トップインタビュー

コロナは何をもたらしたのか。デジタルホールディングス鉢嶺氏に聞く、デジタルシフトが鍵となるこれからの未来。

Digital Shift Timesでは、With & Afterコロナの時代において先陣を切ってその未来を照らす多くの企業さまを取り上げてきました。時代の変化を敏感に察知し、新しい体制へとスピーディーに移行している企業さまばかりでした。

さまざまな未来予想図が描かれてきたなか、共通して語られたのは、デジタル化の重要性です。新型コロナウイルス感染症の流行前からデジタルシフトの重要性について啓発し続け、7月よりデジタルシフトを通してすべての企業をサポートするため、商号を変えた株式会社デジタルホールディングス。同社代表取締役会長の鉢嶺登氏に、改めて現在の状況をどう捉えるべきなのか、これからの時代に求められるデジタルシフトとは何なのか、話を聞きました。

コロナはこれから訪れる未来の時計の針を一気に進めた

ーこれからの時代、働き方はどのように変わっていくと思いますか?

私が衝撃を受けたのは、アリババグループの創業者であるジャック・マー氏と、ソフトバンクグループの創業者である孫氏が昨年12月に対談で語った「人は20年後には、週2日2時間しか働かなくなる」という発言です。A Iロボティクスで職が奪われるという報道は知っていましたが、期限も日数も明確に断言され、その実現性を真剣に考えるようになりました。人が週2日2時間しか働かなくなると、残りの時間は何をするのか?それで生活できる収入は得られるのか?様々な疑問が浮かびますが、丁度そのタイミングで新型コロナウイルス感染症が広がり始めました。

新型コロナウイルス感染症の影響で、私自身もリモートワークとなり、デジタルシフトの重要性を改めて実感したとともに、これから来る未来の時計の針が一気に進んだのではないかと思っています。

ー新型コロナウイルス感染症は人々にどのような影響を与えたのでしょうか?

さまざまな影響を与えていますが、一番大きいのは人々の価値観へ与えた影響だと思います。例えば、SNSなどをはじめとする色んな所での発言を見ると、これまで経済成長一辺倒で歩んできた社会が本当に良かったのかと疑問に思う人が多くなってきたと感じます。大量生産大量消費を行ってきたが、このまま進むと地球が壊れてしまい、結果的には人類が不幸になってしまうと危機感を覚える人が増えた印象です。

そんな価値観の変化に伴い、経営のあり方も変わっていくのだと思います。例えば、これまではある種ポーズとして取り組まれることも多かったSDGsへの取り組みですが、今や経営そのものが自然や社会に配慮したサスティナブルなものでなければ、高い競争力を得られない時代になっています。それに伴って、企業のあり方や戦略の作り方、ビジネスモデルを見直さなければなりません。

私個人としては新型コロナウイルス感染症が流行する前から、このままの路線で経済成長を進めることに疑問を感じていました。世界中の先進国で人口が減少し、経済の規模が縮小していくことは間違いないからです。これまでと同じ方法で経済を発展させるには、人口を増やさなければいけません。しかし永久に人口を増やし続けることは地球のキャパシティ的にも不可能です。

だからこそ、企業はデジタル化を果たし、AIやロボティクスを活用して、労働人口に左右されない経済発展を叶える、いわば第4次産業革命を起こす必要があると考えていました。

デジタイゼーションで止まらず、ビジネスモデルのデジタルシフトを

ー労働人口に左右されない経済発展を遂げるために、まず企業が取り組むべきことは何なのでしょうか?

デジタルシフトには大きく3種類あり、最終的にはビジネスモデル自体のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)が必要なのですが、その前段階として社内の様々な業務プロセスをデジタル化する「デジタライゼーション」と呼ばれる取り組みも必要になります。例えば印鑑の電子化やテレワークの導入、紙の撤廃などもその一つです。

ただし、第一ステップであるデジタイゼーションは、やらなければいけないことではありますが、コストダウンにしかなりません。企業としての競争力を上げるためには、従来のビジネスモデルを見直し、デジタル化された新しいビジネスモデルを構築する必要があります。目先の利益だけでなく、将来にわたって成長戦略を描けるDXを果たすことが重要になってきます。

ーデジタルシフトの必要性を感じている企業さまは多いと思いますが、うまくできているところはまだ少ないとも感じています。課題になっているのは何なのでしょうか?

デジタル化する前の既存のビジネスモデルで、すでに儲けているため、それを捨て去ることができないのがまず大きい。昔から取り組んできた事業を、ある種否定することになるので、抵抗を感じるお客さまは多いですね。さらに、DXは実質新規事業になるためそもそも難しい。トップが本気の覚悟で取り組まない限り成功はしません。

ー壁を突破するためにはどんな戦略が有効でしょうか。

企業によって違いますが、大企業に多いのは、はじめにデジタイゼーションを行い、成果をあげながら社内に味方を増やし、その後、新規事業としてデジタル化されたビジネスモデルを始めるパターンが多いです。また、それだと時間がかかるからと、トップダウンでDXを推進するパターンもあります。

ー組織作りの点では、デジタルシフトのために何が必要なのでしょうか?

一番重要なのは新規事業の立ち上げ経験があり、デジタルについて知見のある、いわゆるビジネスプロデューサーになれる人を集めることだと思います。また、そんな人材のサポート役としてクリエイターや技術者、マーケターといった人たちも必要だと思います。

とはいえ既存社員全員にビジネスプロデューサーやそのサポーターになってもらうのは難しい。それなら思い切って新規事業を立ち上げ、0から組織づくりを行った方が難易度は低いです。だからこそ我々はビジネスプロデューサーの役を買ってでて、お客さまの新規事業立ち上げのサポートを行っています。上手くいけば、新規事業部を軸に、既存の組織にも少しずつDX人材を増やすことができると思っています。

当たり前に、あらゆる企業がデジタルシフトしている未来を目指して

ー最後に今後の展望を教えてください。

現在は、2000年代、我々が初めてインターネット広告や広告の効果測定サービスの販売を始めた頃に似ています。当時、インターネット広告や効果測定はこれから先確実に主流になるとわかっていましたが、新規訪問先からは「従来の広告媒体や広告代理店で間に合ってる」とその導入を断られることがほとんどでした。しかし、一部の革新的なお客さまは「そこまで言うならやってみてよ」と予算を任せていただき、我々はそのお客さまを全力でサポートし、売上向上に貢献しました。その成功を見て、同業他社は慌ててインターネット広告に取り組み始め、今ではネット広告や効果測定を実施しない企業は無いくらいに普及しました。

DXも同じです。今はまだその必要性を説明しても、導入に二の足を踏む企業さまは多いでのすが、任せてくださったお客さまを全力でサポートし、立ち上げた新規事業を成功させることで、10年後には大半の企業がDXを成し遂げている状況に必ずなります。

10年後、20年後、当たり前にすべての企業がデジタルシフトしているようになれば、日本は労働人口に左右されない経済発展を叶えられるようになり、再び上を向いて前に進んでいける。そして、どこまでも希望が続く未来に向かって日本の国力も上がります。そんな世の中の実現に向け、我々はこれからもデジタルシフトに取り組み続け、すべての企業と伴走していきたいです。

HPはこちら:https://digital-holdings.co.jp/
株式会社デジタルホールディングス
代表取締役会長
鉢嶺 登


1967年千葉県出身。91年早稲田大学商学部卒。94年、株式会社オプト(現:株式会社デジタルホールディングス)設立。2004年、JASDAQに上場。2013年、東証一部へ市場変更。2020年4月より現職。グループのデジタルシフト事業を牽引する株式会社デジタルシフトの代表を兼任し、日本の企業、社会全体のデジタルシフトを支援している。

人気記事

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。