中国最前線

FlyZooHotel体験記 〜テクノロジー企業を標榜するアリババの挑戦〜

アリババグループが運営する、最新テクノロジーを駆使したホテル「Fly Zoo Hotel」。膨大なデータを保持するアリババは、それを活用するため様々な領域で独自のテクノロジー開発を進めている。2018年末にオープンして以来、何かと話題のこのホテル。どんなテクノロジーと出会うことができるのか。実際に宿泊して感じたことをレポートする。

顔認証で手続きを簡略化

ホテルに入り、まず視界に飛び込んできたのは巨大スクリーンに映し出されたデジタルアートだった。近未来感があり、これから何が待っているのか期待が高まる。

ホテルの入り口に、通常のホテルのようなフロントはない。あるのは整然と並んだ自動チェックイン機だ。アリペイアプリを使ってチェックインできる仕組みになっていて、スクリーンを覗き込んで顔認証も済ませる。
入り口に設置された自動チェックイン機

入り口に設置された自動チェックイン機

私たちはアリペイアプリを使えないため、ホテルスタッフが対応してくれた。困ったときは2階にスタッフがいるので安心である。チェックインは、利用者側からすると時間がかかって面倒な作業。ホテル側からしても、常に人員を割かねばならず効率的ではない。自動化されたことで双方にメリットがあると感じた。

さて、ホテル内はどうなっているのか。ひとまず自分の部屋に向かうためエレベーターに乗り込むと、カメラとスクリーンがあることに気がつく。ここで先ほどの顔認証が役に立つのだ。エレベーターはただ乗っただけではどの階にも行けないようになっている。スクリーンで顔を認証してもらうことで、ようやく自分の宿泊階のボタンを押せるようになるのだ。私の顔と、何階のどの部屋に宿泊予定かという情報は常に紐づけられ、ホテル内の様々な箇所で活用されることになる。

部屋の前にたどり着くと、ふと手元に重要なものがないことに気がつく。そう、ルームキーをもらっていない。どうしよう?そう思ったとき、部屋のドアにもカメラがあることに気づいた。カメラの前に立つと、カメラの周囲が光って反応、鍵が空いた音がした。ここも顔認証で、ルームキーは必要ないのだ。これなら、ホテルでありがちなルームキーを室内に忘れて部屋から締め出される…といった事象も起こらないし、複数人で宿泊した際、誰がルームキーを持つかで揉めることもない。ホテル内のどこへ行くにも、自分の身一つあれば認証してもらえるのはかなり楽だと感じた。

室内を掌握するアリババの「魔人」

部屋に足を踏み入れた率直な印象は、「きれい!!!」。白で統一された室内は広い窓から差し込む光で明るく、清潔感がある。嬉しくて一旦ベッドに飛び込みたくなるが、この部屋にも仕掛けがあるという。今回のツアーを運営している株式会社デジタルシフトアカデミー代表取締役社長の吉田さん(株式会社オプトホールディング グループ執行役員)と株式会社オプトホールディングの中国出身の李さんに何ができるのか聞いてみた。

「テレビやカーテン、照明などの室内設備は全てIoT接続されていて、アリババが提供するAIスピーカーで管理されています」と李さん。アリババのスマートスピーカーがこれ。
その名も「Tmall Genie(天猫精灵)」だ。名前を読んでから中国語で指示をすると、カーテンの開閉、テレビや照明のON/OFFなどを自動でやってくれる。「ロマンチックな雰囲気にして」などと曖昧なお願いをしても、良い感じに照明を落としたり音楽をかけたりしてくれる繊細さを持ち合わせているという。アラジンと魔法のランプの魔人「Genie」を連想した。アリババの魔人、すごい。ちなみに私も、中国語でカーテンを開閉できるようになった。

ロボットの活躍

さらに部屋では、アプリを使ってルームサービスを頼むことができる。李さんがフルーツの盛り合わせを注文すると、アプリに受け取り番号が通知された。到着までしばらく待つと、やがて部屋のインターフォンが鳴った。ドアを開ける李さん。
するとそこには、人間ではなくロボットが立っていた。このホテルではロボットがルームサービスを担当しているのだ。
ロボットに受け取り番号を入力すると、前面の蓋が開き、中から注文したフルーツの盛り合わせが。受け取って画面を操作すると、ロボットは「役目は終えた」とばかりに帰って行った。このまま一人でエレベーターに乗り、バックヤードまで帰れるという。
仕事を終えて帰っていくロボット。背後には「仕事中。邪魔しないでね」の文字が。

仕事を終えて帰っていくロボット。背後には「仕事中。邪魔しないでね」の文字が。

文字通り機械的な対応ではあるものの、サービスには問題なかった。ルームサービスの対応をロボットがするだけで、大幅な人件費の削減になるだろう。加えて、一度チェックインした後、スタッフとはいえ人に会うのが面倒な場合もあるので、対応を気にしなくていいロボットが来てくれるのはありがたいかもしれないと感じた。

また、インパクトが大きかったのが、ホテル内のバー。このバーの名物が「ロボットバーテンダー」である。夜に見学に行ってみると、思いの外ロボット感が強かった。
人型の小さいロボットを想像していたら、かなり威圧感がある

人型の小さいロボットを想像していたら、かなり威圧感がある

結局、横のお姉さんがお手伝いしているのであまり効率はよくないかもしれない。しかし、カクテルの作り方がダイナミックで見応えがある。その一方で、コップを割ったり液体をこぼしたりしないよう、要所ではまるで人間のような繊細な動きもできる。多くの人が1杯頼み、ロボットバーテンダーの仕事ぶりを撮影していた。

テクノロジーはあくまで顧客体験向上の手段

AIやIoTの活用、顔認証システムにロボットまでーー。FlyZoo Hotelは、アリババが開発を進めるテクノロジーをふんだんに使った、まさに最先端のホテルだった。正直、テクノロジーのホテルと聞いて、あまりサービスに対する期待はしていなかった。しかし泊まってみての率直な感想は、「快適だった」である。

自動チェックインや顔認証システムによって待ち時間が少なくなったり、ルームキーなど持ち運ばなければならないものが減ったりすることで、身一つでスマートにサービスを受けられた。加えて、様々な場面で登場するロボットは、業務を効率化し機能的であるとともにエンターテイメント性が高く、宿泊体験を楽しいものにしてくれる。

このホテルは、テクノロジーを使用することが目的なのではなく、あくまで「顧客体験を向上させるためにテクノロジーを使っているだけ」なのだと気がついた。どんな最新のテクノロジーも、それ自体がすごい訳ではない。課題を解決できるからこそ意味があるのだし、普及していくのだろう。データと同じように、テクノロジーに対する姿勢にも「あらゆるビジネスを広げる力になる」というアリババの思想が反映されていると感じた。

流行の先端だから、競合他社が使っているからという理由だけで、テクノロジーありきで物事を考えてもうまくはいかない。全ては、現状をより良いものにするために。テクノロジーの活用でも、見習うべきところが多いと感じた宿泊体験だった。

***
次回以降は、アリババを離れ、中国の新興企業の今をレポートする。

人気記事

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

求めるのは「DXでビジネスを変革できる」人材。社員900名から応募殺到の人気を誇る、大和証券の本格的デジタル人材育成制度を徹底解剖

求めるのは「DXでビジネスを変革できる」人材。社員900名から応募殺到の人気を誇る、大和証券の本格的デジタル人材育成制度を徹底解剖

コロナ禍で企業が生き残っていくために欠かせないDX。しかし一言でDXと言っても、それを進めていくデジタル人材の不足に悩む企業が多く、国も企業も、いかにデジタル人材を育てていくかが最大の課題となっています。そんな中、将来のビジネス環境の変化を見据え、コロナ前から着々とDX人材の育成に取り組んでいる企業の一つが大和証券です。 大和証券は、デジタル技術を活用し、ビジネスを変革できる人材を育成する体系的な制度として 「デジタルITマスター認定制度」を2019年からスタートさせ、全社員を対象に募集しています。初回の応募者は想定を大きく超える900名。全社員の1割を超えていたそうです。それほどまでに社内の注目を集めた制度はどんなもので、どうつくられたのか。また大和証券は、このデジタルITマスター認定制度で、どのようなDX人材を育て、どう活かそうとしているのか。大和証券 執行役員 板屋 篤氏に、10年後を見据えた展望についてお話を伺いました。

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。