中国最前線

デジタル最先端都市、中国・深センのスマートステーションは「顔認証」「セキュリティロボット」になっていた

今最も注目されているテクノロジーのひとつ「5G+AI」。先日、深セン初の「5G+AI」体験エリアが福田駅に出現した。深センの地下鉄は率先して「5G +AI」を配置し始め、福田駅を国内初のスマートステーションにする事を目指している。5Gは「超高速」、「超大型接続」、「超低遅延」と言う三つの特性があることで、地下鉄設備に高効率、高品質、低コストのネット接続を提供できる。
5G+AIは何をどう変えていくのでしょうか?
昨年テクノロジー分野で一番流行っていた言葉は何でしょうか?

今年テクノロジー分野で一番流行る言葉は何になるのでしょうか?
今最も注目されているテクノロジーとして先日、深センの福田駅に出現した場所、それは深セン初の「5G+AI」体験エリアである。

深センの地下鉄は率先して「5G +AI」を配置し始め、福田駅を国内初のスマート駅にする事を目指している。

5Gは「超高速」、「超大型接続」、「超低遅延」と言う三つの特性があることで、地下鉄設備に高効率、高質量、低コストのネット接続を提供できる。
今回新しくできた体験エリアは、深セン地下鉄が率先して「5G+AI」を配置し始めたことを展示し、深センスマート交通建設が急速に発展していることを意味をしている。

体験エリアは福田駅の地下一階の南側にあり、「スマート建設現場」、「ドローン巡回」、「顔認識乗車」、「セキュリティロボット」などのインタラクティブな体験ができる。乗客はここで迅速なネット体験を楽しむことができるだけでなく、5GとAI技術が地下鉄を利用する乗客への応用について、もっと直観的に理解することができる。
紹介によると、深セン地下鉄とHUAWEIは手を組んで共同イノベーション実験室を創立し、地下鉄のデジタル化を推進し、「5G+AI」のスマート駅を作ることを目指し、5GネットワークとAI技術を地下鉄の建設、運営、サービスなどの方面に応用するということである。

「5G+AI時代はスピードが速いだけではなく、地下鉄駅の様々な場面においても応用できる」深セン市地下鉄集団情報管理センターのAIエンジニア劉暁渓さんは、顔認証、スマート分析などのAI技術を通じて、乗客が切符、或いはQRコード乗車を使わずに、改札で顔を使うことで通行することを実現し、乗車がもっと便利でスムーズになる。セキュリティロボットが人の顔を撮影し認証することで、警備員の代わりに駅を見回る。
「5Gネットワークは、大勢の乗客が地下鉄を利用する時に高速インターネットや、ハイビジョンの動画通話などが利用できる一方で、今後5GとAIの技術を利用し、更に地下鉄駅の管理効率及びサービス品質が向上できる。」と劉暁渓さんは語っている。現在、深セン地下鉄は積極的に「5G+AI」技術を自身の業務に応用することを研究し、福田駅を国内初のスマート駅にすることを目指していることが分かった。

現在、深セン地下鉄は乗客数が一日平均約50万人で、地下鉄の空間においてスマート端末が巨大な通信量を必要とし、もっと強大な技術の支えが必要である。モバイル支払い、スマートサービス設備が広範囲で運用する中で、5GとAI技術はネットの幅広さとスマート性によって、地下鉄のサービスの新たなエンジンとなるだろう。

深セン地下鉄はハイテク以外、他に何をもたらしたか?

2月14日、中国建築業協会において、2018年~2019年度第一回中国建設工程魯班(古代中国の著名な工匠、奇巧の器具を制作して名高かったと伝え、この賞は彼の名前に因んで名付けられた。)賞のノミネートリストを公表した。深センは五つがランキングに入り、深セン地下鉄11号線はその中の一つである。

現在までに、1つのプロジェクトは国家の優良品質工事の金賞に評価され、深センの地下鉄は既に3つのプロジェクトが魯班賞を受賞しており、7つのプロジェクトは詹天佑(中国鉄道の父と呼ばれ、その名は中国土木業界の最高賞である)賞を受賞した。

深セン地下鉄が受賞した理由をいくつかを纏めてみよう。
新しい技術を応用

深セン地下鉄は、2010年に発表された『建築業界10の新技術』の中の10の大きなプロジェクトと39の小さなプロジェクトを運用し、応用成果は中国国内トップレベルに達した。

率先してイノベーション

イノベーション成果73個の中で、中国国内、世界をリードするイノベーションは6個ある。省級科学技術進歩賞6個、省級工法8個、発明特許4個、実用新型特11個を得た。研究の成果はスタンダードとなり、専門書類5冊ができた。

厳格な品質管理

37のQC課題研究を行い、施工技術の課題や従来の品質問題を解決し、工程の品質をより一層高めた。

環境にやさしい工事を行なうこと

設計から、施工、運営にかけて、節材、節地、省エネルギー、節水及び環境保護などの32のグリーン施工技術を運用した。
深セン地下鉄11号線は設計から、建設、運営にかけて、社会的にも、経済的にも良い公益を得て、工程の品質も各業界から高評価された。

地下鉄11号線は運営開始以来、構造が安全で、運行が穏やかで、乗り心地がよく、定時運行率が99.97%で、累積で乗客数が2億人を超えている。

地下鉄11号線は、都心から空港までのバスでの時間に比べて30分以内に短縮し、市民の移動が非常に便利になり、深センで最も美しい、最速の地下鉄路線と褒められている。

佐々木英之
ホワイトホール深セン事務所にて10年間の中国ビジネス経験。
日本に出張すると数日で深センに帰りたくなるという「深セン通」である。

人気記事

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

【注目テーマ5選】今さら聞けない「メタバース」「NFT」「カーボンニュートラル」最新事情

【注目テーマ5選】今さら聞けない「メタバース」「NFT」「カーボンニュートラル」最新事情

「その変革に勇気と希望を」というコンセプトを掲げ、さまざまな企業のデジタルシフトに関する取り組みやサービスの背景をお届けするデジタルシフトタイムズ。その数ある記事の中から、編集部独自の観点で「まず読んでほしい!」記事を厳選する特集企画。今回は、デジタルシフトに纏わる注目テーマ別に、新たなビジネスを最前線で仕掛けている「スタートアップ」に関する記事を五つご紹介します。メタバースやNFT(非代替性トークン)、空飛ぶクルマ、カーボンニュートラル、キャッシュレスといった分野の実態はどうなっているのか? そして、どんな視点で市場を捉え、新しいビジネスが展開されているのか? スタートアップが見据える未来をお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

2021年3月10日に時価総額、約4兆円でニューヨーク証券取引所に上場したゲームプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」を知っているだろうか。月間ユーザーは1.6億人を超え、世界で大流行中のゲームプラットフォームだ。特に子どもたちに絶大な人気を誇り、アメリカでは16歳未満の子どもの約半数がプレイしていると言われている。 Robloxとは、なぜそれほどまでの人気を誇り、なにが魅力なのか。 Robloxの人気の秘密と、企業が今Robloxに注目すべき理由について、EntertainmentxFinancialをコンセプトに、投資を通じたエンタテインメント事業開発を支援する、EnFi株式会社の代表取締役 垣屋美智子氏にご説明いただいた。

マイクロソフトからの買収固辞、新規株式公開も!? コミュニケーションツール「Discord」とは何か 〜海外ユニコーンウォッチ #5〜

マイクロソフトからの買収固辞、新規株式公開も!? コミュニケーションツール「Discord」とは何か 〜海外ユニコーンウォッチ #5〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回はコミュニケーションツール「Discord(ディスコード)」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

脱炭素時代の到来、日本企業も待ったなしの「脱炭素経営」の潮流

脱炭素時代の到来、日本企業も待ったなしの「脱炭素経営」の潮流

2020年10月、菅政権は2050年にカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言し、その後、経済産業省は「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を策定しました。今や脱炭素、カーボンニュートラルの取り組みはCSRとしての一分野にとどまらず、企業の成長戦略に必須の要素であると、JCLP(日本気候リーダーズ・パートナーシップ:2009年に発足した、日本独自の企業グループ。脱炭素社会への移行を先導することで、社会から求められる企業となることを目指す)の事務局は語ります。ビジネスにおける脱炭素の必要性や、海外と比較した日本の現状、DXによる温室効果ガスの削減方法など、多方面からお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。