DX戦略

【Society5.0の未来】今、日本に必要なのはSociety5.0社会におけるビジョンを示せる経営者。

2016年1月に閣議決定された「第5期科学技術基本計画」の中で初めて登場した「Society 5.0」という言葉。これまで、実感を持てる人が少なかった新しい暮らし方ですが、コロナ禍により時計の針が進み、その実現への道のりも早まったように思えます。改めて、Society 5.0とはどんな社会なのか。そして、その新しい社会の中で日本は、個人は、どうあるべきなのか。株式会社SIGNATE代表取締役社長の齊藤 秀氏にお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- Society5.0とは、フィジカルな現実世界とデジタルとが極限まで融合し、データが限りなくコンピューターの上に載るサイバーフィジカルシステム(CPS)が構築され、その環境の中で人々は特別なアクションを行わずとも情報やサービスを享受できるという社会のビジョンである。
- デジタルシフトとは、Society4.0からSociety5.0へ移行する際の重要なプロセスである
- Society4.0からSociety5.0への移行のキーとなるのは、基盤となるデータの整備
- Society5.0は、CPSに適応した企業体とエンパワーメントされた個人が担っていく。

Society5.0に移行するために必要な変化がデジタルシフト

ー改めて、Society5.0について教えてください。

これからやってくる新しい社会のあり方を指す言葉です。フィジカルな現実空間とデジタルとが極限まで融合し、現実社会が限りなくコンピューターの上に載るのがサイバーフィジカルシステム(CPS)で、その上でどういう世界になるかが「society5.0」が描くビジョンです。

Society1.0〜4.0までは、産業に革命が起きたタイミングに合わせて分かれています。Society1.0は狩猟社会のことで、農耕が始まるとSociety2.0に変わり、蒸気機関が出現し、エネルギー革命が起こるとSociety3.0へ移り変わりました。さらに、インターネットが発明されICTが発達することでSociety4.0の情報社会へとシフトしたのです。
そして、これから進んでいくパラダイムシフトがSociety5.0です。これまでは情報を取得するために、コンピューターや通信機器を活用し、手作業で欲しい情報を引き出すことが必要でした。それがSociety5.0の世界では、限りなく無意識のうちに必要な情報が受け取れるようになります。AIなど高度なテクノロジーが自律的に動き、人間が特別なアクションを行わずともサービスを提供してくれるようになるのです。

また、地球環境問題、食料、地域格差、高齢化など現代社会が抱える課題も、Society5.0の世界観の実現により解決していこうというのが政府の提言です。その一例がスマートシティ、スマート農業、オンライン診療などですね。

ーSociety5.0を実現するには何が必要なのでしょうか?

Society4.0から5.0に移行するために必要な変化こそがデジタルシフトです。その上でSociety5.0の成立には、まずは通信網などのインフラが重要です。これまで鉄道や飛行機などのインフラが整備されることによって高度経済成長が起きたように、高速通信網が整備されることで大量のデータを流せるようになることが必要だと思います。高速通信が可能になることで、今までなかったようなUXやCXが誕生することでしょう。

通信網の整備と合わせてデータの集積や流通も重要です。現状、サイバー空間のデータの多くをAmazonやGoogleが集積していますが、今後どのようなプレイヤーが役割を担うのかは、まだ誰にも分かりません。

今後の社会においてデータインフラは、国家にとって極めて重要な位置づけになるため、関連業界の中で主要なプレイヤーが共同で 国と連携しながら検討が進められています。

Society5.0社会を担うビジョンを示せる経営者が重要に

ーSociety4.0からSociety5.0への移行は今後スムーズに進むのでしょうか?

すぐには移行できないのかなと思います。AIなどのテクノロジーが社会実装される前に、まずは元々のデータ自体がちゃんと揃っている必要があり、その整備に時間がかかるからです。

なので、Society5.0への移行は大きなムーブメントではあるものの、まずは、従前から起きている、紙で扱っていた情報が電子化され、手続きなどがインターネットにシフトするといった、物理的に存在するものをサイバー 空間上に移植する動きが、より進んでいくと考えています。

しかし、日本のような大国においては、それすらも、まだまだ時間がかかることが予想されます。新型コロナウイルスへの対応を見ても、日本に課題があることは明らかです。例えば台湾では、マスクのニーズが高まった際、迅速に在庫情報が公開されるシステムが開発され、市井の混乱を避けることができました。しかし日本では、そのような対応は叶わず、品切れや不必要な行列がしばしばみられました。さらに感染者数など基本的な数字も正確に把握できない状態でした。コロナの実態ひとつにしてもコンピューター上での再現率が極めて低いためCPSが構築できないのです。

政府が提言しているSociety5.0というのはコンセプトであり、Society5.0をどう実現していくかは具体的な議論が必要です。特に産業におけるその実現には、ビジョンを示す経営者たちが必要です。 テスラCEOのイーロン・マスクなど、ビジョナリーな人たちはその片鱗を見いだし、ありたい姿を可視化し、多くの人々の共感を得ることで、実装の力に変えています。未来について先行き不透明な世界のなか、日本の経営者も具体的なビジョンをどれだけ示せるかが鍵だと思います。

ーすでにSociety5.0への移行が始まっている事例があれば教えてください。

世界中で社会変革が起きていますが、分野によって進むスピードが違います。例えば医療分野は、人間にとって最も大事な領域の一つですので、CPSの構築が注目されています。

例えば、ウェアラブルデバイスを通じていろんな生体情報を取得できるようになると、体調の変化にいち早く気づけるようになります。事実、研究段階ではありますが、Apple社は、Apple watchによる心疾患の予兆検出に成功しています。CPSを前提にすることで、これまでとはまったく次元の違う、リアルタイム健康診断が可能になるのです。人間の健康に対する考え方が変わるかもしれませんね。

また、近年、病気の治療にも情報サービスが有用であることが示されつつあります。例えば、禁煙治療用のスマホアプリが、臨床試験を経て、今年国内で承認を取得しました。
従来、医薬品産業では、化学やバイオテクノロジー関連の企業の独壇場でしたが、これからは、情報産業のプレイヤーとの競争が避けられない状況です。同じように特定の産業のビジネスを情報産業が担うというような現象がいろんな分野で発生しつつあるのが現状です。

Society5.0の主体は超国家的企業体とエンパワーメントされた個人が担う

ーSociety5.0で主体となるのは誰なのでしょうか?

例えばGAFAなど、一国を凌ぐような超国家的企業体とエンパワーメントされた個人に二極化すると思います。 ソーシャルネットワークの力を持ち、新しい技術やスキルを習得した個人が、民主的にSociety5.0へのシフトを促す力となり得ます。

一方で、超国家的企業体がSociety5.0のマクロのデザインやビジョンに大きな影響を与えるでしょう。人間中心的な社会を目指すというのが、日本が掲げるSociety5.0の大きなポイントですので、政府は完全な市場原理に任せるだけではなく、人間中心の世界を目指しながら、規制をかけたり個人に対してどう向き合うかを考えていく必要があると思います。

― GAFAなど、米中の企業が超国家的企業として覇権を握っていますが、日本企業の勝ち筋はあるでしょうか?

アメリカの企業は新しいコンセプトや体験などを提示するのは早いですよね。資本も大きく、物事を切り拓いていく力は強いですが、産業が成熟するフェーズにおいては最初に作った人が必ず勝つとも限りません。例えば、自動車はイギリスやアメリカで発明され発展しましたが、今はトヨタなどの日系企業群が世界ナンバーワンです。同じことが成り立つかはわかりませんが可能性はあります。CPS上でのものづくりや顧客体験の最大化は、後からでも極めれば逆転できると思います。世界トップシェアを争っているような日本企業にしてみれば、方法をCPSにシフトすることで、引き続き世界における存在感を示し続けることができると考えます。人間中心の新しい社会全体の変革は、エンパワーメントされた個人がボトムアップで推進していくという世界観が訪れると思います。
齊藤 秀
株式会社SIGNATE 代表取締役社長

オプトCAOを経て現職。幅広い業種のAI開発、データ分析、共同研究、コンサルテーション業務に従事。データサイエンティスト育成及び政府データ活用関連の委員に多数就任。博士(システム生命科学)。筑波大学人工知能科学センター客員教授、国立がん研究センター研究所客員研究員。

人気記事

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月24日に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。前編では、高田社長自ら銀座Flagship店をご案内いただきながら、銀座の一等地に「保険を売らない」保険ショップをオープンさせた狙いや、Vitalityによって住友生命が実現したいビジョンについてお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

2020年7月にオプトホールディングから社名を変更したデジタルホールディングス。従来のインターネット広告代理事業に代わり、企業のデジタルシフトを支援する事業を中核に据え、日本社会の挑戦の先陣を切り、社会のデジタルシフトを牽引する存在となっていくことを掲げています。 デジタルマーケティングの先進国アメリカでは個人情報を保護する法整備が進み、Web上でのクッキーの使用に大きな制限がかけられた結果、ウォルマートのような膨大な顧客データを持つ企業が自らメディア化する流れが生まれています。そんな中、日本の広告産業はどう変化していくのか。また企業のデジタルシフト事業を中核に据えたデジタルホールディングスはどう変化していて、変革の先にどんな未来を見据えているのか。元株式会社オプトの代表取締役社長CEOにして、現在は株式会社デジタルホールディングス 取締役 グループCOOを務める金澤大輔氏をゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、デジタル化が遅れていると言われ続けていた日本でも「デジタルシフト」「DX」という言葉を聞かない日はありません。しかし、その重要度や緊急度に対して、正しく認識できていない企業・経営者はまだ多いというのが現状です。 アメリカのコンサルティングファーム「イノサイト」によると、S&P500を構成する企業の平均寿命は年々低下してきており、2027年にはわずか12年になると予想されています。自動車に保険、ヘルスケアから不動産まで、GAFAをはじめとする巨大テック企業の影響を受けない業界は、今や皆無と言っても過言ではありません。あらゆる業種・業界が飲み込まれる「デジタル産業革命」待ったなしの現在、具体的にどのような手順、心構えでデジタルシフトに臨むべきなのか? 事業ドメインをデジタルシフト事業へと変更し、多くの産業・企業のDXを支援している株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長の鉢嶺 登氏は、「中途半端にDXに着手する企業は大抵失敗する」と語ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

人×デジタルの力でウェルビーイングに寄り添える生命保険会社へ。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール 田中道昭教授対談

人×デジタルの力でウェルビーイングに寄り添える生命保険会社へ。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール 田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。後編では、4月1日の就任から半年を経た高田社長の所感をはじめ、同社が掲げる新たな事業戦略、高齢化社会においてVitalityが果たす役割、生命保険業界の未来などについてお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。