マーケティング

【編集長が聞く】デジタルシフト時代に求められる「PR視点」の重要性とは

オプト執行役員であり、デジタルシフトタイムズ編集長である前村真之介が、“今、お話を聞きたい人”に会いに行く不定期連載「編集長が聞く」。1回目の今回は、株式会社PR TIMES代表の山口拓己氏が登場。デジタル時代の情報発信のプロである山口氏に、今の企業に求められる「PR視点」について伺った。

■プレスリリースの起源は「宣伝の手段」ではなかった

前村:デジタル化が進むにつれ、企業が自ら情報発信できるようになり、プレスリリースの重要性が高まってきました。しかし一方、情報が爆発的に増えたことにより、企業が届けたい情報がうまくターゲットに届かないということも起こっています。そうした中でPR TIMESさんはプレスリリースの配信を支援するサービスを開始されたわけですが、立ち上げから今まで、どのような苦労がありましたか?

山口:私たちが事業を開始したのは2007年で、まさに企業の情報発信をめぐる状況が大きく変わったタイミングでした。それを振り返るために、ざっとプレスリリースの変遷を説明します。

プレスリリースはもともと、メディア向けの報道資料という位置づけでした。メディアの方が記事や番組で取り上げるための素材として、文章や写真を提供する。昔は郵便やFAXという手段でメディアに送られており、その頻度も今よりずっと少なかった。しかし、電子メールの普及により、一気に伝達コストが下がりました。以前は送るだけで手間もコストもかかっていたものが、ほぼゼロ円で何社にでも一斉送信できるようになったのです。

その結果、企業の人と名刺交換を一回しただけなのに、メディアに大量のプレスリリースが送られてくるということが起こりました。「スパムメール」という言葉がありますが、00年代後半には、海外のメディアで「プレスリリースはスパムだ」とまで言われるようになったのです。

前村:プレスリリースがメディアにとって役立つものではなく、送られることが迷惑に感じられるものになってしまったのですね。

山口:実際、企業の間にも「プレスリリースを送っても記事にならない」という認識が広まっていました。私たちがPR TIMESを立ち上げたのは、そのような時期でした。最初はプレスリリースという形式が機能不全を起こしているのではないかと考え、企業とメディアをマッチングするサービスを立ち上げました。しかし、これはうまくいかず、今の時代に合ったプレスリリースのあり方を再定義しようと始まったのが、今のPR TIMESです。

前村:今の時代に合ったプレスリリースというものを、どのように定義されたのでしょうか?

山口:日本では長らく、プレスリリースは企業が自社にとって都合が良いことをメディアに取り上げてもらうための一手段だと捉えられていました。つまり、メディアを通じた宣伝のためのツールです。しかし本来は、企業が自分たちにとって”大切な人”に情報を届けるためのコミュニケーション手段なのです。

実はプレスリリースの起源は、アメリカで1906年に起こった列車事故にあります。それまでも列車事故はあったものの、人々に対して事故の全容が隠匿されることが多く、鉄道会社に対する不信感が広まっていました。そのため鉄道会社に対する信頼を回復するために、事故についてオープンな情報提供をすべく、世界で初めてのプレスリリースが発行されたのです。

つまり、プレスリリースの役割は、その初めから宣伝の手段ではなかったのです。鉄道会社の顧客である市民や関係者といった“大切な人”に向け、正確なファクト(事実)を伝えるために生まれました。だから、私たちがプレスリリースを再定義する際も、「メディアの人にいかに取り上げてもらうか」ということよりも、「メディアだけでなく、一般の生活者にも届くようなもの」ということを意識したのです。

■「コンテンツの民主化」から「ニュースの民主化」へ

山口:しかし、これも軌道に乗るまでは時間がかかりました。サービス開始当初、無料プランがあったにもかかわらず、登録が1000社を超えるまで2年3カ月もかかったのです。

前村:そこからどのようにサービスを変えていったのでしょうか?

山口:私たちが変わったというよりも、世の中が急速に変化しました。大きかったのはスマートフォンとSNSです。生活者がスキマ時間に検索するようになったことで、メディア以外の人もプレスリリースにアクセスし、その情報をシェアするようになったのです。私たちのコンセプトに実態が伴うようになったのは、ここからです。

企業がメディア以外の人にもプレスリリースが読まれていると気がつくと、画像や動画の活用を企業が自ら推進し、報道資料としてのものではなく、生活者が読んで楽しめるコンテンツへとプレスリリースが進化していきました。そうして多くの生活者がPR TIMESを利用するようになったことで、プレスリリースの価値が見直されていったのです。

前村:従来のプレスリリースは大企業が中心だったと思うのですが、そのように誰でも企業の情報が受け取れるようになったことで、プレスリリースを発信する側にも変化はありましたか?

山口:私たちがまず掲げたのは、プレスリリースというコンテンツの民主化です。だから、基本的には1配信3万円からPR TIMESを利用できるように価格設定をしています。今は大企業だけではなく、ベンチャーやスタートアップ、さらには地方の中小企業やNPOも、プレスリリースを活用するようになってきました。プレスリリースを発信する主体は、圧倒的に増えたと言えます。

その次に私たちが進めているのは、ニュースの民主化です。今までプレスリリースに登場するのは、企業の代表や事業のスタープレーヤーに限られていました。しかし、社会にとって意味があるアクションをした人であれば、その人を主役としてニュースを発信できるはずです。そのように誰でもコンテンツの主役になれる世界を実現したいというのが、私たちの目標です。

■マーケット感覚を身につけるためにプレスリリースを活用する

前村:今はプレスリリースのほかにも、SNSやオウンドメディアなど、企業が情報発信する手段にはさまざまなものがあります。それでもプレスリリースは必要なものであり続けるのでしょうか?

山口:私たちがPR TIMESで発信している情報を「プレスリリース」と呼ぶのは、それが100年以上も続いている言葉だからです。しかし、実態としてはPR TIMES登場以前のプレスリリースと私たちが発信するプレスリリースを比べたとき、まったくの別物に見えると思います。私たちはプレスリリースの機能拡張をずっと続けていると思っていて、その形式にこだわっているわけではありません。

重要なのは、プレスリリースは宣伝ではなく、パブリック・リレーションズ(PR)のためにあるということです。つまり、一方的に企業が言いたいことを伝えるのではなく、企業と社会が相互に有益な関係を築くためにあります。だから、そのコンテンツがSNSやオウンドメディアで発信されるものであっても、宣伝根性が見え見えのものでは、企業が情報を届けたい人に届けるのは難しいのではないかと思います。

前村:今のお話を聞いていると、ベンチャーやスタートアップは、「世の中をこうしたい」という思いが強いので、PR視点の発信が成立しやすいと思います。しかし、大企業はそのような情報発信がまだまだ進んでいないように見えるのですが、いかがでしょうか?

山口:徐々にですが、大企業も変わってきていると感じます。広報部に情報発信を任せるのではなく、組織全体でPRを担おうとしている企業が出始めているのです。有名なところでは、Amazonがあります。彼らは発表の段階ではなく、何かを企画した段階で企画した当人がプレスリリースを書くそうです。当社でもプレスリリースは広報がチェックするものの、執筆自体はニュースの主体である企画担当者に書かせています。

企画段階でプレスリリースを書くことで、企業目線ではなく、ユーザーや世の中の視点で事業を考えることができるようになります。そうすると、組織のあり方も自然と変わっていく。これが大企業全体で実現できると、社会に対して大きなインパクトを持つと思っています。

前村:それは企画の段階で「いかに広めるか」という部分も考えざるを得なくなるからですね。それでマーケット感覚が企業にビルトインされる。そういうメリットがありますね。

■伝え方だけでなく、事業そのものにPR視点を入れる

前村:もうひとつ、情報が爆発的に増えたことで、今度は「いかに見つけてもらうか」という問題があると思います。目立つためには、時に過剰に装飾することも必要ではないかという議論に関しては、どう感じますか?

山口:PRの中心はクリエイティブではなく、ファクト(事実)です。ファクトを中心に置くから、企業と社会の有益な関係を築くことができる。それにファクト次第で勝負できるということは、世の中にとって価値があることをしようとしている人が、そのアクションによって主役になれるということでもある。それがニュースの民主化ということであり、装飾によって目立とうという発想は、フェイクニュースのように一線を超えることつながりかねないので、注意が必要です。

前村:変に盛るのではなく、ファクトと真摯に向き合い、その価値を丁寧に伝えることを続けていくということですね。

山口:反対に私からオプトさんに聞きたいことがあるのですが。

前村:なんでしょうか?

山口:最近のオプトさんは地方の中小企業の事業支援も行っていると聞きました。そこにしかない技術や伝統など、地方の企業にはさまざまな希少性があります。その価値をどのようにPRされているのでしょうか?

前村:少し伝え方を変えるだけで成功 するということが実はけっこうあります。ただし、ここでネックになるのは、企業自身が自分たちの希少性に気がついていないこと。価値があることはわかっていても、どこに届けたら  効果的なのかわかっていないことです。マーケティング視点でどう取り組むかだとは思いますが、まだはっきりとした正解を見つけられない企業も多々あります。

山口:それこそ必要なのはPR視点ではないでしょうか。いいものだから知ってもらいたい、そのために伝え方をどう工夫しようってことよりも、どうすれば自分たちが今の社会に価値を提供できるかということを考えていけば、自ずと答えは出るのだと思います。

たとえば、私たちのクライアントで、日本最古の絵の具メーカーさんがいらっしゃいます。日本最古はすごく希少な価値ですよね。でも、絵の具の消費量はどんどん減っている。そこで彼らが考えたのは、日本最古の絵の具を使ったマニキュアでした。自分たちの価値をマーケットでどう活かすことができるか考えたのです。

それこそ近年のオプトさんが、広告の代理店業だけではなく、事業支援も手掛けてらっしゃるように、PR視点の情報発信をきちんとやろうと思ったら、自然と事業そのものに入っていく必要があるのではないでしょうか。

前村:まさに私たちがデジタルシフトの支援を行っているのも、お客様の支援をするためには、広告だけではなく、事業そのものを支援していかなければならないと感じているからです。おっしゃるように、今後は伝え方だけでなく、事業にPR視点を取り入れる企業が成長していくのだと思います。本日は貴重なお話をありがとうございました。

プロフィール

山口 拓己(Takumi Yamaguchi)
1974年生まれ。大学卒業後、山一證券に入社。アビームコンサルティング等を経て2006年に株式会社ベクトルに入社、取締役CFOに就任。2007年にPR TIMESを立ち上げ、株式会社PR TIMES代表取締役社長に就任(現職)。2016年3月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場、2018年8月に東証一部へ市場変更。PR TIMESの利用企業社数は2019年5月に3万社を突破、国内上場企業の36%以上に利用されている。
前村 真之介(Shinnosuke Maemura)
1978年生まれ。Digital Shift Times編集長。2006年オプト(現オプトホールディング)入社。クリエイティブのプランニング・ディレクション業務を経て、2011年より大手総合代理店に出向。デジタルメディア、クリエイティブのプランニング業務に従事。2014年にオプトへ帰任し、マーケティング・クリエイティブを中心に組織の立ち上げに参画。2019年4月より執行役員に就任、マーケティング/コンテンツ領域を管掌。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。