えるでしょう。
3.現在、防水ドローンに対するマーケットの反応はどうですか?

Eric:今の所、メインとなる市場は海外で、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパとなっています。この地域はウォータースポーツ愛好家が多く、ニーズもあります。毎月約、400-500台売れてます。逆に中国国内の反応は薄く、売上の10%くらいです。

4.今までやってきた中で課題点や問題点などありますか?

Eric:まずは資金の問題がありました。今はまだ融資を受けていないんです。新製品の開発においては、技術に投入する時間とコストは大きいので、私達のような小さい会社に取ってはリスクが非常に高いんです。なので失敗すると取り返しがつかなくなるので、一歩一歩確実に進めるようにしています。

また、もう一つは市場の問題があります。皆さんの消費概念はゆっくりではあるが変わってきていますが、ウォータースポーツを楽しむ人達には限りがあります。またその中で1台2000ドルもするようなドローンにお金を出す人は更に少ないでしょう。ですので、我々は政府や、地方の関連部門との関係を作り、海上での救援などの方面に使ってもらえるように動いています。
救命道具を搭載したsplash droneシリーズ

救命道具を搭載したsplash droneシリーズ

5.swellproの次のステージにおける計画はありますか?

Eric:製品とその技術を更に高めて、より良く、より遠くに飛ばせるようにするというのが長期的な計画です。

6.日本の市場についてどう見ていますか?

Eric:日本の市場を切り開くのはそれなりに難しいです。主にはドローンを飛ばせる電波環境と、ライセンスの問題です。現在、我々の製品は5.8GHzの無線を使っているが、日本に向けて2.4GHzの製品も作らなければならない。もし、日本の政府がドローンに対しての法律をもっと寛大にしてくれれば、我々の製品は日本市場で価値が上がるでしょう。

最後に伝えておきたいのは、swellproは南山区近郊の花の卸売市場の中にあり、DJIの新本社ビルからもそんなに遠くはない位置にある。

DJIの製品についてどう見ているかという質問に対して、Eric氏は広東なまりの北京語で笑顔で答えてくれた。“コンシューマー向けドローンとしては我々はDJIのライバルにもなっていないんです。しかし我々の製品には強い個性があって、これは彼らには出来ない所だと思います”

Swellproの製品の素晴らしさとCEOの言葉の節に見える自信を見ることが出来た今回のインタビュー、今後の発展に期待したい企業だと感じた。
インタビュー/文:Murra(ホワイトホール)

編集:佐々木英之
ホワイトホール深セン事務所にて10年間の中国ビジネス経験。
日本に出張すると数日で深センに帰りたくなるという「深セン通」である。

人気の記事

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #03

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 最終回は、佐々木氏のこれまでの経験と田中氏が視察してきた海外の最新の潮流をもとに、本対談のテーマ「メディアと広告の未来」について、大いに語っていただいた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

独自技術とIP戦略で日本発世界へ。産業用ドローン市場に挑むスタートアップに迫る。

未来の物流、モビリティのデバイスとして注目されているドローン。2017年に設立された株式会社エアロネクストは、ベンチャー企業として初めて「CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞」を受賞するなど、その革新的な技術から業界内で注目を集めています。同社のもう一つの特徴は特許やライセンスモデルを事業の中心に据えた「IP経営」。レバレッジの効くユニークな経営手法で描くドローンの未来とそのための戦略とは。お話を伺いました。

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

コロナウイルス問題にデジタルで挑む中国の医療現場

新型コロナウイルス感染症対策として、日本国内では急速にリモートワークが進んでいる。くしくもテクノロジー活用を加速させる要因となった新型コロナウイルス感染症だが、影響が著しい中国は日本の比ではない。 新型コロナウイルス感染症によって中国で一層加速するデジタルシフトの実情を、中国出身で、株式会社オプトホールディング、中国事業推進室のゼネラルマネージャー李 延光(LI YANGUANG)氏が解説する。

リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」運営のメディロムが “スマートトラッカー市場”に参入。ヘルスケアの川上から垂直統合を図るデータベース戦略とは。

リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」運営のメディロムが “スマートトラッカー市場”に参入。ヘルスケアの川上から垂直統合を図るデータベース戦略とは。

リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」などを運営する株式会社メディロムが、2020年1月にCES(Consumer Electronics Show)でスマートトラッカー市場への参入を発表した。リリース後、国内外で40万台を超える出荷が見込まれるなど、大きな反響が生まれている。医療・ヘルスケアの総合商社を掲げる同社が提供するスマートトラッカーはどのような内容で、なぜリアル店舗からデバイス領域へ参入したのか。代表取締役CEO 江口 康二氏にお話を伺った。

スマホでいつでもどこでも学べる時代 グロービスが教育のデジタルシフトで目指す未来。

スマホでいつでもどこでも学べる時代 グロービスが教育のデジタルシフトで目指す未来。

スマホで簡単にビジネスナレッジを学べる「グロービス学び放題」。2016年8月のリリース以来、6万人を超える受講者、累計1,000社以上の法人企業に利用される、新しい学びのプラットフォームとなっています。事業責任者を務める鳥潟 幸志氏はサイバーエージェントからPR会社の創業を経て参画。過去には学校の先生を志したこともあったそうです。サービス立ち上げの背景にはどのような思いがあったのか、教育・人材育成はデジタルシフトを経てどう変わるのか。ソウルドアウト株式会社取締役CMO美濃部哲也がお話を伺いました。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

リーガルテックは日本発世界で勝負できる市場になる。 弁護士・国会議員・上場企業経営者を「複業」する元榮氏が描く未来。

立教大学ビジネススクール教授田中道昭氏が各分野で活躍される経営者を招き、次の時代のデジタルシフトについてお話を伺います。今回のゲストは弁護士ドットコム株式会社代表取締役会長、参議院議員、弁護士と3つのわらじで活躍される元榮太一郎氏。弁護士ドットコム・クラウドサインで仕掛けるリーガルテックのデジタルシフト、そしてその先に描く世界への展望とは。 ※このコンテンツは動画対談を記事化したものです。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<前編>

「その変革に勇気と希望を。」を、旗印に産声を上げたDigital Shift Times。 Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 初回は、佐々木氏が『東洋経済オンライン』『NewsPicks』をトップブランドに成長させていった軌跡と秘訣について探るのとともに、現在にいたる佐々木氏の経歴をたどりながら5G時代を見据えたメディアとコンテンツのあり方についてユニークな討論が交わされた。 *本稿は対談の要旨であり、実際の対談内容は動画をご覧ください。

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

【倉庫屋からテック企業へ】寺田倉庫が事業転換できた3つのコツ

倉庫会社の中では異例とも言えるスタイリッシュなコーポレートサイトを持つ寺田倉庫株式会社。アートやワイン、建築模型など、取り扱うサービスも従来の倉庫事業の枠を超えるものだ。なかでも、誰でも自分の倉庫が持て、いつでも引き出し可能なwebサービス「minikura(ミニクラ)」はいまや寺田倉庫を代表するサービスの一つになっている。ほんの数年前まで従来のトランクルームや物流サービスを主軸としていた寺田倉庫が、デジタル変革を遂げ、リブランディングを成し遂げた経緯について、変革の一翼を担った専務執行役員の月森正憲氏に話を伺った。

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版市場の縮小が止まらない―。2018年の市場規模(紙の出版物)は約1兆3,000億円。14年連続で販売額が減少し、ピークだった1996年の半分以下に落ちこんだ。そんな中、デジタルシフトに成功し、業績を立て直した企業がある。創業110年の名門・講談社だ。同社は「出版の再発明」を掲げて、2015年に組織を再編。出版物ベースのビジネスモデルから脱却し、独自の進化をとげつつある。そこで今回は、講談社のメディアビジネス領域に従事するライツ・メディアビジネス局 局次長 兼 IT戦略企画室 室次長である長崎亘宏氏を取材。前編では、戦略の要諦や具体的な取り組みなどについて聞いた。

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

広告代理店の枠を脱し、社運をかけて日本企業全体のデジタルシフトを遂行する理由<後編>

Digital Shift Timesは、日本企業のデジタルシフトの道しるべになることをミッションに掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供していきます。

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

「メディアと広告の未来」~NewsPicksのデジタルシフト。その次に来るものとは #02

『東洋経済オンライン』『NewsPicks』の編集長を歴任し、現在は株式会社NewsPicks 取締役、NewsPicks Studios CEOを務める佐々木紀彦氏。経済誌の記者を振り出しに、編集者、映像クリエイター、経営者と進化し続ける佐々木氏は、これからのメディアと広告をどう見据えているのだろう。佐々木氏のこれまでのキャリアと思考をもとに、同氏が徹底的にこだわるコンテンツの考えかたをつまびらかにするとともに、組織の文化や人の魅力づくり、リーダーシップ論にも切り込んでいく本企画。全3回にわたり、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授との対談形式でお届けする。 二回目の今回は、佐々木氏が提唱する、編集思考の四つのステップを話題の中心にしながら、同氏の核心に田中氏が深く迫る形で論が展開された。 *本稿は対談の要旨です。実際の対談内容は動画をご覧ください。

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

「あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる」EC事業者からプラットフォーマーとなったアリババの本質

2016年末、中国のアリババグループの創始者ジャック・マー氏が提唱したニューリテール戦略。オンラインとオフラインを融合し、新しくより良い顧客体験を届けると同時に、事業者側の課題解決も目指したものだ。約3年が経った今、日本にもニューリテールという言葉が浸透し、注目が集まっている。現地、中国ではどのような変化が起こっているのだろうか?