Today's PICK UP

「有料動画配信サービスの利用動向分析」が公開 Amazonプライム・ビデオが首位独走

株式会社フィールドワークスと映像メディア総合研究所合同会社は、全国6000人規模(うち有料動画配信利用者1600人超)のネットアンケート調査を実施し、定額制見放題(SVOD)、都度課金制レンタル(TVOD)、デジタルデータ購入(EST)の3つの有料動画配信サービスについての利用動向を分析した、レポートを2020年9月1日に発行する。

■ 「緊急事態宣言」下の自粛規制要請期間中に、利用の増えた映像メディアサービス

無料テレビ放送は約半数、無料動画配信は3割弱、SVODも1割強が「増えた」と回答した。
出典元:プレスリリース
「緊急事態宣言下の自粛規制要請期間中に利用の増えた映像メディア」では、地上波テレビ放送、無料BS放送などの「無料テレビ放送」について、全回答者の46.9%が「利用が増えた」と回答。これに続くYouTube、TVerなどの「無料動画配信」でも3割弱と‟無料“メディアにおいて利用が増えた割合が高い。一方、有料の映像メディアのなかでは、Amazonプライム・ビデオ、Netflixなどの「SVOD(定額制見放題の有料動画配信)」が11.5%と最も高い回答となった。

■有料映像サービスの利用率

有料動画配信サービスの利用率が26.0に急伸、DVD・ブルーレイのレンタルを超える。
出典元:プレスリリース
「有料動画配信」の利用率(SVOD、TVOD、ESTのいずれかを利用した人の割合)は、前年から5.4ポイントと急伸し、26.0%となった。内「SVOD」が前年から4ポイント増加し、「有料動画配信」の利用をけん引している。他の映像メディアでは、コロナ禍で休館期間もあった「映画館」の利用率が前年から7.2ポイントと大幅に減少し36.6%と過去5回の調査で最も低い値に。「DVD・ブルーレイのレンタル」は前年から3.1ポイント減、「DVD・ブルーレイの購入」は前年から2.3ポイント減と、パッケージメディアの利用率も減少した。

■映像ホームエンタテインメントの利用率/ウインドウ別・メディア別集計

有料テレビ放送とSVOD、いずれかを利用する‟サブスク”が、前年から3.5ポイント増加し34.6%に。
出典元:プレスリリース
映像ホームエンタテインメントの各サービスをビジネス・ウインドウ(ビジネス形態)別に集計すると、‟サブスク“の利用率(有料テレビ放送、SVODいずれかの利用者割合)は、前年から3.5ポイント増加して34.6%となった。一方、映画などで新作ビジネスの柱となる‟レンタル”(DVD・ブルーレイのレンタル、TVODいずれかの利用者割合)は前年から1.5ポイント縮小、‟セル“(DVD・ブルーレイの購入、ESTいずれかの利用者割合)も前年並みにとどまり、映像ホームエンタテインメントの利用は‟サブスク”へと移行が進んでいる。メディア別の集計では、「パッケージメディア」が4.1ポイントと前年から大幅に減少し、「有料動画配信メディア」との差は4.8ポイントまで縮まった。

■有料動画配信サービスの認知度

Amazonプライム・ビデオが前年から9.6ポイント伸ばし6割弱の認知に。続くHuluは5割に到達。
出典元:プレスリリース
有料動画配信サービスのブランド認知では、Amazonプライム・ビデオが前年から9.6ポイントと大幅に認知が進み認知度6割に迫った。続くHuluは5割に到達。Netflixも前年から9.6ポイントとAmazonプライム・ビデオと同ポイントの進捗により、Huluとの差を5.9ポイントまで縮めた。また、これに続く、U-NEXTも前年から9ポイントと大きく認知を広げている。

■有料動画配信サービスの利用率

Amazonプライム・ビデオが前年から4.3ポイント伸ばし独走状態。続くNetflixも3位以下を引き離す。
出典元:プレスリリース
有料動画配信サービスの利用率(回答者全体における各サービスの利用者割合)では、Amazonプライム・ビデオが前年から4.3ポイントと急伸して13.0%となり、首位独走状態となった。続くNetflixも1.9ポイント増加、利用率は4.4%となり3位以下を引き離した。また、U-NEXTも0.8ポイント増加し、前年の7位から4位へと順位を上げ、3位のHuluに0.8ポイント差と迫った。

■本調査について

本調査は、毎年6月末に実施、今回で5回目となる有料動画配信サービスに特化した調査レポート。SVOD、TVOD、ESTなど、各サービスの認知・利用割合、各サービスブランドの認知・利用割合を始め、映画、ドラマ、アニメなどカテゴリごとの嗜好性、各サービスの併用、利用回数の頻度などを調査・分析。サービスブランドの利用上位に関しては、満足度を始め、コンテンツ、UI・UXの使い勝手、画質・音質、価格の評価など、さまざまな角度からの詳細な分析も行い、利用の実態と利用者の意識を明らかにした。また、今年は新型コロナウイルスの市場への影響について、その影響度合いをはかるための直接的な設問も設定し、有料動画配信サービスの利用にコロナ禍がいかに影響したかを分析した。

調査概要
調査目的:有料動画配信サービス利用者の利用実態の把握
調査対象メディア・サービス:
(詳細調査)定額制見放題(SVOD)都度課金制レンタル(TVOD)デジタルデータ購入(EST)
(利用率のみ調査)映画館 有料放送 DVD、ブルーレイのレンタル DVD、ブルーレイの購入 無料動画サービス
調査期間:2020年6月26日(金)~7月1日(水)
調査対象者:13~69歳男女
調査エリア:全国
調査方法:インターネットアンケート調査
集計サンプル数:5981人
調査企画:株式会社フィールドワークス/映像メディア総合研究所合同会社

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。